Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2019/09/26 - 今年8月の正規雇用は2013年以来最高の12万1,400人

就労・失業者管理センター(Caged)の発表によると、2019年8月の労働手帳に記載される正規雇用は、予想の10万人を大幅に上回る12万1,400人と8月としては2013年以降では最高の正規雇用を記録、また今年4月から5カ月連続で増加している。 今年初め8か月間の正規雇用は59万3,500人で前年同期の56万8,600人を若干上回っている。また8月の過去12カ月間の正規雇用は53万400人を記録している。 今年8月の部門別正規雇用数比較ではサービス業部門は6万1,730人、商業部門2... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/26 - 連邦政府は11月の石油・天然ガスメガ入札実施で国会調整

パウロ・ゲーデス経済相は、国庫庁に臨時歳入として1,065億レアルに達する可能性のある11月に予定されているプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札を実施するために、昨日国会で地方政府(州・市)への分担金で調整を余儀なくされた。 中国やインドの石油開発企業は、サウジアラビアで発生した石油製油所爆破事件で短期間の石油価格の上昇、今後の中近東の地政学的リスク緩和のためにブラジルでのプレソルト石油開発での落札の重要性が上昇している。 下院議会の憲法・法務委員会(CCJ)の報告官のAureo Ri... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/09/26 - 金利が天文学的なクレジットカード及び特別小切手の使用が増加

失業率の増加並びに国内経済の停滞で、一般消費者は突発的な支出を余儀なくされる場合に使用される金利が天文学的な特別小切手税と呼ばれる口座借越残金利及びクレジットカード借越残金利の支払いを余儀なくされている。 昨日の中銀の発表によると、今年8月の特別小切手税と呼ばれる口座借越残の月利は11.6%に上昇、残高総額は261億4,000万レアルに増加している。 また8月の月額最低返済のクレジットカード借越残の月利は18.5%に上昇、クレジットカード借越残総額は397億8,000万レアルまで上昇... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/09/25 - 連邦公社民営化で今年8月の歳入は大幅増加

2019年8月の国庫庁のインフレ指数を差引いた実質歳入総額は、連邦公社の民営化による臨時歳入が牽引して前年同月比5.67%増加の1,199億5,100万レアルに達し、8月としては2014年以降では最高の歳入総額を記録している。 また今年初め8か月間の国庫庁のインフレ指数を差引かない名目歳入総額は1兆150億レアルを記録、ペトロブラス石油公社では、今年7月に同グループ傘下のBR DISTRIBUIDORA社の株価放出で80億レアルに達する資金調達していた。 BR DISTRIBUIDO... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/25 - 上院政府リーダーの家宅捜査で年金改革法案の採決先送り

連邦警察が上院議会政府リーダーであるフェルナンド・ベゼーラ・コエーリョ上院議員(民主運動党 MDB)を対象とした家宅捜査を19日に実施したことに対して与党議員は不快感を示しており、年金改革法案採決を先送りして、ボルソナロ大統領が行った職権乱用防止法案の一部拒否の無効化の審議するための総会開催を優先する。 職権乱用防止法案の無効化並びに予算基本法の採決での上院議会調整のために、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(DEM:民主党=アマパ州選出)は年金改革法案採決の先送りを余儀なくされている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/25 - 海外投資家は弱いGDP伸び率を警戒

ジャイル・ボルソナロ大統領は昨日24日に国連総会で演説し、熱帯雨林の大部分を占めるブラジル国内で発生している自然火災は、国内問題だと強調して反論している。 米航空宇宙局(NASA)はアマゾン川流域の世界最大の森林で今年に入ってから森林火災の件数が急増していると指摘、環境保護団体などは、農業や林業のために木々が焼き払われ、森林破壊が進行していると主張。ボルソナロ氏に対して、昨年10月の大統領選で勝利して以来、森林開発を奨励していると非難して平行線を辿っている。 継続する米中貿易摩擦によ... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/09/23 - 税制改革導入で年間の新規雇用は30万人

リオ工業連盟(Firjan)の調査によると、民主党(DEM)所属のロドリゴ・マイア下院議長が支持するエコノミストのBernard Appy氏が準備している税制改革案PEC45/2019年による税制改革案による経済効果は1227億レアルが予想されている。 またLuis Carlos Hauly元下院議員の税制改革案PEC110/2019年による税制改革案による経済効果は1221億レアルが見込まれており、工業製品税(IPI)並びに社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)、社会保障賦... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/23 - ペトロブラス石油公社は盗油対策でメキシコPemex社と協定か

ペトロブラス石油公社は、過去5年間に亘ってラヴァ・ジャット汚職事件の捜査で連邦警察に協力をしているが、増加傾向にある石油パイプラインからの盗油対策を強化している。 2014年のブラジル国内での盗油件数は1件であったが、2016年の盗油件数は72件発生、2018年の盗油発生件数は、犯罪組織による盗油件数の上昇に伴って261件と急上昇、そのうちサンパウロ州は151件、リオ州は69件発生している。 ペトロブラス石油公社の小規模の暴力組織や麻薬組織カルテル、貧困層住民による石油派生品などの盗... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/09/23 - ドル高の為替はコスト上昇も価格転嫁できず

今年のレアル通貨に対するドルの為替は7.0%以上上昇してR$4.00を突破しており、原材料を輸入している企業にとっては、コスト上昇に結び付いているにも関わらず、低調な国内経済で需要が低迷しているため価格転嫁ができず、収益が圧迫されている。 上下水道関連の水処理装置製造メーカーのEcosan社では、輸入機械・装置が販売コストの30%を占めており、6カ月前の輸入機械・装置の為替はR$3.70 であったが、今ではR$4.00を大幅に上回っているが、価格転嫁できないため大幅に利益を削がれている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/09/19 - 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸

コンサルタント会社PwC社並びにブラジルデジタルクレジット協会(ABCD)の調査によると、2018年のフィンテック会社のクレジット総額は、前年の8億400万レアルから48.6%増加の約12億レアルに急伸しているにも関わらず、ブラジル国内の商業銀行のクレジット総額の3兆7,000億レアルとは比較にならないくらい小さい。 しかし昨年の90%以上のフィンテック会社の個人向け平均クレジット月利は4.8%、法人向け平均クレジット月利は4.5%に対して、今年6月の商業銀行の平均クレジット月利6.8%と... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/09/19 - 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定

昨日中銀の通貨政策委員会(Copom)では、低調な国内経済及びにコントロールされているインフレが要因となって、全会一致で政策誘導金利(Selic)を6.0%から0.5%引下げて5.5%に決定、1996年6月以降では過去最低のSelic金利となった。 2017年3月から2019年7月まで約2年半に亘ってSelic金利は6.5%を維持していたが、前回の通貨政策委員会(Copom)では全会一致で政策誘導金利(Selic)を6.5%から0.5%引下げて6.0%に決定、2回連続でそれぞれ0.5%引き... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/09/18 - 経済相は雇用創出のための減税政策を模索

ブラジルの税制改革で中心的な役割を担ってきたマルコス・シントラ連邦歳入担当次官が金融取引暫定負担金(CPMF)をモデルとする低率の金融取引税の導入案を頑なに策定していたが、ボルソナロ大統領は特にCPMFの復活など税制改革法案を巡る「見解の相違」のためにシントラ次官は解任された。 パウロ・ゲーデス経済相は、評判の悪い金融取引暫定負担金(CPMF)の導入に替わって、雇用創出に繋がる企業経営者の負担を軽減する減税政策を模索している。 ボルソナロ大統領は、大統領選挙キャンペーン中の公約として... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/18 - ソフトバンクはMadeiraMadeira に1億1,000万ドル投資

ソフトバンク社は、今年3月上旬に総額50億ドルに達するラテンアメリカ地域攻略する最先端テクノロジー向け投資ファンドを設立して、果敢にスタートアップ企業に投資を行っている。 ソフトバンク社は、ラテンアメリカ地域では9番目のスタートアップ企業の家具など住居一般製品を取扱うMadeiraMadeira社に1億1,000万ドルの投資を発表した。 またソフトバンク社は、Banco Inter社の持株比率を8.0%から15.0%の引上げ絵を発表、ソフトバンクは、コロンビアのボゴタに本社を置くスタ... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/09/18 - 製造業部門の平均設備稼働率はマイナス4.2ポイント

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、2019年6月~8月の製造業部門の月間平均設備稼働率(Nuci)は、調査対象の14部門の内11部門でマイナスを記録している。 今年6月~8月の製造業部門の月間平均設備稼働率(Nuci)が増加していたのは僅かに3部門で、機械・電機材料部門の設備稼働率は1.9ポイント増加の81.9ポイントであった。 また前記同様に医薬品部門の月間平均設備稼働率(Nuci)は、8.77ポイント増加の85.2ポイントを記録、衣類... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/17 - 来年の連邦予算基本法では、義務的歳出が93%を占める

2016年のミッシェル・テーメル政権時代に憲法改正の形で成立した歳出上限法では、「政府や各省庁の予算は、基本的に前年度の予算にインフレ率をかけた以上の拡大はできない」と定められている。 しかし2020年度の連邦予算基本法では、歳出上限法の活用で国庫庁の歳入増加並びに公共負債削減で2,026億レアルまでの義務的歳出となっているにも拘らず、義務的歳出総額は2,662億レアルに達する可能性があり、早急な義務的歳出の緩和政策導入が検討されている。 来年の義務的歳出予想総額2,662億レアルは... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/17 - 中近東緊迫でプレソルト入札は恩恵を受けるか

先週14日午前にサウジアラビアのEastern州で国営石油会社サウジ・アラムコ(Saudi Aramco)の施設2か所がドローンによる攻撃を受けて火災発生。隣国のイエメンの反政府武装組織フーシ派(Huthi)が犯行声明を出しており、石油の国際コモディティが急上昇している。 ブラジル国内の石油関連の短期的影響として、今後短期間の石油価格の上昇並びに11月に予定されているプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札では、国庫庁に1,000億レアル以上の臨時歳入が見込まれていたが、中近東の緊迫上昇に伴って... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/09/16 - 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス0.16%

四半期ごとの正式な国内総生産(GDP)は、ブラジル地理統計院(IBGE)から発表されるが、中銀はIGBEのGDP伸び率の発表前に、先行指標として経済活動指数(IBC-Br)を発表、2019年7月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比マイナス0.16%を記録している。 Valor Data社の金融機関やコンサルタント会社対象の7月の経済活動指数(IBC-Br)では前月比0.1%増加、前年同月比では1.31%増加に対してマイナスを記録している。 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)が... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/16 - 2019年~2022年までの投資総額は2.7%増加予想

社会経済開発銀行(BNDES)の2019年~2022年のブラジル企業の投資予想調査によると、2018年~2021年比では2.7%増加の1兆800億レアル、年間平均2,700億レアルを予想している。 社会経済開発銀行(BNDES)の2019年~2022年の投資予想調査では、調査対象の19セクターの内11セクターは鉱工業部門、8セクターはインフラ部門となっている。 調査対象の19セクターの内8セクターでは年間平均5.0%以上の投資予想、6セクターではマイナス予想、5セクターの年間平均投資... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2019/09/13 - 歳出上限法活用で来年の2,026億レアルに達する義務的歳出緩和か

2020年度の連邦予算基本法では、歳出上限法の活用で国庫庁の歳入増加並びに公共負債削減で2,026億レアルに達する義務的歳出の緩和政策導入が検討されている。 ペドロ・パウロ下院議員(DEM:民主党=リオ州選出)は、今週火曜日にパウロ・ゲーデス経済相に2,026億レアルの歳出削減に繋がる予算案を提示したが、来年の予算編成に向けて義務的歳出削減を目指しているパウロ・ゲーデス経済相は歓迎している。 2020年の予算の内1,096億レアルは、「政府や各省庁の予算は基本的に前年度の予算にインフ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/09/13 - 上院CCJのタッソ・ジェレイサッチ報告官は年金改革テキスト内容変更

今月4日の上院憲法・法務委員会(CCJ)では、報告官のタッソ・ジェレイサッチ上院議員(民主社会党-PSDB セアラー州選出)の年金改革意見書テキストは賛成票18票、反対票7票をもって可決された。 しかし昨日ジェレイサッチ報告官は、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(DEM:民主党=アマパ州選出)と会合を持ち、上院議会での否決の可能性のあるテキスト除外で合意、追加法案に組み込む。 上院では年金改革の早期承認のため、上院修正案を二つに分け、まずは下院再承認の必要のない年金改革の基本法案の審議... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策