Câmara do Japão
Português
検索: OK
(358)

日伯経済委員会

検索期間を指定してください: OK
日伯経済交流促進委員会 2018/01/10

            

                                              2018年12月11日

               2018年度活動方針・計画/日伯経済交流促進委員会

Ⅰ.委員会メンバー
委員長 :土屋 信司        (ブラジル三井物産)
副委員長:二宮 康史         (ジェトロ)
副委員長:芦刈 宏司     (ブラジル三井物産)

Ⅱ.2018年度活動方針
1.    日伯経済関係の更なる強化を促す両国政府・民間の各種取組を支援。
2.    在伯日本企業の代表として、ブラジルにおける日伯両国間の更なる経済
交流促進(特に日メルコスールEPA関連)を準備・支援。

Ⅲ.2018年度上期活動概要
1. 日伯賢人会(4月1日リオ開催):昨年に引き続き日伯賢人会をリオにて開催。インフラ~農業分野と幅広い分野での意見交換を実施。その後提言書を両国首脳に提出。
2.日伯EPA推進活動
本年年初より日メルコスールEPA推進準備の為のTask Forceをブラジル日本商工会議所が中心となり設立。7月初迄の期間で都合6回に亘る関係者会議を開催。同時にメルコスール三国(アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ)にも呼びかけEPA促進の為のアンケートを実施し、これを取り纏め。
本年7月末東京にて開催される日伯合同経済委員会において、本推進を主要議題として取り上げ、会頭が代表してアンケートの結果を含めた本EPA推進意義を発表予定。

                                                             以上

                   日・メルコスールEPA準備タスクフォース

    1月24日~2月23日:経団連作成のアンケート調査実施(メルコ4か国でアンケート実施)

    2月23日~3月01日:日・メルコスールタスクフォース(TF)メンバー組成募集(昼食会の3分間スピーチでお知らせ後に9部会長各位に同日午後回章案内)

9部会で構築:自動車/機械金属/電気・電子/ 化学品/食品/貿易/運輸サービス/金融/コンサルタント
    第1回日メルコEPA勉強会 タスクフォースキックオフ
日時:3月16日(金)16:00~18:00
場所:会議所大会議室
参加者:タスクフォースメンバーを中心に25名参加
講師:ジェトロ 竹下幸治郎ジェトロ海外調査部主幹

    第2回日メルコEPA勉強会 在伯大とタスクフォースメンバーとの意見交換会
日時:3月28日(水)12:00~14:00
場所:総領事館多目的ホール
参加者:櫻井政策対話副委員長、日伯経済(芦刈副委員長)、企画戦略(大久保委員長)、政策対話(佐久間副委員長)、関係9部会部会長、その他WG(二宮JETRO次長)、岩瀬JETRO次長等 計19名
3月27日メルコスール大使会議のフィードバック (在伯大/総領事館主催)

    4月04日(水):日伯賢人会(リオ)

    第3回日メルコEPA勉強会 大前経団連企画部会長と意見交換会
日時:4月09日(月)10:00~11:30
場所:会議所会議室
ゲストスピーカー:大前 孝雄氏(経団連企画部会長)
参加者:タスクフォースメンバーを中心に23名参加

    4月09日(月)12:00~14:00 野口総領事と昼食懇談会
参加者:大前経団連企画部会長、土屋日伯経済交流委員長、安田日伯交流委員長、大久保企画戦略委員長、粟屋政策対話委員長、平田事務局長

    4月11日(水):FIESP国際担当理事José Augusto氏と会議所で5月に開催予定の第4回日メルコEPA勉強会について意見交換
同氏からのアドバイスに基づきFIESP会長あてに会頭名で意見交換会開催の要請レターを準備。

    4月19日(木):日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
①    日メルコEPAプラットフォームを会議所HP上のに設け広く情報や活動を啓蒙
② 日メルコEPAに関する要望書のフォローチャート完成、常任理事会で配布予定

    4月25日(水):電気電子部会員に日メルコEPAに関する説明会

    5月09日(水):運輸サービス部会員に日メルコEPAに関する説明会

    5月10日(木):日メルコEPA準備タスクフォースWG会合 日メルコEPAに関する意識調査票準備

    第4回日メルコEPA勉強会
日時:5月15日(火)9:00~11:00
場所:会議所会議室
参加者:タスクフォースメンバーを中心に31名参加。
総理への要請書提出フローチャートと現地会議所会員宛意識調査について、日メルコ共有プラットホーム開設、今後の活動予定(6月14日にFIESPと意見交換会)の説明

    5月16日(正午):日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
    日メルコEPAに関する意識調査票最終版(全伯会議所、他のメルコ各国会議所が対象)確認
    総理宛要望書フロー確認
    意識調査:5月21日(月)~〆切6月1日、纏め8日、経団連へ6月中旬送付(目標)

    5月16日(水)15時~17時:機械金属部会員に日メルコEPAに関する説明会

    5月23日(水)15時~17時: 自動車部会 EPAに関する意見交換会

    5月28日(月):日亜経済合同委員会

    6月4日(月)12時~14時:日メルコEPA準備タスクフォースWG会合 意識調査集計結果のアップデート共有

    第5回日メルコEPA勉強会 FIESPとの意見交換
日時:6月14日(木)9:00~11:00
場所:FIESP貴賓室
ゲストスピーカー:ジョゼ・リカルド会長代行挨拶、ザノット国際担当理事
参加者:野口総領事、タスクフォースメンバーを中心に40名参加。

    6月22日(金) 16時半~ 日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
意識調査結果のまとめ

    第6回日メルコEPA勉強会
日時:7月3日(火)16時~18時
場所:会議所大会議室
講師:大前孝雄氏(経団連企画部会長)
参加者:タスクフォースメンバーを中心に、各州会議所代表者、メルコ各国関係者ら40名参加。
7月末の日伯経済合同委員会を直前に控え、CNI-経団連の間で作成が進められている共同報告書の中身やEPA全体の取り纏めについて情報を共有頂く。サンパウロのみならず、伯国地方会議所や、メルコスール周辺国からの関係者にも参加頂きこれからの活動活発化に向け連携を深めた。また第21回日伯経済合同委員会での発表資料、意識調査の集計結果を共有。

    7月23日(月)~24日(火):日伯経済合同員会(経団連、東京)
松永会頭が「日本・メルコスールEPAの実現に向けて」と題し、当会議所が主体となり実施した日メルコスールEPAに関する意識調査結果とEPA準備タスクフォースの取組みと活動についてプレゼンし、日メルコスールEPAの必要性を説明。(日メルコスールEPAに関する意識調査:メルコスール各国日系進出企業348社を対象に今年5月実施。回答率74%のうち、84%が『日メルコスールEPAの必要性を感じる』と回答)
CNI-経団連による共同報告書「日メルコスールEPA経済連携協定へ向けたロードマップ」が発表されEPAの賛否が図られ参加者全会一致で採択された。

    7月25日(水)第12回日伯貿易投資促進産業協力合同委員会(経産省、東京)
経団連企画部会長から日伯経済合同委員会の報告と日本メルコスールEPAに   
            ついて報告がある為、当所からのプレゼンは特段無し。

    7月25日(水)15時30分~17時30分:食品部会
タスクフォースWGメンバーを講師として招聘し、部会メンバーへの情報共有、意見交換を実施

    7月26日(木)15時~17時: 化学品部会
タスクフォースWGメンバーを講師として招聘し、部会メンバーへの情報共有、意見交換を実施

    8月8日(水)12時~14時:日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
第21回日伯経済合同委員会フォローアップ、総理宛て要望書の纏め、今後の活動/勉強会の企画について討議。
県連独自に総領事館宛て提出された7月30日付け嘆願書とは別に4団体連盟による嘆願書を提出する。

    8月24日(金)18時~:日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
勉強会の企画準備について討議

    9月8日(土)19時:林 禎二 外務省経済局兼中南米局官房参事官との会合
日本のEPA交渉の取組状況や日メルコEPA協定およびブラジルのビジネス環境等々について意見交換を実施
参加者:野口在サンパウロ総領事、上田領事、土屋 日伯経済交流促進委員長、芦刈 同副委員長、平田事務局長
    9月13日(木)日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
勉強会のプログラム準備、講師との調整等

    第7回日メルコEPA勉強会
日時:9月21日(金)15時~17時
場所:会議所大会議室
講師:在伯大使館 真鍋尚志経済公使
参加者:タスクフォースメンバーを中心に28名参加
日豪EPA、RCEP,日中韓FTA交渉に関わられたご経験を共有頂きケーススタディを行い意見交換

    9月27日(木)12時~14時:日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
次回勉強会のプログラム準備、講師との調整等について協議

    10月23日:経団連、日商連名による「日本メルコスールEPAの早期交渉開始を求める」提言書が菅 官房長官へ手交
飯島経団連日本ブラジル経済委員長と小林日本・東京商工会議所日亜経済委員長が菅官房長官へ建言
    10月25日(木)15時~:日メルコEPA準備タスクフォースWG会合
第8回勉強会の進行他、擦り合わせ

    第8回日メルコEPA勉強会
日時:10月25日(木)16時~18時
場所:会議所大会議室
講師:中畑貴雄 ジェトロ・メキシコ事務所次長
参加者:タスクフォースメンバーを中心に25名参加
日墨EPA交渉に関わられたご経験を共有頂きケーススタディを実施

    11月21日(水)9時30分~11時30分: 野村総研コンサルタントとの討議・意見交換
TF共同幹事委員長およびWGメンバー7名が参加
農林水産省「平成30年度海外農業・貿易投資環境調査分析委託事業(南米における農林水産業政策・制度の動向分析)」の一環として野村総研が現地調査を実施、会議所EPA TFが現地企業を代表し討議に参加

    11月22日(木)12時~:山田大使との意見交換会
日メルコEPAに関して常任理事と意見交換
    11月30日(金)10時~:日メルコEPA会合(大前孝雄 経団連企画部会長を交えTF共同幹事委員長およびWGメンバーのみの小会合)
今後のタスクフォース活動方針について討議
(日墨EPA等の過去の例に倣い)ジェトロ本部が主導する形での民間によるEPA研究会立ち上げを提案。4月の日伯賢人会議において公表を行うことを目指し、今期中(~2019年3月)の立ち上げを目標とする。
安倍首相来伯も計画される2019年11月のチリAPECに時間軸の焦点を定め研究報告を行い、日本政府による正式な産官学共同研究開始へとつなげる意図。

         以下、会議後のジェトロからの進捗報告】
-----Original Message-----
From: Yasushi_Ninomiya [mailto:Yasushi_Ninomiya@jetro.go.jp]
Sent: Monday, December 10, 2018 10:01 AM
To: Ashikari,HiroshiSAOAA <H.Ashikari@mitsui.com>; Atsushi_Okubo <Atsushi_Okubo@jetro.go.jp>; secretaria <secretaria@camaradojapao.org.br>;murata.toshifumi@sojitz.com; sakuma.taro@sojitz.com; atsushi.sakurai@mitsubishicorp.com; murata.toshifumi@sojitz.com; Tsuchiya,ShinjiSAOZZ <S.Tsuchiya@mitsui.com>; Otsuka,MisuzuSAOAA <Mi.Otsuka@mitsui.com>
Cc: Omae,TakaoTKZZZ <T.Omae@mitsui.com>; Hayakawa,YoshihiroTKAAO <Y.Hayakawa@mitsui.com>
Subject: 連絡:日メルコスールEPAに向けたJETRO研究会に関して経産省、JETROのコ
ンタクト先

経団連 大前部会長様
ワーキンググループの皆様

お世話になります。さて、先週金曜日にご要望頂きました標記の件ですが、経産省お
よび本部に打診、調整した結果、以下の通りとなりました。

経産省 三浦聡 通商政策局中南米室長 (miura-satoshi1@meti.go.jp)
JETRO 峯村直志 企画部 中南米地域戦略主幹
(Tadashi_Minemura@jetro.go.jp)

内々に経産省の温度感を測ったところ、研究会に関して会議所、経団連サイドと方向
性は一致しているものの、年度内か次年度かといった開始時期のスピード感やより慎
重な農水省との関係性を重視していると映りました。また次期政権が対外交渉でメル
コスールをどのようにするのか不透明感が漂っているのもマイナス要因になっている
ようです。現時点では経産省と経団連様で互いに温度調整する場と位置づけつつ、
JETRO研究会への要望を伝えて頂ければと思います。

一方、JETRO側ですが、研究会に関して実務的な面で情報交換をまずさせて頂きたい
ということで峯村が窓口となりました。経団連様よりJETRO研究会の要望を伝えて頂
くと同時に、研究会のメンバーやタイムスケジュール、さらに会議所TFや経団連様、
日商様にどのような形で関与頂けるのか、意見交換の場としていただければと思いま
す。

現時点で両者ともJETRO研究会はいずれにせよ実施する方向性にあることが内々わ
かっているため、実務面での調整(準備運動)が相応しいという結論となりました。
つきましては、経団連様より双方にコンタクト頂ければ幸いに存じます。

ご不明の点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

大久保、二宮


    12月13日(木)13時~15時45分:平成30年度官民合同会議(於:ジャパンハウス)にて
会議所からの発表議題『日メルコスールEPA活動説明』(冒頭挨拶 松永会頭、発表者 二宮 企画戦略副委員長)
タスクフォースメンバーを中心に会議所から名17名が参加
※2019年1月以降のタスクフォース会合予定については、今後WGで協議を行いタスクフォースメンバーへ案内を行う。

 

 

 バックナンバー

2017年 日伯経済交流促進委員会

2016年 日伯経済交流促進委員会

2015年 日伯経済交流促進委員会

2014年 日伯経済交流促進委員会

2013年 日伯経済交流促進委員会

2012年 日伯経済交流促進委員会

2011年 日伯経済交流促進委員会

2010年 日伯経済交流促進委員会

2009年 日伯経済交流促進委員会

2008年 日伯経済交流促進委員会
 



2018/01/10 » 日伯経済交流促進委員会

バックナンバー »

関連記事

南米経済交流並びに名古屋港利用促進使節団との懇談会開催

日伯経済合同委員会に向けてCNIとの準備会合

日伯経済交流促進委員会の会合を開催

2月15日の官民合同会議に向け会合

JETROサンパウロ、真贋/IPGセミナーを開催

GIE議長と会議所役員が会合

日伯経済交流促進委員会メンバーが今後の委員会活動で意見交換

コロンビアセミナー「新しい国づくりを目指して」に30人が参加して開催

ジェトロ・シカゴセンターの眞銅竜日郎所長の「中間選挙後の米国政治経済の展望」セミナーに25人が参加して開催

ジェトロ海外調査部のベテラン2講師を招いて「BOPビジネスの最新トレンドと日本政府の政策的支援」セミナー開催

第4回日伯貿易投資促進合同委員会プレナリー会合メモ(2010年11月26日)

第4回日伯貿易投資促進合同委員会準備会合メモ(2010年11月25日)

ブラジル日本商工会議所(中山立夫会頭)はイヴァン・ハマリオ事務次官との意見交換会を開催

「日伯貿易投資促進委員会フォローアップ会合および第4回知的財産権保護に関する勉強会」を開催

第2回日伯貿易投資促進合同委員会の会合が東京で開催

第1回日伯貿易投資促進合同委員会の報告会開催

外務省領事局の深田博史局長と意見交換会

第1回日伯貿易投資促進委員会が2月19日から20日までブラジリアで開催

経済産業省の細野製造産業局長が来聖、4月30日に公邸夕食会に会頭や副会頭などが出席した

田中信会頭は4月24日に開催された総領事公邸夕食会に出席した

セミナー「日智EPA発効でどうなる」

日伯EPA共同研究分科会の2006年度第1回会議

日本/メルコスールEPA(FTA)推進に関わる合同会議

日伯EPA共同研究分科会は、9月6日午後3時から開催され、今後のスケジュールについて話合った

日伯経済交流促進委員会の第1回日伯EPA共同研究分科会

FIESP内のレストランで昼食会

日伯経済交流促進委員会は、第1回日伯経済交流促進委員会

セミナー「日墨経済連携協定(EPA)の締結と今後の経済交流の促進」

ブラジル日本商工会議所主催の石田仁宏総領事歓送会を行った

セミナー「わが国製造業企業の海外事業展開の動向」

画期的な日伯経済シンポジウム - EPA への挑戦