Câmara do Japão
Português
検索: OK
(519)

視察・見学

検索期間を指定してください: OK
食品部会主催の「三井アリメントス焙煎工場見学会」に32人が参加 2009/10/22

食品部会(齋藤孝之部会長)主催の「三井アリメントス焙煎工場見学会」に参加して2009年10月22日午前8時にマクソウド・ホテル前を出発、サンパウロ市近郊のアラサリグアマにある三井アリメントス焙煎工場に9時過ぎに到着、早々,淹れたて美味しいコーヒーを試飲後、同社の島田社長から会社の歴史、増改築などの説明を受けた。

続いて草間氏から「コーヒー入門」のビデオでコーヒーはアカネ科多年生植物、主なコーヒーの3原種として世界の生産の70%を占めるアラビア種、苦味の強く約30%を占めるカネフォラ種(ロブスタ)、病害に弱く品質面でも劣るため現在では全生産量の1%未満にすぎないリベリカ種がある。

栽培適地としてアラビア種は標高800メートルから1500メートルで温度は20度から22度、ロブスタ種は平地から標高800メートルで22度から28度、降霜なし、年間雨量2000ミリ以上、精選方法は4種類でブラジルではコーヒー豆収穫時に降雨がないために非水洗式(Unwashed Arabica)でコストが安い。

コーヒー生豆の品質決定要素として品質、標高、土壌、樹勢、完熟度、精選方法、欠点混入率、生豆の品質判定基準として概観上の選別度合い、Cup Test(風味の官能検査)、世界のコーヒー生産はブラジルが30%で世界トップ、ベトナム13%、コロンビア10%、コーヒー消費は米国に次いでブラジルは世界2位、ドイツや日本が続いている。

同社のリナウド氏の工場の製造フロー説明ではサントス港やミナス州の農場からのコーヒー生豆の受け入れチェック、ブレンド方法、異物排除や均質選定、粉砕、焙煎の処理能力、サイロの保存能力、品質管理について説明後に3グループに分かれて製造銀場を視察、コーヒー生豆の搬入部門以外は大半がオートメーション化され、その処理能力やラボラトリーの厳しい品質管理体制に感嘆、質疑応答の跡で齋藤部会長から島田社長に記念プレートが贈呈され、お土産に焙煎コーヒーパックが提供されて、見学者一向はサンパウロに正午過ぎに到着、非常に充実した見学会となった。

                 

                 左から歓迎挨拶をする三井アリメントス社の草間氏/島田社長

                 

左から記念プレートを贈呈する食品部会の齋藤部会長/受取る三井アリメントス社の島田社長

                 

三井アリメントス社の有名ブランドコーヒー「カフェ・ブラジレイロ」配送者の前で参加者一同記念撮影

 

 

 

 

 



2013/08/09 » サンタカタリーナ視察見学会 感想文
2013/07/26 » サンタカタリーナ視察見学会に40人が参加
2012/07/25 » マナウス経済特区視察見学会
2011/12/02 » 環境委員会主催の第2回『トロピカル・フローラ社植林サイト見学会』
2010/10/12 » 環境委員会主催の第1回『トロピカル・フローラ社植林サイト見学会』
2009/10/22 » 食品部会主催の「三井アリメントス焙煎工場見学会」に32人が参加
2009/10/07 » YKKアルミサッシ工場の見学会(建設不動産部会主催)
2009/04/24 » 金融取引現場のBM&F Bovespa見学会に40人が参加して開催
2008/11/26 » 家具工場見学会(建設不動産部会主催)
2007/11/07 » ミナス州産業視察ツアー(コンサルタント部会主催)
2007/11/06 » 最先端医療設備病院見学会に24人が参加して開催
2007/10/29 » 焼酎・梅酒蔵元見学ツアーに28人が参加
2007/09/20 » 砂糖キビ・エタノール工場見学会(コンサルタント部会主催)
2007/07/04 » 警備員養成学校見学会が7月4日に開催
2007/06/17 » 東山農場コーヒー収穫見学会はバス2台、98人が参加して開催された
2007/06/01 » サルバドール歴史視察旅行(相互啓発委員会主催)
2007/05/23 » 味の素リメイラ工場見学会(食品部会主催)
2007/05/23 » 味の素リメイラ工場見学会 感想文
2006/08/29 » エタノール工場見学(コンサルタント部会主催)
2006/08/09 » USP医学部最先端医療現場見学会

バックナンバー »