Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2019/09/03 - 連邦政府は歳出削減で連邦公務員の時短やサラリーカット規制緩和か

連邦政府は財政削減政策の一環として、義務的歳出の公務員給与、生活保護費並びに児童福祉費,老人福祉費などの扶助費、公債費の削減をするための憲法補足法案(PEC)を通して義務的支出枠の柔軟な変更を検討している。 現在の連邦政府では、歳入減少に伴って各省庁に対する340億レアル以上に達する分配・交付金の支払遅延を余儀なくされているが、連邦政府の13省庁は、予算凍結措置で9月末までに政府機関の一部閉鎖を意味するシャットダウン状態に陥る可能性が濃厚となっている。 今年初めの今年の裁量的支出向け... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/02 - 2020年度の公共投資予算は過去10年間で最低か

2020年度予算では裁量的支出向け予算が僅かに891億6,100万レアルであり、パウロ・ゲーデス経済相が統括する経済班は、人件費・扶助費・公債費向けの義務的支出の削減を余儀なくされている。 今年初めの今年の裁量的支出向け予算は1,020億レアルであったが、今では840億レアルにカットされたために、各省庁ではルーチン業務に支障をきたしている。 現在の連邦政府では、歳入減少に伴って各省庁に対する340億レアル以上に達する分配・交付金の支払遅延を余儀なくされているが、連邦政府の13省庁は、... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/02 - 連邦会計検査院は昨年の社会補助金関連の不正支出22億レアルを指摘

連邦会計検査院(TCU)は、2018年度に社会保障院(INSS)並びにブラジルの貧困層対策の「ボルサファミリア」、労災保険、禁漁期間手当など5,560万件について調査を行った。 社会保障の受給詐欺撲滅を目的とする暫定令(MP871/2019)は、国立社会保険院(INSS)は受給詐欺をより厳しく調べることができ、無駄な歳出が削減される。暫定令MP871号は国税庁、統一医療保健システム(SUS)、勤続期間保障基金(FGTS)のデータにINSSがアクセスする権利を認めている。 連邦会計検査... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/02 - 今年5月~7月の平均失業率は非正規雇用増加で11.8%に減少

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、2019年5月~7月の平均失業率は、労働手帳に記載されない非正規雇用増加に反比例して11.8%に減少している。 今年7月末の非正規雇用総数は、労働人口の40%に相当する3,868万3,000人に達しており、労働手帳に記載されない家政婦や全国法人登録台帳(CNPJ)に登録していない自営業者などが増加している。 今年7月の過去12カ月間で221万8,000人が職を得たにも拘らず、民間部門の正規雇用は僅か10%強の2... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/30 - 第2四半期のGDP伸び率0.4%増加はテクニカルリセッションから乖離

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2019年第2四半期のGDP伸び率は前四半期比0.4%増加を記録、Valor Data社の金融機関を対象とした調査結果であるGDP平均伸び率の0.2%増加を上回り、予想以上の伸び率を記録している。 今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス0.1%を記録、中銀はIGBEのGDP伸び率の発表前に先行指標として経済活動指数(IBC-Br)を発表するが、今月12日に発表された第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)は前四半期比マイナス0.13%であったた... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/30 - 連邦公社の民営化はM&A案件を牽引

PwC社が資本参加するコンサルタント会社Dell´Oso社の調査によると、今後数年間のブラジル国内のM&A案件は、連邦公社の民営化並びにインフレ整備プロジェクト向け官民合同プロジェクト(PPPs)が牽引すると予想されている。 今年初め7か月間のブラジル国内のM&A案件では、公共サービス部門のM&A案件は前年同期比28%と二桁台の増加を記録、また民営化部門も63%と大幅な増加を記録している。 緩やかな経済回復傾向や年金・恩給改革の下院議会通過、税制改... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/08/29 - アルゼンチン政府は債権者に支払い猶予要請

昨日28日マウリシオ・マクリ政権は、返済期限が迫っている短期債権に対して、10月27日の大統領選挙で当選する政権への返済引き延ばしを要請、また国際通貨基金(IMF)とは支払期間の再交渉を要請している。 マクリ大統領は、債権返済に対する支払い能力に問題はないと明言しているが、10月27日の大統領選を前に、今月11日に実施された大統領選挙の予備選で野党候補に大敗した影響で、通貨アルゼンチンペソが大幅に下落した影響で、通貨の流動性確保のため、資金の必要性を主張している。 アルゼンチン政府の... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/08/29 - 北部並びに北東部の地方政府は11月の石油・天然ガス入札で恩恵を受ける

上院憲法・法務委員会(CCJ)では、報告者シド・ゴメス上院議員(民主労働党PDT)のテキスト案である今年11月の予定されている石油・天然ガス入札による臨時歳入の連邦政府並びに地方政府の分配金配布案は承認された。州政府並びに市町村にはそれぞれ総額109億4,410万レアルが割り当てられる。 11月のプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札では、国庫庁に1,000億レアル以上の臨時歳入が見込まれているが、上院での新社会保障年金改革に地方政府(州・市)を含めるために、与党は州知事との折衝を迫られていた... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/08/29 - 若者の新規雇用の89%は非正規雇用

今年7月の過去12カ月間の18歳~24歳の青年の新規雇用の89%は労働手帳に記載されない非正規雇用で低いサラリーや労働法に準じない雇用形態の受け入れに甘んじている。 今年第2四半期の18歳~24歳の青年の新規雇用総数は23万人に達しているにも拘らず、労働手帳に記載される正規雇用は僅か3万2,500人で新規雇用の89%は非正規雇用を余儀なくされている。 しかし18歳~24歳の青年の正規雇用のうちで、理容師やエステシャンなどその他のサービス業の雇用総数は4万1,600人、農業や漁業部門の... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/28 - 今年初め7か月間の機械・装置部門販売は2.4%増加

ブラジル機械・装置工業会(Abimaq)の発表によると、今年初め7か月間の機械・装置部門販売は、国内経済の緩やかな上昇傾向に伴って前年同期比2.4%増加の494億1,000万レアルを記録している。 ブラジル地理統計院(IBGE)発表の今年上半期のGDP伸び率は0.2%増加、中銀の最終フォーカスレポートでは、今年のGDP伸び率は僅か0.8%増加に留まるために、Abimaq工業会エコノミストのクリスティーナ・ザネラ氏は、今年の機械・装置部門販売は年初の予想の5.0%から3.0%前後に下方修正し... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2019/08/28 - 連邦政府は会社都合退職の罰金軽減を検討

民間企業の従業員が「会社都合」で退職する場合、企業は積み立ててきた勤続期間保障基金(FGTS)の他に、FGTS積立金総額の50%を「罰金」として上乗せして支払わなければならず、罰金のうち40%は退職者本人に支払われ、10%は連邦政府が徴収する。 連邦政府は、50%の罰金の内退職者本人に支払われる40%を除いた10%はファンド運営費として徴収するが、民間企業にとって年間54億レアルに相当する不必要な臨時支出に繋がっている。 2017年11月11日から施行された新労働法の影響で、民間企業... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/23 - 予算不足で9月末までに13省庁でシャットダウンか

連邦政府の13省庁は、予算凍結措置で9月末までに政府機関の一部閉鎖を意味するシャットダウン状態に陥る可能性が濃厚となって首にナイフを突きつけられた状態に陥っている。 9月末までにシャットダウン状態に陥る可能性のある13省庁で最も財政状況が悪化しているのは、インフラ省国家水上輸送庁(Antaq)で予算の99.9%に相当する資金不足に陥っている。 また水上輸送庁(Antaq)に次いで連邦総弁護庁(AGU)の予算不足は94.2%、インフラ省傘下の民間航空庁(Anac)は84.5%、鉱山エネ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/23 - 今年7月の歳入は経済回復シグナルか

国庫庁の発表によると、2019年7月のインフレ指数を差引いた歳入総額は前年同月比2.95%増加の1,377億3,500万レアル、7月としては2001年以降では最高の歳入総額を記録して経済回復の兆候となっている。 今年初め7か月間の法人所得税(IRPJ)並びに純益に対する社会納付金(CSLL)による歳入は、前年同期比17.21%増加して景気回復に伴って法人企業の収益増加に繋がっている。 また今年7月の金融取引税(IOF)は、クレジット部門の拡大に伴って前年同月比9.85%増加、今年初め... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/22 - 年内に17公社を民営化で200億レアル調達か

昨日21日パウロ・ゲーデス経済相は、今年末までに17公社の民営化で国庫庁には200億レアル相当の臨時歳入に結び付くと発表、ラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるエレトロブラス電力公社(Eletrobras)の株価が二桁台の高騰を記録している。 民営化される公社は、連邦貯蓄金庫の宝くじ部門の宝くじ販売店ロッテリカでの窓口販売業務のLotex部門並びに郵便局(Correios)、スピリット・サント州ドック会社(Codesa)、造幣公社(Casa de Moeda)が挙げられている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/20 - 政党リーダーの半数は新CPMF新設に反対

下院議会リーダー30人のうち15人は、通称小切手税と呼ばれる金融取引暫定納付金(CPMF)の新CPMF税に反対しているが、新CPMF税の導入に対してロドリゴ・マイア下院議長は慎重になっている。 税制改革における連邦政府の優先事項は雇用促進、マルコス・シントラ経済省連邦歳入担当次官は、雇用の促進のために企業が支払う給与支払総額に対する各種課税の完全かつ永続的な免税措置を実施することで、税収の落ち込みを保証するための代替策の一つとして、全ての金融関連支払いに対し適用される新税の創出であると説明... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/20 - 経済リセッションは公社や大手小売チェーンから6万人以上の雇用削減

3年間の経済リセッション期間を含めた過去5年間に、郵便公社やペトロブラス石油公社、大手小売販売チェーンのGPA社やVia Varejo社では6万1,000人に雇用が消滅している。 現在の郵便公社やテレマーケティングAtento社、大手小売販売チェーンGPA社やVia Varejo社、ペトロブラスの従業員総数は33万5,400人と2014年から15.0%も減少している。 大半が経済リセッション期間であった2014年~2017年の4年間のこれらの雇用最大手は、人件コストカットで5万2,0... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/19 - 富裕層は医療保健で56%の税控除を占めて恩恵を受けている

2018年度の個人所得税申請では、人口の上位19.7%の富裕層は医療保健関連支出に対する税控除比率は、全体の56%に相当する444億レアルに達して恩恵を受けている。 現在の個人所得税申請の医療保健に関する税控除では、税控除金額や比率などの規定がないために、富裕層は、無料の統一医療保険システム(SUS)の代わりに治療代や診察料金が高額な個人医師や私立病院を利用している。 連邦政府は特に富裕層が恩恵を受けている医療保健に関する税控除に対して、上限を設けることを検討しているとマルコス・シン... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/19 - 第3四半期の製造業部門の経済指標は弱い

今年第3四半期初めの7月の製造業部門の経済指標は非常に弱く、特に企業経営者の景況感が悪い一方で、過剰在庫になる傾向が表れており、イタウー銀行では今年の第3四半期のGDP伸び率を前四半期比0.5%増加に留まると予想している。 ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の企業経営者の景況感調査では、今年7月は前月比0.9ポイント上昇の93.9ポイントに達しているにも関わらず、国内経済の停滞が顕著となっている。 9月から開始が予定されている勤続期間保障基金(FGTS)預金引出の効果は、第3四半期... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/08/15 - 世界的リセッション懸念で世界中の株価が下落

米中貿易摩擦、英国のヨーロッパ連合離脱(ブレグジット)、イタリアの債務危機、香港の「逃亡犯条例」改正問題への抗議デモ、更に昨日14日の中国並びにドイツの経済指標悪化の発表を受けて、世界的経済リセッション懸念で世界中の株価が下落した。 昨日14日、中国政府は今年7月の小売販売は前年同月比7.6%減少、鉱工業生産は僅か4.8%増加したにも関わらず、過去17年間で最低の落込みを記録、またドイツの今年第2四半期のGDP伸び率は、米中貿易戦争のあおりで自動車など製造業の生産・輸出の減少の影響で前四半... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/08/15 - 州政府公務員給与で財政責任法を果たしていない州政府は半数以上

連邦政府との間で約束が交わされている財政責任法(LRF)の支出総額の60%までに制限されている州政府公務員の給与総額限度を超えて、財政責任法(LRF)を果たしていない州政府が増加の一途を辿っており、連邦政府からの臨時クレジットを受けられない可能性があるにも関わらず、連邦政府の救済を充てにしている。 国庫庁では各州政府の財政上状況を4ランクに分析、A及びBクラスは財政状況が健全である一方で、Dクラスは危機的な状況であり、連邦政府の財政支援が適応されるCクラスは14州政府となっている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策