Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2019/04/03 - 今年2月の鉱工業部門伸び率は前月比0.7%増加

ブラジル地理統計院(IBGE)の鉱工業部門生産調査(PIM-PF)によると、2019年2月の鉱工業部門生産は前月比0.7%増加して、1月のマイナス0.7%を打消す生産伸び率を記録した。 また今年2月の鉱工業部門生産は前年同月比2.0%増加、昨年11月~今年1月まで3カ月連続での落ち込みから反転して増加に転じ、今年初め2カ月間の鉱工業部門生産は0.2%増加、2月の過去12カ月間では0.5%増加している。 今年2月の鉱工業部門の調査対象の26セクター中で16セクターは増加、特に自動車・ト... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/04/03 - ロドリゴ・マイア下院議長は新社会保障改革と並行して税制改革案を準備

ロドリゴ・マイア下院議長はエコノミストの都市税制センター(CCiF)のBernardo Appy氏と会談、新社会保障改革と並行して税制改革案の国会での審議を進める。 元経済政策長官のAppy氏は、商品流通サービス税(ICMS)並びに社会統合基金/社会保険融資納付金(PIS/COFINS)、サービス税(ISS)、工業製品税(IPI)を10年間かけて統合して簡素化した新しい付加価値税(IVA)を提唱している。 この新しい付加価値税(IVA)は、ブラジル民主運動党リーダーのバレイア・ロッシ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/04/02 - Caoa社がフォード社のSBC工場買収で4,500人の雇用維持

2月19日米国資本フォード社は、50年間に亘って生産、現在はトラック並びにコンパクトカーFIESTA車を生産しているサンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポ工場(SBC)閉鎖を発表していた。 しかしSBC工場閉鎖は、4,500人に及ぶ直接及び間接雇用の減少に繋がるために、3月初めにABC金属労連のジョゼ・キシャベイラ代表は、米国フォード本社に赴いて直訴したにも関わらず、フォード社はSBC工場閉鎖を明言していた。 3月10日にサンパウロ州政府のジョアン・ドリア州知事は、サンパウロ州内の... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2019/04/02 - 今年の貿易収支は501億ドル予想

2019年度の輸入総額は前年比8.0%増加の1,958億ドル、輸出総額は前年比僅か2.5%増加の2,459億ドルに留まると予想、今年の貿易収支は、4.9%増加の501億ドルの黒字計上を経済省は予想している。 発展途上国との自由貿易拡大並びにメルコスール域内貿易の輸入関税の引下、関税以外の貿易障害の除去で、ブラジルの貿易拡大を図ると経済省貿易局のルッカス・フェラース長官は説明している。 関税以外の貿易障害除去として、輸入関税よりもコスト高になるブラジル国内の港湾での貨物取扱時間短縮のた... [続きを読む]

カテゴリー: 貿易



2019/04/02 - 今年のGDP伸び率は相次ぐ下方修正で2.0%を下回る

中銀の今年1月初めのフォーカスレポートによると、1月1日のジャイール・ボルソナロ大統領就任や新社会保障改革の実施などの要因で、今年のGDP伸び率は2.5%を上回ると非常に明るい予想であった。 しかしジャイール・ボルソナロ大統領とロドリド・マイア下院議長の意思疎通などの要因で、新社会保障改革の段取りが大幅に遅れて不穏な空気で金融市場では景気回復の遅れが指摘されている。 昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、今年のGDP伸び率は前回予想の2.00%を更に下回る1.98%に下方修... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/04/02 - 今年3月の新車販売は二桁増加

全国自動車工業会(Anfavea)では、2019年3月のトラックやバスを含む新車販売は、アルゼンチンの為替危機の影響で新車輸出が大幅に落ち込んでいるにも関わらず、前年同月比僅か0.87%増加の20万9,200台、前月比では5.3%増加、3月の新車販売としては2015年以降では最高を記録している。 また今年第1四半期の新車販売は、前年同期比11.4%と二桁台の伸び率で60万7,600台と過去4年間では最高の新車販売を記録、全国自動車工業会(Anfavea)では、今年の新車販売は昨年を約30万... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2019/04/01 - 投資銀行は優良企業にIPO奨励

民間企業の新規株式公開(IPO)では、主幹事(アレンジャー)となる大手銀行は、株の発行条件の決定や参加金融機関の決定・依頼、株の募集・売出しなどを行う。 利益を出しやすいと言われているIPO投資を行う際には、主幹事に選ばれている金融機関に口座を作り、投資を行うことが重要となるために、投資銀行では、有望な民間企業に何年にもわたって新規株式公開(IPO)を奨励している。 特に投資銀行が新規株式公開(IPO)を奨励している企業として、ブラジル国内最大の医薬品メーカーで300種類以上の医薬品... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/04/01 - 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加

経済調査院(Fipe)の調査によると、今年1月の過去12カ月間のサンパウロ市内の不動産売買は、前年同期比11.8%増加の10万8071件の二桁台の伸び率を記録、今年の二桁台の伸び率が予想されている。 また今年1月の過去12カ月間のリオ市内の不動産売買は、前年同期比8.4%増加の4万6,261件、今年1月の過去12カ月間のサンパウロ市内の不動産売買は不動産取引件数全体18万1,495件の59.5%、リオ市内の不動産売買は不動産取引件数全体6万9,496件の66.6%を占めていた。 前記... [続きを読む]

カテゴリー: 建設・不動産



2019/04/01 - 2月の平均失業率は12.4%に上昇

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、2018年12月~2019年2月の平均月間失業率は、2018年9月~11月の前四半期から0.9%増加、前年同期の12.6%から0.2%減少している。 2018年12月~2019年2月の失業者総数は、前四半期比では7.3%に相当する89万2,000人増加の1,310万人、前記同様に労働者総数は1.1%相当の106万2,000人減少の9210万人、前年同期比では1.1%に相当する103万6,000人増加している。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/03/29 - RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札

今年1月1日に誕生したジャイール・ボルソナロ新政権で初めてとなる今月28日に実施された鉄道インフラ整備向けの1,537キロメートル区間の南北鉄道コンセッションは、COSANグループ傘下のRUMO社が最低入札価格の100.9%に相当する27億レアルで落札した。 区間距離が1537キロメートルの南北鉄道入札には、ヴァーレ社が最大の株主であるVLI社並びにRUMO社の2社が入札に参加したが、VLI社は20億6,500万レアルとRUMO社が提示した27億レアルを大幅に下回った。 27億レアル... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2019/03/29 - 今年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は7,500万トン減産予想

今年1月25日にヴァーレ社ミナス州都ベロ・オリゾンテ市近郊のブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故が発生、死者並びに行方不明者が300人以上に達している。ヴァーレ社の鉱滓用ダムの保全問題がクローズアップされていた。 更に2月初めのミナス州最大の鉄鉱石生産を誇るブルクツ鉱山のラランジェイラス鉱滓用ダムの操業許可停止などが相次いで、保全対策が等閑にされている鉱滓用ダムの不良が相次いで発覚して社会問題になっている。 昨日ヴァーレ社では、ミナス州内の数カ所の鉄鉱石鉱山の鉱滓用... [続きを読む]

カテゴリー: 鉱業



2019/03/28 - パウロ・ゲーデス氏は経済相に執着はしないが無責任には放棄しない

今月26日連邦政府の権限を抑制できる憲法修正案(PEC)は、下院議会で電撃的に採決が行われ圧倒的多数で承認されたために、連立与党議員の造反もあり与党の敗北となっていた。 昨日パウロ・ゲーデス経済相は、新社会保障改革に関する上院の公聴会に出席したが、「ボルソナロ大統領や国会議員が新社会保障改革を支持しないのであれば、私はいつでも経済相を辞任する覚悟であるが、しかし無責任には放棄しない」と強調した。 上院議会の経済問題担当委員会(CAE)で5時間に亘って議論したゲーデス経済相は、最大の敵... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/03/28 - 今年2月のクレジット残高は前月比0.3%増加の3兆2,410億レアル

中銀の発表によると、2019年2月のクレジット残高は政策誘導金利(Selic)が6.5%の低金利に留まる金融緩和政策の継続で、前月比0.3%増加の3兆2,410億レアルに達している。 今年2月の過去12カ月間のクレジット残高は、緩やかな経済回復傾向に伴って前年同期比5.5%増加、昨年2月の過去12カ月間のクレジット残高は、前年同期比5.0%を上回っている。 中銀は今日28日に四半期インフレレポートで今年のクレジット部門の予想を発表するが、今年のクレジット部門伸び率は、特に一般消費者や... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/03/28 - 昨年のヴァーレ社の純益は鉄鉱石価格とドル高で45%上昇

2018年の資源大手ヴァーレ社の純益は、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇並びにドル高の為替が追い風となって、前年比45%増加の256億レアルを記録している。 しかし今年1月25日にヴァーレ社所有のミナス州都ベロ・オリゾンテ市近郊のブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故が発生、死者並びに行方不明者が300人以上に達し、ヴァーレ社にとって4億8,000万レアルの資産減少のインパクトになると予想されている。 ヴァーレ社は、連邦裁判所から被害者への損害賠償や環境改善などの対応... [続きを読む]

カテゴリー: 鉱業



2019/03/27 - マナウスフリーゾーンの恩典税制比率が大幅に減少傾向

ブラジル連邦政府が、アマゾン奥地の開発を図るために1967年に設立したマナウスフリーゾーン(ZFM:Zona Franca de Manaus)では、家電並びに二輪、時計などの外資系工場の進出により、現在までブラジル経済の発展に大きく寄与している。 マナウスフリーゾーンは、特に南東部地域の製造業部門を誘致するために、魅力的な税制恩典政策を導入、2014年の憲法改正でその期限が2023年から50年間延長され、2073年までと定められた。 ZFMの税恩典は、連邦税として輸入税(II)、工... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/03/27 - 今年は3年連続で国内の消費拡大予想

国内総生産(GDP)の60%を占める今年の一般家庭の消費は、緩やかな国内経済の回復並びに非正規雇用の増加に伴って前年並みの増加が見込まれている。昨年の一般家庭の消費は、前年比1.9%増加であった。 中銀の最終フォーカスレポートによると、今年の一般家庭の消費は前年比2.0%増加を予想、しかし新社会保障改革の国会通過如何で、一般消費の流れが大きく左右される可能性がある。 ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)のルアナ・ミランダ調査員は、2017年並びに2018年... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/03/27 - ペトロブラスはディーゼル燃料価格政策の見直し

昨日ペトロブラス石油公社は、再度の国道封鎖ストライキを示唆しているトラック運転手に対して、石油製油所出荷のディーゼル燃料価格の15日間の凍結並びにトラック運転手カード発行を発表している。 昨年5月下旬から11日間継続したディーゼル燃料価格値下げ要請を発端とした、全国規模のトラック運転手の国道封鎖の抗議デモに続いて、今年初めの国際石油価格上昇に伴って石油精製所の15.6%値上げ、ガソリンポストの3.6%の値上げに対するディーゼル燃料価格値上げ反対デモに繋がった。 国際石油価格に連動する... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/03/26 - 今年2月の正規雇用は過去5年で最高

就労・失業者管理センター(Caged)の発表によると、2019年2月の労働手帳に記載される正規雇用は17万3,139人を記録、2014年2月の正規雇用総数26万人に次いで過去5年間では最高の正規雇用数を記録した。 ロジェリオ・マリーニョ社会保障・労働特別局長は、2019年の正規雇用は経済回復並びに一般消費者や企業経営者の景況感改善で、確実に増加すると楽観視している。 今年2月の正規雇用総数は145万3,000人に対して解雇総数は128万人、正規雇用残数は17万3,139人と市場予想の... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/03/26 - 今年初め2カ月間の経常収支は前年同期比7.9%縮小

2019年初め2カ月間の経常収支は、前年同期比7.9%減少の76億7,800万ドルを記録したが、中銀では今年3月の経常収支は20億ドルの黒字計上を見込んでおり、今年第1四半期の経常収支赤字は前年同期比37%縮小する可能性がある。 昨年末の中銀は、今年のGDP伸び率を2.4%増加と予想、今年の経常収支赤字を356億ドルと昨年の2倍の赤字を予想していたにも関わらず、国内経済の回復遅れで輸入減少に伴って、経常収支赤字は減少すると予想、経済省では今年のGDP伸び率を2.2%増加、金融市場では2.0... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/03/26 - ペトロブラスの今年の投資予算は547億レアル

ペトロブラス石油公社は、2019年度投資予算として石油・天然ガス開発部門を中心に547億1,100万レアルを計上するが、4月25日の経営審議会での承認待ちとなっている。 今年の投資予算総額547億1,100万レアルの80%に相当する437億8,800万レアルは、コア事業の石油・天然ガス開発並びに生産に充てられるが、残りの98億6,400万レアルは、石油製油所並びにバイオ燃料、石油・天然ガス配給部門に充てられる。 ペトロブラスでは海洋天然ガスパイプライン建設計画のルート3(Rota3)... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー