Câmara do Japão
Português
検索: OK
(388)

会員企業情報

検索期間を指定してください: OK
青木智栄子ブルーツリーホテルズ社長がレピュテーション・リーダーズ・ランキング入り 2017/03/17

エザメ誌
2017年3月17日
 
ジョルジェ・パウロ・レーマン氏がレピュテーション・リーダーズ・ランキングでトップ

スペインのコンサルティング会社マルコが、ブラジル国内の財界人を対象にしたレピュテーション・リーダーズ・ランキングのトップ100人を発表した。

スペインのコンサルティング会社マルコが実施した大規模調査、ブラジル国内の財界人を対象にした「レピュテーション・リーダーズ・ランキング」のトップ100人をリストをエザメ誌が独占的に入手した。調査に当たって、企業経営者と専門家(金融アナリストなど)、そして消費者の3グループの合計約2.000人を対象に聞き取り調査を実施した。

トップグループには、例えば世界最大のビールメーカーであるABインベブのオーナーの1人のジョルジェ・パウロ・レーマン氏や、マガジン・ルイーザのトップを務めるルイーザ・エレーナ・トラジャーノ氏など広く知られた経営者が入った。この外には、グーグルのファビオ・コエーリョ氏が、前回2014年のランキングから大きく順位を上げるなどした。

写真提供: Blue Tree Hotels

2014 2016 Nome Empresa Pontos
Jorge Paulo Lemann 3G Capital 10
Luiza Helena Trajano Magazine Luiza 9.641
Abilio Diniz BRF 9.426
Roberto Setubal Itaú Unibanco 9.007
Jorge Gerdau Gerdau 6.95
12º Silvio Santos Grupo Silvio Santos 6.85
25º Fábio Coelho Google 6.711
* Roberto Lima Ex-Natura 6.423
10º Luiz Carlos Trabuco Cappi Bradesco 6.338
62º 10º Claudia Sender Latam 6.267
24º 11º Roberto Irineu Marinho Globo 5.943
18º 12º Antônio Luiz Seabra Natura 5.578
30º 13º Maria Eduarda Kertész Johnson & Johnson 5.33
85º 14º Fernando Fernandez Unilever 5.272
35º 15º Carlos Alberto Sicupira 3G Capital 5.16
34º 16º Pedro Moreira Salles Itaú Unibanco 5.156
94º 17º Fábio Hering Hering 5.136
27º 18º Artur Grynbaum Grupo Boticário 5.081
42º 19º José Gallo Renner 5.079
22º 20º Claudio Lottemberg Amil 5.074
40º 21º Marcio Utsch Alpargatas 5.068
28º 22º Carlos Ghosn Renault-Nissan 5.034
23º 23º Carlos Brito AB InBev 5.023
* 24º Bernardo Pinto Paiva Ambev 5.017
47º 25º David Neeleman Azul 4.947
14º 26º João Castro Neves AB InBev 4.887
37º 27º José Roberto Ermírio de Moraes Votorantim 4.884
81º 28º Miguel Krigsner Grupo Boticário 4.865
66º 29º Laércio Cosentino Totvs 4.846
17º 30º Cledorvino Bellini Fiat 4.826
* 31º Rodrigo Kede IBM 4.823
26º 32º Frederico Curado Ex-Embraer 4.804
33º Fábio Barbosa Itaú Unibanco 4.792
* 34º Xiemar Zarazúa Coca-Cola 4.776
84º 35º Harry Schmelzer Junior WEG 4.749
38º 36º Nizan Guanaes Grupo ABC 4.73
33º 37º Marcel Herrmann Telles 3G Capital 4.718
* 38º Michael Klein Grupo CB 4.691
36º 39º Décio da Silva WEB 4.638
* 40º Flávio Augusto da Silva Wise Up 4.612
* 41º João Carlos Brega Whirpool 4.603
57º 42º João Ciaco Fiat 4.586
* 43º Philipp Schiemer Mercedes Benz 4.569
55º 44º João Dória Junior Grupo Doria 4.553
53º 45º Horácio Lafer Piva Klabin 4.538
76º 46º Paulo Sérgio Kakinoff Gol 4.529
* 47º William Lee Hyundai 4.526
61º 48º Vicente Falconi Falconi 4.517
69º 49º Márcio Fernandes Elektro 4.486
49º 50º Enéas Pestana JBS 4.472
51º Murilo Ferreira Vale 4.455
* 52º Flávio Rocha Riachuelo 4.435
* 53º José Luiz Rossi Serasa Experian 4.429
* 54º Leocádio Antunes Filho Ipiranga 4.419
* 55º Antonoaldo Neves Azul 4.378
* 56º Mariano Lozano Danone 4.368
60º 57º Jayme Garfinkel Porto Seguro 4.344
41º 58º Fábio Schvartsman Klabin 4.341
* 59º Arturo Pineiro BMW 4.32
* 60º Walter Dissinger Votorantim 4.318
45º 61º Paulo Bellini Marcopolo 4.291
68º 62º João Carlos Paes Mendonça Grupo Jcpm 4.248
* 63º Eduardo Tracanella Itaú Unibanco 4.236
* 64º Marcos Scaldelai Ex-Bombril 4.225
32º 65º Pedro Parente Petrobrás 4.207
* 66º Everton Muffato Grupo Muffato 4.2
* 67º Marcelo Castelli Fibria 4.199
* 68º Tadeu Carneiro Ex-CBMM 4.18
* 69º José Efromovich Avianca 4.169
67º 70º Antonio Maciel Neto Ex-Grupo Caoa 4.15
* 71º Alexandre Caldini Ex-Abril 4.136
* 72º Rodrigo Galindo Kroton 4.121
* 73º Raul Padilla Bunge 4.107
89º 74º Armínio Fraga Gavea Investimentos 4.091
* 75º Paulo Stark Siemens 4.067
77º 76º Antônio Carlos Valente Ex-Telefônica Vivo 4.057
* 77º Fernando Chacon Itaú Unibanco 4.052
51º 78º Benjamin Steinbruch CSN 3.991
99º 79º Thilo Mannhardt Ultrapar 3.985
91º 80º Eli Horn Cyrela 3.96
95º 81º Luis Stuhlberger Credit Suisse 3.941
78º 82º Constantino Junior Gol 3.94
74º 83º Marcelo Cardoso Metaintegral 3.834
* 84º Antônio Joaquim De Oliveira Duratex 3.831
71º 85º Wesley Batista JBS 3.82
79º 86º José Da Costa Carvalho Neto Ex-Eletrobras 3.785
* 87º Ricardo Guimarães Thymus Branding 3.769
* 88º Amos Genish Ex-Telefônica Vivo 3.722
* 89º Claudio Galeazzi Galeazzi & Associados 3.586
83º 90º Roberto Justus Grupo Newcomm 3.266
59º 91º Wilson Ferreira Junior Eletrobras 3.23
* 92º João Paulo Ferreira Natura 3.103
* 93º Juan Carlos Marroquin Nestlé 3.087
* 94º Chieko Aoki Blue Tree Hotels 3.058
72º 95º José Antônio Fay Ex-BRF 3.05
* 96º Roberto Cortes MAN 3.018
* 97º Santiago Chamorro GM 3.016
64º 98º Cândido Bracher Itaú Unibanco 3.013
* 99º Renato Alves Vale CCR 3.008
44º 100º Ozires Silva Anima Educaçao 3

 

エザメ誌
2017年3月8日
 
ブラジル人女性CEO、ブルーツリー・ホテルの青木智栄子氏は、女性取締役の促進に向け、女性枠の導入を希望している。

同氏は、ブラジルで労働における男女の機会均等が進んでいると評価する一方、これまで以上に多くの女性を取締役に登用する制度の導入を提唱している。

ブルーツリー・ホテルの創業者で同ホテルのCEOとして、国内で最も影響力のある女性経営者の1人でもある青木智栄子氏は、ブラジルの情勢とは異なる立ち位置にいる。すなわち、コンサルティング会社のページ・エグゼクティブによるとブラジルは2016年に女性役員の比率がわずか14%と、前年の16%から低下したのだ。

「ブラジルのホテル業界のマダム」として知られる青木氏は、観光業界でキャリアを歩みだした当時、女性ということからくる様々な障害に直面した。「ホテル業界というものが男性の職業だと見なされていたので、彼らは私がこの問題を理解できないと考えていました」と、同CEOは述懐する。「会議では、男性たちは彼らだけで会話し、私の考えを聞くことなど一度もありませんでした。しかし私は、そんな状況の中でも発言し、私のアイデアが結果を出したのです」という。同氏によるとそれ以来、社内外を問わず、労働における男女の機会均等が進んできた。だが、その変化は依然として緩やかなものだ。企業ごとの取り組み以外に、同氏は取締役に女性を登用するのを加速する政策が必要だと主張しており、取締役における女性枠の設置に賛成の立場を表明する。

「十分過ぎるほどの能力を持ちながらも取締役に名を連ねていない多くの女性管理職を知っているからで、一方で、7社あるいは8社の取締役を掛け持ちするという男性がいるのです」と話す。「女性枠を導入すればこの女性管理職は取締役会に参加し、その能力を示すことになり、別の視点を持ち込み、議論もよりバランスの取れたものになるでしょう」。

サンパウロ大学(USP)の法学部を卒業した青木氏は、同様に、日本とアメリカでも学んだ経験を持つ。1982年、シーザーパーク・サンパウロのマーケティング・販売担当部長としてキャリアをスタートし、1997年にブルーツリー・ホテルを立ち上げた。2006年には女性財界リーダーズ・グループ(LIDEM)の会長に選出され、2015年にはフォーブス・ブラジル誌から国内で最も影響力の強い女性15人に選ばれた。

エザメ誌との電話による独占インタビューで同CEOは、社内外における女性たちの取り組みと克服について語るとも共に、女性たちにキャリアを積む上でのアドバイスを与えた。以下は、青木氏とのインタビューの要約である。

EXAME.com ブラジルでCEOを務める女性が依然として少ない理由は何でしょうか?

青木智栄子 これは、世界中で見られる、文化的問題の結果です。その理由の1つは、執行役員市場への女性の参入は、男性と比較して極めて歴史が浅いということ、そのため、男女間には大きな格差が生じているのです。女性が占めるべき余地は大きいし、女性もまたこうしたポストに立候補する必要があります。

もちろんそれは、ある種の判断を伴います。私は、ある会社の社長になるために、別の国に駐在する必要があった女性も、たくさん存じています。女性たちの多くが、駐在を希望しないため、あるいは、子供たちを預けられる人がいないため、夫婦で駐在できないため、諦めています。一方で、夫が海外に駐在する場合、通常、女性たちはすべてをあきらめて一緒に赴任するのです。私は、過去のこうした事例と反対のことが起こり始めていると受け止めています。多くの友人たちの夫が、彼女たちと一緒にいられるよう、安定した仕事をあきらめて例えばコンサルタントなどになるようなケースがあります。

EXAME.com あなたは女性であるというためにキャリアを積む上で何らかの障害に直面したことがありますか?

青木 最初は、ありました。男性たちは、ホテル業界というものが男性の職業だと見なされていたので、私がこの問題を理解できないと考えていました。彼らは、女性がこの種の職に就くことができると受け止めていなかったのです。会議では、男性たちは彼らだけで会話し、私の考えを聞くことなど一度もありませんでした。しかし私は、そんな状況の中でも発言し、私のアイデアが結果を出したのです。成果を上げてから、全てが変化しました。人は機能することを好みます。時間とともに、それになじんでいきました。

EXAME.com 過去を振り返ると、あなたは、ブラジル、そして世界における男女の機会均等の進捗をどのように受け止めておられますか?

青木 私が働き始めて以降、状況は随分と改善しました。例えばこの分野が非常に遅れてきた日本では、GDPを2020年までに拡大する政策として、首相が音頭を取って同国経済に参加する女性を拡大することで達成しようとしています。これが日本政府の政策のひとつです。彼らは、子供たちをどのように世話をするのかという講習を、既婚男性向けに立ち上げています。というのも彼らは、どうしていいのか知らず、最近になるまでそういうことをやりなれていなかったのです。

もちろん女性がキャリアを積む上は、国の外にも様々な支援の仕方があります。    アメリカでは、生活が実際的かつ自動化されているために男女の機会均等はより進んでおり、そのために女性たちは他国に先んじて労働市場に参入しました。優れた託児所があり、交通は効率的、男性の在宅ワークでもより良い部門があります。こうした条件が、同国での女性たちのキャリアにポジティブに働いています。

ひるがえってブラジルでは、依然として多くの障壁が残されているものの、今日、これまで以上に多くの女性が職場に進出しています。自身が働くことを気に入っており、プロフェッショナルとしての成功を断念することなく、トップに立ちたいと願っています。しかも彼女たちは、自身が有能だと認識しています。緩やかな変化ですが、状況は改善しつつあります。

EXAME.com あなたはこうした変化を加速させるような政策、例えば大企業における取締役会の女性枠のようなものを支持しますか?

青木 はい。私は取締役会の女性枠の導入を支持します。それは、意識の問題です。取締役会における男性の数は、女性よりも随分と多い。なぜそうした事態が起きるのでしょうか? 男性労働者の方が多い、グループ作りの候補者選びで男性の方が覚えが良い。取締役と聞いて人々が思い浮かべることは次のようなものです。すなわち、「ああ、かの御仁を呼ぼう」。この選択肢に女性が入ることが少ないのは、彼女たちが忘れられているからです。もし定数があるなら、女性たちは義務的に呼ばれるでしょう。

私がこれを支持するのは、十分過ぎるほどの能力を持ちながらも取締役に名を連ねていない多くの女性管理職を知っているからで、一方で、7社あるいは8社の取締役を掛け持ちするという男性がいるのです! 女性は能力が劣るわけではありませんが、多くの場合、思い出してもらえないのです。

女性枠を導入すればこの女性管理職は取締役会に参加し、その能力を示すことになり、別の視点を持ち込み、議論もよりバランスの取れたものになるでしょう。少しずつ、企業の取締役会で女性の指名が義務付けられればそうした状況へと進んでいくでしょう。

EXAME.com 女性のための仕事のアドバイスはありますか?

青木 あなたが好きなことをするのが重要。仕事に情熱があれば、犠牲など存在しません。そして、能力を身に着けておくことも必要です。多くの困難に直面するでしょうが、あなたは、状況を変えることができるように自身の価値を高めているのだということ、あなたの労働参加、社会参加が基本的な重要性を持つということを、確信して取り組まなければなりません。あなたが何かを変革しているのだと知ること、これは非常に重要なモチベーションです。それこそ、私が明日の朝、働く意欲をもって目覚めさせてくれるものなのです。

EXAME.com あなたは精力的に働くタイプでしょうか? 1日のおおよその仕事はどのようなものですか?

青木 朝起きたら、体操をして、車の中で朝食を食べます。というのも、家で朝食を摂っている時間がないので。1日中仕事をして、時には夜にイベントに参加して家に帰り、明日の準備をします。午前1時半ごろに寝て、その日の朝の6時に起きます。それが好きかって? 良いかしら、これらは私を悩ますようなことではありませんよ。なぜなら、私は、自分のやっていることに情熱をかけているのですから。

 



2017/03/17 » 青木智栄子ブルーツリーホテルズ社長がレピュテーション・リーダーズ・ランキング入り
2017/02/03 » CISエレトロニカ、囚人用足錠生産を開始
2016/11/28 » みずほ銀行、アルゼンチンのBanco Santander Rio銀行と業務協力協定締結
2016/11/24 » ブラジル・ペトロブラス向けサブシー支援船事業に参画
2016/10/07 » 三井物産、エネルギーマネージメントコンサルティング及び電⼒トレーディングに参画
2016/07/12 » Yasuda Maritima Seguros S.A.からSompo Seguros S.Aに社名変更
2016/07/05 » 東山農産加工社の社名を「AZUMA KIRIN社」に変更
2016/05/25 » 島津製作所、ブラジルでの計測事業を強化 現地販売代理店を買収
2016/05/11 » トヨタ、中南米初のエンジン工場、ブラジルにて稼働開始-持続的成長を支える「競争力ある工場づくり」を推進-
2016/03/22 » ブラジル日通、衛生用品等取扱に関する同国監督庁の企業認証を取得
2016/01/04 » ブラジル北部沖合深海探鉱鉱区権益取得
2015/12/15 » 「三井物産、JR西、官民ファンドが共同でブラジル都市旅客鉄道事業を推進」
2015/10/26 » ブラジルにおけるガス配給事業の取得について
2014/11/07 » 三井物産、ブラジルにおける旅客鉄道事業への参画 
2014/10/31 » ケミカルグラウト社とアメリカEOS社 共同によるBioJet工法の開発に成功
2014/10/22 » 三井住友保険が3億4000万レアルの増資を実施
2014/10/03 » Quickly Travel社、AlaturJTB社へ株式譲渡
2014/09/08 » オムロンヘルスケア、ブラジルにて、ネブライザの生産/販売会社「NS」社を買収
2014/09/08 »
2014/08/28 » 三井物産 ブラジルの鋼材加工センターが商業生産を開始

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー