Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2016/08/31 - ペトロブラスは資金調達で中国詣開始

ペトロブラス石油公社は、今週金曜日に中国上海で中国エキシンバンクと10億ドルのファイナンスで調印が予定されている。このファイナンスは中国企業による石油・天然ガス開発向け装置並びに関連サービス供給向けとなっている。 中国が議長国となる2016年度の主要20カ国・地域(G20)首脳会議は、9月4日及び5日に浙江省杭州で開催予定、中国の習近平国家主席は、今後の両国関係強化でミッシェル・テーメル新大統領と個別会談が予定されている。 2014年に当時のミッシェル・テーメル副大統領は、北京で中国... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2016/08/31 - 7月の失業率は11.6%に達する

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、今年5月~7月の3か月間の平均失業率は11.6%に達し、1,184万7,000人が失業中となっている。 また7月までの3か月間のサラリーマンのインフレ指数を差し引いた実質賃金は前年同期比4.0%減少、失業率の増加に伴って労働手帳に登録されない非正規労働者が増加してきている。 7月までの3か月間の自営業者は前年同期比では52万7,000人増加、非正規サラリーマンは9万5,000人増加、ハウスキーパーは12万6,0... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/30 - 今年の小売部門の雇用は23万人減少予想

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2016/08/30 - テーメル新政権では柔軟な労働法改正を模索

今年はすでに労働手帳に契約が記載される正規労働者の雇用は、62万3,000人減少してブラジル全国の失業者総数は1,160万人に達しており、早急な雇用増加を促す労働法の改正が急務となっている。 テーメル暫定政権では雇用促進するための柔軟な労働法の改正を模索しており、随時契約や臨時契約を促す労働法の改正を検討しているが、労働者の権利維持は継続する。 週労働時間44時間を大幅に下回る労働時間にも関わらず、13か月目のサラリー支給は労働時間に見合った権利確保、臨時雇用契約でも既得権利は維持さ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/30 - 製造業部門の企業経営者の景況感指数は足踏み状態

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の企業経営者対象の景況感調査によると、8月の小売業・サービス業・製造業部門の企業経営者の平均景況感は前月比2.4ポイント上昇している。 また8月のサービス部門の企業経営者の景況感は前月比2.8ポイント増加、小売部門も7.2ポイント増加した一方で、製造業部門の企業経営者の景況感は、前月比1.0ポイント減少して前月までの5カ月連続の上昇から一転して減少に転じている。 製造業部門では1年前からの在庫調整終焉や景気の底からの回復... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/29 - ハイテク分野生産回復がミドテク分野を先行

産業開発研究所(Iedi)の調査によると、第2四半期の鉱工業部門生産の技術別セクターでは、技術力の高いハイテクセクターの生産回復がローテクセクターの回復を上回る傾向となっている。 今年第2四半期末の医薬品セクターや宇宙工学セクターを含むハイテク工業部門生産は、前年同期比マイナス5.9%と今年初めのマイナス20%の落込みから大幅に回復している。 今年第2四半期末の自動車セクターや機械・装置セクターを含むミドテクセクターの生産はマイナス7.9%と今年初めのマイナス20%の落込みから回復し... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/29 - 第2四半期は景気の底を打ったか

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の分野別GDP伸び率調査によると、第2四半期の調査対象の10部門別GDP伸び率では7部門で回復傾向となっている。 第2四半期で最もGDP伸び率が高かったのは繊維・履物セクターで前四半期比2.4%増加、続いて化学製品セクターは在庫減少の影響で1.3%増加、自動車セクターは0.9%増加している。 しかし第2四半期の建設業セクター並びに金属セクターのGDP伸び率は前四半期比ゼロに留まったが、経済リセッション並びに国際コモディテ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/29 - 連邦政府の債務残高増加比率はギリシャ並みか

2013年のブラジルの連邦政府の債務残高はGDP比60.4%であったが、2年後の2015年の債務残高はGDP比73.7%と20%以上増加、ギリシャの2007年から2009年にかけての債務残高増加率に匹敵する伸び率を記録している。 2007年のギリシャの債務残高はGDP比102.8%であったが、2年後の2009年の債務残高はGDP比126.2%と20%以上増加して、その後も急速に債務残高が増え続けて、ギリシャのデフォルト(債務不履行)やユーロ離脱危機に発展した経緯があった。 しかし国際... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2016/08/26 - 経済リセッションはブラジル人の消費習慣を変える

全国工業連合(CNI)による一般消費者調査によると、経済リセッションによる失業率増加、実質賃金減少、高止まりするインフレや購買力低下などの要因で、一般消費者の消費習慣に変化が出始めていることが判明している。 調査対象の一般消費者の動向として、負債削減のために耐久消費財を処分した比率は調査対象の24%に達しており、また19%は賃貸料の安いレンタルハウスに引越しをしている。 また調査対象の48%は自家用車使用から公共バスへの利用に切替、34%は健康保険プラン解約、14%は子供の教育機関を... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2016/08/26 - 社会経済開発銀行は破産企業の買収向け特別クレジット枠に50億レアル

停職処分中のジウマ大統領弾劾裁判が上院議会で開始された昨日25日に、破産回避のために法的債務処理の会社再生手続き申請を行っている企業買収向け特別クレジット枠50億レアルを社会経済開発銀行(BNDES)のマリア・シルヴィア・バストス・マルケス新総裁は発表した。 また社会経済開発銀行はこの破産企業の買収向け特別クレジット50億レアル以外にも、中小企業向け運転資金向けクレジット枠40億レアル追加を発表しているにも関わらず、民間銀行はリスクの非常高いこの種のクレジットは行わない。 ブラジルで... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2016/08/26 - 7月の正規雇用の失業者総数は9万4,724人

就労・失業者管理センター(Caged)の7月の労働手帳に記載される正規雇用調査では、長引く経済リセッション並びにジウマ大統領罷免問題などの政治混乱の影響を受けて、7月の正規雇用の失業者総数は9万4,724人を記録している。 しかし7月の正規雇用の失業者総数9万4,724人は、前年同月の15万7,900人との比較では大幅に減少しているにも関わらず、16カ月連続で減少して、未だに経済回復傾向基調にはなっていない。 今年初め7か月間の正規雇用の失業者総数は62万3,500人に達しているが、... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/25 - 8月の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は0.45% 増加に留まる

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、7月16 日から8月15 日の30 日間の8月の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は、0.45%増加に留まったにも関わらず、8月のIPCA-15指数としては、2004年以降で最高のインフレ指数を記録している。 8月のIPCA-15指数0.45%上昇の44%相当は食料品値上げが要因となっており、特に長期保存可能な牛乳パック製品は、前月の15.5%値上げに次いで12.3%増加している。 来週8月30日及び31日、中銀では通貨政策委員会(C... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/24 - レアル高の為替で外資系企業の本国への送金増加

ブラジルで事業を展開している多国籍企業は、レアル通貨に対するドル安の為替傾向となっているため、7月の本国への利益・配当金送金は前年同月の3倍に相当する16億3,900万ドルを記録している。 また8月初め3週間の外資系企業による償還期間が2021年の確定金利付きのブラジル国債などの国債売却による本国への送金は、21億1,700万ドルに達して前年同月の3億2,800万ドルの6倍以上の送金を記録している。 7月の海外投資家による対内直接投資残高は、ブラジル資本のブラデスコ銀行による外資系銀... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2016/08/24 - ミシェル・テーメル暫定政権は外国人への耕作地所有を再検討

2000年以降にサトウキビエタノール部門への進出を狙う多国籍企業や日本、アルゼンチン、韓国、米国などの投資家が農耕地を求めてブラジルに殺到、中国の大手穀物グループも、ブラジル北西部で大豆を生産するための大規模農地取得する計画などを発表していた。 1971年の法令5709号で外国人によるブラジル国内の農耕地の所有は禁止されていたにも関わらず、形骸化していたため2010年に連邦政府が外国人による自由な土地購入に対する制限強化、ブラジルに本拠を置く企業を設立することで既存の制限をかいくぐる抜け道... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2016/08/23 - 労働者党の市長候補は前回比47.8%減少

昨日、選挙高等裁判所(TSE)は今年の地方統一選挙の立候補者リストを公示したが、2003年からルーラ大統領、ジウマ大統領を輩出しているPT(労働者党)の市長への立候補は、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題を引き金に支持下落に伴って大幅に減少してPT党の地盤沈下が顕著となっている。 今回の地方統一選挙ではPT党からの市長への立候補者総数は前回比47.8%減少の992人に留まっており、前回の1,901人の立候補者から半減、また市長並びに副市長、市会議員への立候補者総数は47.2%減少の2万3,599... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/23 - 景気回復予想で電力料金上昇傾向

電力エネルギー供給会社では、経済リセッションからの脱出に伴って2018年以降の電力需要が大幅に上昇すると予想、特に製造業部門を中心とした法人向け電力料金値上げが期待されている。 AES Brasil社のジュリアン・ネブレダ社長は、2018年以降の先物長期契約の法人向け電力料金は140レアル/MWh~170レアル/MWhに上昇すると見込んでおり、年初予想の120レアル/MWh~150レアル/MWhを大幅に上回る。 またCopel電力では2017年の一般向け電力料金は160レアル/MWh... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2016/08/23 - トップ5は今年のインフレ指数を7.51%に上方修正

昨日の中銀最終フォーカスレポートでは、レポート作成の協力金融機関の中でも的中率が最も高いトップ5銀行は、今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)が食料品・飲料品価格が上昇傾向を続けている要因で、前回予想の7.41%から7.51%に上方修正している。 今年のIPCA指数予想が7.51%に達したのは、ジウマ・ロウセフ大統領が180日間の停職処分を言い渡される前の3月17日のフォーカスレポート以降では最高のインフレ指数に逆戻りしている。 また的中率が最も高いトップ5銀行では、今... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/08/22 - チリはサーモン生産規制を導入か

世界のサーモン生産の30%を担うチリでは、2017年から生産拡大による価格下落を防いで価格安定化のため生産規制導入を実施するとチリサーモン工業協会のフェリッペ・マンテローラ ジェネラルマネージャーは説明している。 過去2年間エルニーニョの影響で南太平洋の海水温度が上昇して紫外線が強くなり、夏が長く続いた影響でチリ沿岸では、赤潮が大発生してサーモン生産が大きな影響を受けている。 2014年のチリのサーモン生産は95万5,100トンであったにも関わらず、2015年は赤潮発生の影響で83万... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2016/08/22 - 7月の粗鋼生産は増加するも消費は減少に転じる

7月のブラジル国内の鉄鋼生産並びに鉄鋼製品輸入は増加に転じたにも関わらず、鉄鋼製品需要は前年同月比11.6%減少、また前月比でも5.2%減少しているとブラジル鉄鋼院(IABr)では発表している。 今年5月ならびに6月の国内の鉄鋼製品需要は増加しており、今年のブラジル国内の鉄鋼製品需要は12月まで月間消費が150万トン~160万トンで推移すれば1,820万トンに達すると鉄鋼院では予想している。 ブラジルの3大鉄鋼メーカーであるナショナル製鉄所並びにゲルダウ社、ウジミナス社の第2四半期の... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2016/08/18 - 今年のレアル通貨は米国ドルに対して世界で最も上昇

国際決済銀行(Bank for International Settlements、BIS)の発表によると、今年のブラジル通貨のレアルは、米国ドルに対して23.3%と最も上昇した通貨となっている。 また7月のドルに対するレアル通貨は6.2%上昇して南アフリカランドの6.8%に次ぐ上昇率を記録、チリペソの上昇率は3.9%、ロシアルーブルは3.1%、オーストラリアドルは2.4%、インドルピア並びにコロンビアペソは1.2%それぞれ上昇、しかしアルゼンチンペソは対ドルで4.7%下落している。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー