Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2017/04/07 - 年金・恩給改革法案の国会通過のため5項目で変更容認

今月5日のエスタード紙の20人のレポーターによるインタビュー形式の「年金改革プラカード」調査で、新年金改革法案に対して下院議員の251人が反対、僅かに95人が賛成していることが判明、連邦政府は急遽、新年金改革法案の修正案の検討を迫られていた。 エスタード紙の「年金改革プラカード」調査では、下院議員512人のうち77議員は不在で回答なし、54議員は回答拒否、35議員は未決定、1議員は棄権を表明。新年金改革法案を国会通過させるためには下院議員512人の2/3に相当する下院議員308人、上院議員... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/07 - 3月のポウパンサ預金引出は預金を50億レアル上回った

中銀の発表によると、2017年3月のポウパンサ預金の引出額は預金額を49億9,600万レアル上回り、2月の16億7,000万レアルの約3倍の引出残高を記録、今年1月から3カ月連続で引出額が預金額を上回っている。 勤続期間保障基金(FGTS)に積み立てられた凍結預金の引出が3月10日から開始されたが、大半が負債返済に充てられたために、3月のポウパンサ預金への影響は殆ど見られない。 今年初め3か月間の引出残高は、174億200万レアルに達したものの昨年同期の240億5,000万レアルを下... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/04/07 - 今年第1四半期の自動車生産は24%増加

今年第1四半期の自動車生産は、アルゼンチン向け自動車輸出が好調に推移して前年同月比24%増加の60万9,800台を記録していると全国自動車工業会(Anfavea)のアントニオ・メガレ会長は説明している。 今年3月の自動車生産は、23万4,700台を記録して過去2年間の月間記録を更新したにも関わらず、バスやトラックを含む自動車メーカーの設備稼働率は50%減少、トラック生産の稼働率は70%減少している。 3月の自動車生産は3カ月連続で前年同月比で増加しているにも関わらず、3月の過去12カ... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2017/04/06 - 年金・恩給改革案の国会での承認は試算の業

ミッシェル・テーメル大統領は、累積赤字が天文学的な数字に達する社会保障院(INSS)の赤字解消並びにブラジルの持続的経済成長を図るために、構造改革の旗手的存在である年金・恩給改革の早急な実施を余儀なくされている。 テーメル大統領並びに与党は、新年金改革法案を国会通過させるためには下院議員512人の2/3に相当する下院議員308人、上院議員49人の賛成票が必要となっている。 エスタード紙の20人のレポーターによるインタビュー形式の「年金改革プラカード」調査によると、新年金改革法案に対し... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/06 - 新レパトリアソン法による臨時歳入は150億レアルに達するか

2014 年12 月31 日までにブラジル居住者で海外に保有していた資産に対して、適用される2016年1月14日公布の法律13.254号/2016の為替及び税務規制特別制度(RERCT)は、レパトリアソン法と呼ばれている。 国外にある未申告の不正資産を申告し、政府に罰金と所得税を支払った人に恩赦を与え、合法化する法律13.254号/2016によるレパトリアソン法による15%の所得税並びに15%の罰金による国庫庁の臨時歳入は、460億レアルに達していた。 法律13.254号/2016に... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/05 - 2月の鉱工業生産伸び率は僅かに0.1%増加に留まる

ブラジル地理統計院(IBGE)の鉱工業部門生産調査(PIM)によると、今年2月の鉱工業生産は前月比僅かに0.1%増加に留まり、Valor Data対象の22エコノミストの平均伸び率予想の0.5%を大幅に下回っており、今後の鉱工業生産の回復は緩やかな曲線を描くと予想されている。 しかし今年1月の鉱工業生産は、前年同月比1.4%増加して2014年3月以来34カ月間連続の生産減少から一転して増加に転じていたものの、2月の鉱工業生産は前年同月比マイナス0.8%を記録している。 2月の鉱工業生... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/05 - 輸出業者は為替カルテル関連銀行に対して700億レアルの賠償金請求か

ブラジルの輸出業者が加入するブラジル貿易会(AEB)では、2007年~2013年にかけて商業銀行が為替カルテルを形成したために、輸出業者の為替損益が700億レアルに達していると日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)に訴えている。 ブラジル貿易会(AEB)のロベルト・ジアネッテ・フォンセッカ副会長は、輸出業者はドルの為替に対するレアル通貨での支払いで、1ドル当たり20センターボスの損害を被っていると指摘している。 2007年~2013年にかけての8年間の輸出業者の... [続きを読む]

カテゴリー: 貿易



2017/04/05 - 不動産業界関係者は業界の回復兆しを強調

昨年末から継続するインフレ指数並びに政策誘導金利(Selic)の引下げサイクル入り、テーメル大統領による経済成長加速プログラム(PAC)の大衆住宅建設プログラム“私の家、私の暮らし” による大衆住宅60万戸の建設発表などの要因で、不動産業界関係者は、今年の不動産業界は、回復基調に突入すると強調している。 昨日、「2017年不動産サミット」に参加した連邦貯蓄金庫のジルベルト・オチ総裁は、今年の連邦貯蓄金庫による不動産向けクレジットは拡大すると強調、今年初め2カ月間の住... [続きを読む]

カテゴリー: 建設・不動産



2017/04/04 - 3月の貿易収支は71億4,000万ドルの黒字で記録更新

ブラジル商工サービス省(MDIC)の発表によると、3月の貿易収支は、『Operação Carne Fraca』(規格外混入食肉作戦)で発覚した食肉偽造事件にも関わらず、鉄鉱石や原油の国際コモディティ価格上昇が牽引して71億4,000万ドルの黒字を計上、1989年から統計を取り始めて以来の黒字記録を更新している。 3月の輸出総額は前年同月比20.1%増加の200億8,500万ドル、輸入総額は僅かに7.1%増加の129億4,000万ドル、今年初め3か月間の輸出総額... [続きを読む]

カテゴリー: 貿易



2017/04/04 - 女性の年金受給開始年齢は継続して男性以下か

ミッシェル・テーメル大統領は、累積赤字が天文学的な数字に達する社会保障院(INSS)の赤字解消のために、早急な年金・恩給改革草案を果敢に進めているが、男女とも最低受給年齢65歳では国会通過が不可能と予想されている。 社会自由党(PSL) のダミナ・ペレイラ下院議員は、年金受給年齢が男女とも65歳であれば女性のサラリーも男性と同等でなければならないと反対しており、連立与党の55下院議員のうち42議員が男女とも最低受給年齢65歳に反対している。 連邦政府では、年金・恩給改革案の男女とも最... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/04 - 3月の新車販売は法人向けが好調で26カ月ぶりの増加に転じた

全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の発表によると、3月のバスやトラックを含む新車登録台数(販売)は、前年同月比5.5%増加の18万9,100台を記録して26カ月ぶりに前年同月比を上回った。 3月の新車販売は、前月比では営業日数が5日間増加したため39.4%と大幅増加、また法人向けのレンタカー販売や今年の穀物生産が記録更新予想の農業従事者向け農業機械やトラック販売が好調に推移、今年初め3か月間の新車販売は前年同期比1.9%減少の47万2,000台に留まっている。 3月の個人向... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2017/04/03 - 景気低迷による失業者が1,350万人突破

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、今年2月締め四半期の平均失業率は、13.2%に相当する1,354万7,000人に達して統計を取り始めた2012年以降では最高の失業率を記録している。 1年前の2016年2月締め四半期の平均失業率10.2%から3.0%も上昇、3年前の2014年2月の失業者総数は662万3,000人であったが、僅か3年間で692万4,000人増加している。 特に雇用数が非常に大きな鉱工業部門並びに建設業部門での失業者が大幅に拡大し... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/03 - 3月31日テーメル大統領が労働者派遣法案にサイン

3月22日、下院議会では、1998年以来過去19年間議論されてきた労働者派遣法案(アウトソーシング)の職種制限規制の緩和法案を賛成231票、反対188票、棄権8票で可決され、3月31日にミッシェル・テーメル大統領が労働者派遣法案にサインした。 以前の労働者派遣法では、警備員や清掃婦などの単純労働しか認められていなかったが、今回のテーメル大統領による労働者派遣法修正案の裁可で、民間企業の高度な職種やコア事業にも派遣社員を雇用することが可能となる。 期間限定の派遣労働者の契約期間は原則1... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/03 - 州政府公務員の51%はすでに特別年金受給資格を保有

教員や軍警察、文民警察などの州政府公務員の51%は、すでに特別年金受給資格を保有しており、州政府公務員の年金・恩給による支出が各州政府の財政を圧迫している。 州政府公務員の中で特別年金受給資格を擁している職業別比較では、教育機関に携わる教職員は31%を占めており、軍警察官は15%、文民警察官は5.0%それぞれ占めており、州政府公務員280万人の51%がすでに年金受給資格を擁しており、連邦政府の年金改革から切り離された各州政府の新年金法案次第で、年金入りの職員が殺到する可能性がある。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/03/31 - 2月の財政プライマリー収支赤字は262億レアルで記録更新

2月の中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府の財政プライマリー収支は263億レアルの赤字を計上、2月の財政プライマリー収支赤字として記録を更新している。 今年の中央政府の財政プライマリー収支赤字を許容上限値1,390億レアルまでに抑えるためには、421億レアルの歳出削減を達成しなければならないと国庫庁のアナ・パウラ・ヴェスコヴィ長官は強調している。 ブラジルの経済成長を促進するためには海外投資家の信頼回復による投資獲得のために、財政プライマリー収支の目標達成は、... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/03/31 - 1月の小売販売は予想を下回るマイナス0.7%

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売調査(PMC)によると、今年1月の自動車や建材を含まない小売販売は前月比マイナス0.7%を記録、調査対象の24金融機関の平均予想マイナス0.4%を下回って依然として低迷している。 しかし前記同様に自動車や建材を含む広範囲小売販売もマイナス0.2%を記録して、今年第1四半期の国内総生産(GDP)伸び率は下方修正を余儀なくされると予想されている。 多くのエコノミストは、インフレ指数(Selic)の低下傾向並びに政策誘導金利(Selic)の切下げサイ... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2017/03/31 - 世界5位の証券取引所B3がブラジルに誕生

日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)並びに有価証券取引委員会(CVM)は、サンパウロ証券取引所(BM&FBovespa)と証債権取引決済・保管センター(Cetip)の合併を承認、合併後の企業名はB3と命名されている。 合併後の企業名B3社の時価総額は、130億ドルに達して世界5位の証券取引所が誕生、合併プロセス期間として12か月~18カ月が見込まれているが、合併による3年後のシナジー効果は1億レアルに達すると予想されている。 B3社では、4月末まで30... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/03/30 - 今年の財政プライマリー収支目標達成のため421億レアルの減税政策見直し

昨日連邦政府は、今年の財政プライマリー収支赤字を目標の1,390億レアル以内に収めるため582億レアルの財政削減を余儀なくされており、すでに予算取りされている今年の予算枠のうち421億レアルの歳出削減並びに161億レアルに相当する歳入増加を発表した。 今年の161億レアルの歳入増加には、4カ所の水力発電所の返却による101億レアル、社会保障院(INSS)関連の減税政策の見直しによる48億レアル、金融取引税(IOF)見直しによる12億レアルの連邦政府への歳入増加が見込まれている。 連邦... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/03/30 - コンソーシアムRiogaleãoは40億レアルを前払い

リオ市ガレオン国際空港の民営化コンセッション入札で、運営権を獲得していたコンソーシアムRiogaleãoは、支払いが遅れていた2016年度並びに2017年度の支払い、また2018年度並びに2019年度の前払いを合わせた約40億レアルを支払う。 今回のコンソーシアムRiogaleãoの40億レアルの長期契約金の前払いは、中国資本HNA社がラヴァ・ジャット作戦汚職関連問題で捜査を受けているオデブレヒト・トランスポルテ社の権益を引き受けたために可能となった。 コ... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/03/30 - 今年初め2カ月間の段ボール箱販売は4.23%増加

景気動向のバロメーターとなる今年初め2カ月間の段ボール箱販売は、前年同期比4.23%増加の52万3,886トンを記録して2013年の水準まで回復しているものの、未だに景気回復基調には届いていない。 今年2月の段ボール箱販売は、前年同月比3.06%増加の25万2,314トンを記録した一方で前月比では0.46%減少、ブラジル段ボール協会(ABPO)では今年の段ボール箱販売は、前年比1.5%~2.0%増加に留まると予想している。 今年初め2カ月間の段ボール箱販売は、前年同期比4.23%増加... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー