Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2017/11/30 - 今年10 月の連邦政府の対内公的債務残高はGDP比74.4%

2017年10 月の中央政府並びに地方政府(州・市)を合わせた連邦政府の名目対内公的債務残高は、GDP比74.4%に相当する4兆8,370億レアルに達し、昨年12月末のGDP比69.9%に相当する4兆3,780億レアルから10.5%と二桁台の増加を記録している。 しかし今年はインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の低下並びに中銀による政策誘導金利 (Selic)の大幅な引き下げ、レアル通貨に対するドルの為替の変動で、連邦政府の名目対内公的債務残高に対する利払いのGDP比率... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/30 - 今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.3%増加予想

Valor Data社の26金融機関対象の国内総生産(GDP)伸び率調査によると、2017年第3四半期のGDP伸び率は、一般消費部門並びに投資部門が牽引して前四半期比0.3%増加を予想している。 今年第3四半期のGDP伸び率は前年同期比1.3%増加、今年第2四半期のGDP伸び率は前四半期比0.2%増加、前年同期比0.3%増加して経済リセッションから経済回復サイクルに突入している。 2017年第3四半期のセクター別GDP伸び率比較では、一般消費が0.3%増加、第2四半期の一般消費は、勤... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/29 - 中国資本CCCC社はブラジル国内の鉄道網買収に照準

年間の売上が600億ドルで中国最大の国際工事請負業者である中国資本の中交交通建設(CCCC)は、港湾並びに埠頭、航路、自動車道路、橋梁、鉄道、トンネルなど交通インフラ建設を事業の柱としており、ブラジルのインフラ整備事業にすでに進出している。 交交通建設(CCCC)は、2016年11月にブラジルのゼネコン企業Concremat Engenharia社の80%の株式を3億5,000万レアルで取得、またWTorre社傘下のマラニョン州サンルイス港湾での多角的ターミナル建設も手掛けている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/11/29 - 10月の中央政府の財政プライマリー収支は52億レアルの黒字計上

中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府の2017年10月の財政プライマリー収支は、レパトリアソン法による450億レアルに達する臨時歳入を計上した前年同月比87.6%減少の51億9,100万レアルの黒字を計上している。 今年初め10カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は、1,032億4,300万レアルの赤字を計上しているにも関わらず、今年11月並びに12月はコンセッション入札などによる臨時歳入の経常で大幅に改善すると予想されている。 連邦公務員の給与調整先送りに... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/29 - 2008年~2017年の新築住宅販売リリース軒数は630万軒

ブラジル不動産・建設業者組合(Abrainc)並びに不動産価格動向を取り扱う「FipeZap」社の共同調査によると、2008年~2017年8月までの住宅並びに商業施設向け新築住宅販売リリース軒数は、630万軒に達していると発表している。 2008年~2017年8月までの新築住宅販売リリース軒数の77.8%は、ジウマ政権から開始された経済成長加速プログラム(PAC)の大衆住宅建設“私の家、私の暮らし”プログラム向けの住宅であった。 77.8%を占めた経済成長加速... [続きを読む]

カテゴリー: 建設・不動産



2017/11/28 - 投資パートナーシッププログラム(PPI)輸送部門入札が大幅に遅れている

ミッシェル・テーメル大統領は、2016年9月にジウマ元大統領の経済成長加速プログラム(PAC)に替わるインフラ事業の更なる民営化を目的とした投資パートナーシッププログラム(PPI-Programa de Parcerias de Investimentos)を発表して、2017年の大幅な民営化プログラムを約束していた。 しかし継続する経済リセッションや今年5月にテーメル大統領の進退問題の発端となっているJBS社共同経営者のジョエズレイ・バチスタ氏が盗聴した汚職問題テープ発覚の影響で、インフ... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/11/28 - 新興国のティッシュ需要は所得や生活向上に伴って拡大

先進諸国では、タブレットPCやスマホの普及によるデジタルメディア拡大に反比例して印刷用紙需要が減少、今年のヨーロッパ連合のプリント用紙販売は前年比3.6%減少、2018年は2.5%減少が予想されている。 また前記同様に米国の今年のプリント用紙販売は前年比3.5%減少、2018年は1.5%減少予想している一方で、先進諸国のトイレットペーパーや食卓用ナプキン、ティッシュペーパーの需要は年間1.0%~2.0%拡大している。 トイレットペーパーや食卓用ナプキン、ティッシュペーパーの原材料は南... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2017/11/28 - EUはメルコスールとのFTA交渉で10万トン砂糖の輸入拡大提示

今年9月のヨーロッパ連合の非公式会合では、メルコスールに対して年間7万トンの食肉並びに60万トンのエタノールの輸入関税撤廃を提示したにも関わらず、メルコスールにとっては、到底受け入れられない非輸入関税枠となっている。 しかしヨーロッパ連合は、メルコスール域内のブラジル並びにアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイから年間10万トンの砂糖の輸入枠設定を準備しているにも関わらず、1トン当たり98ユーロの輸入関税をかける。 メルコスールからの砂糖輸出に対する1トン当たり98ユーロの輸入関税は、... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/27 - 今後4年間のブラジル国内の投資の70%はペトロブラス並びにヴェーレ

2018年~2021年の今後4年間のブラジル国内の大型投資プロジェクト総額は、3,670億レアルが見込まれているが、そのうちペトロブラス石油公社の投資総額は2,000億レアル、世界最大の鉄鉱石輸出を誇るヴェーレ社の投資総額は、440億レアルで両社の投資総額は70%を占める。 ペトロブラス並びにヴァーレ社による今後4年間の投資総額の76%は、リオ州並びにパラー州、サンパウロ州、エスピリット・サント州の4州が占めるが、リオ州向け投資の83%は石油・天然ガス開発プロジェクト、パラー州向け投資の8... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/11/27 - Selic金利に反比例して銀行金利上昇

昨年10月から継続している中銀の通貨政策委員会(Copom)による政策誘導金利 (Selic)は9回連続で引き下げられているにも関わらず、商業銀行のクレジット金利は上昇している。 今年10月の一般的に銀行金利でも特別に金利が高いクレジットカードの口座借越残クレジット金利は、9月の399.4%から413.8%に上昇したが、2年前のクレジットカードの口座借越残クレジット金利は700%に達していた。 今年10月のSelic金利は7.5%まで減少しているにも関わらず、10月の商業銀... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/11/24 - 今年第3四半期の中規模銀行の平均純益は41%増加

サンパウロ証券取引所(BM&FBovespa)と証債権取引決済・保管センター(Cetip)が合併して設立されたB3社に上場している中規模銀行6社の今年第3四半期の平均純益は、前年同期比41.0%と大幅に増加している。 中規模銀行6社の第3四半期の純益総額は、前年同期比41.0%増加の4億1,590万レアル、唯一Pine銀行の今年第3四半期の純益は、マイナス2億4,400万レアルを記録している。 調査対象のABC Brasil銀行の第3四半期の純益は、前年同期の1億280万レア... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/11/24 - 今年10月の経常収支は、10月としては過去10年間で最小の赤字計上

中銀の発表によると、2017年10月の経常収支は、最終週の輸出増加が寄与して前年同月比では90%減少の3億4,300万ドルの赤字に留まって、10月の月間経常収支では2007年以降で最低の赤字幅に留まっている。 10月の経常収支赤字が3億4,300万ドルに留まった要因として、経済リセッションからの緩やかなカーブを描いた国内経済回復による輸出拡大や対内直接投資の増加、サービス収支赤字の減少が挙げられる。 今年10月の貿易収支は、黒字が37%増加して前年同月比132%増加の49億ドルの黒字... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/23 - 今年初め10か月間のBNDES銀行のクレジットは2003年以降では最低

今年初め10か月間の社会経済開発銀行(BNDES)のクレジット総額は、前年同期比20%減少の551億レアルに留まって、過去14年間では最大のクレジットの落込みを記録している。 また今年初め10か月間の社会経済開発銀行(BNDES)のクレジット申請は、前年同期比14.0%減少の815億5,000万レアルに留まって、2003年の806億レアル以来では最低を記録している。 今年初め10か月間のBNDES銀行のクレジット減少が顕著なのは、製造業部門向けクレジットは、前年同期比49%減少の12... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/11/23 - 今年9月のサンパウロ市の新規住宅在庫が21.5%減少

不動産業界企業が加盟するサンパウロ不動産関連業者組合(Secovi-SP)の発表によると、昨年10月から継続している中銀の通貨政策委員会(Copom)による政策誘導金利 (Selic)引下に伴って、新規住宅販売増加に反比例して新規住宅在庫が減少してきている。 今年9月のサンパウロ市内の築3年以内の新規住宅在庫は1万9,200軒まで減少、前年同月の新規住宅在庫2万4,400軒との比較では、21.5%減少して今年5月から新規住宅在庫減少が継続している。 ブラジル資産調査会社(E... [続きを読む]

カテゴリー: 建設・不動産



2017/11/23 - ペトロブラスはBR DistribuidoraのIPOで75億レアル調達か

ペトロブラス石油公社は、グループ傘下BR Distribuidora社の新規株式公開(IPO)のためにロードショーを開始、IPOの主幹事銀行は、BofA 並びにBB Investimentos、 Citi、 HSBC、 Morgan Stanley、サンタンデール銀行、ブラジル民間大手銀行のイタウー銀行などとなっている。 BR Distribuidora社の新規株式公開(IPO)デの1株当たりの株価は15レアル~19レアルが予想されており、ペトロブラスは、最大で33.75%の持ち株維持で7... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/11/22 - 世銀はブラジル政府の補助金制度や減税制度見直しを指摘

世界銀行は、2015年に新たに就任したジョアキン・レヴィ財務相に連邦政府の補助金制度や減税政策見直しによる経済成長率の目標達成の可能性を示唆、これには公務員のサラリー凍結や公立大学の学費免除の見直しなどが含まれていた。 世銀では、補助金制度や減税制度見直しで連邦政府による支出削減はGDP比8.36% まで可能であると見込んでおり、連邦政府による支出削減はGDP比4.74%、減税政策の見直しでGDP比2.33%、地方政府(州政府・市役所)による支出削減はGDP比1.29%まで可能と見込んでい... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/22 - ラヴァ・ジャット汚職問題関与で制裁を受けたゼネコンがチャンス要請

2014年3月に発覚した連邦警察のペトロブラス石油公社関連ラヴァ・ジャット作戦汚職問題などで、大手ゼネコン企業幹部の逮捕が相次いで企業イメージが悪化、連邦政府によるインフラコンセッション入札参加が禁止されている影響で、ゼネコン各社の資金調達が困難を極めており、ゼネコン企業の淘汰が進んでいる。 社会経済開発銀行(BNDES)は、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題関連のゼネコン大手企業のインフラ整備事業融資の不渡りを避けるために全面的に凍結、また米国格付け会社によるゼネコン企業の格下げ、株価の大幅下... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/11/21 - 改正労働法施行後の労働訴訟案件は90%以上減少

11月11日からの改正労働法施行後1週間の1日当たりの南大河州の労働訴訟案件は、施行前1週間と比較すると90%以上減少していると上級労働裁判所判事協会(Anamatra)のギリェルメ・フェリシアーノ会長は説明している。 新たな改正労働法では、労働訴訟費用負担に関して、労働訴訟で敗訴した側が勝訴側の弁護士費用負担するように変更されたために、労働訴訟案件が大幅に減少していると見込まれている。 改正労働法施行前の1週間の1日当たりの南大河州の労働訴訟案件は2,613件であったが、改正労働法... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/11/21 - 製造業界の2/3は海外での公共入札参加要請

ブラジルの多国間との経済連携協定(EPA)や二国間との自由貿易協定(FTA)は、南米南部共同市場(メルコスール)だけに留まっており、ブラジル全国工業連盟(CNI)の調査では、製造業界の2/3は、海外での公共投資の入札参加を要請している。 ブラジル全国工業連盟(CNI)の海外での公共入札参加調査では、国・省庁・地方自治体等の官公庁が入札情報を公示して参加者を募り、希望者同士が競争をして契約者を決める一般競争入札への参加希望は全体の76.1%に達している。 しかしブラジル企業が海外での公... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/11/21 - 今年第3四半期の経済活動指数(IBC-Br)は0.58%増加

四半期ごとの正式な国内総生産(GDP)は、ブラジル地理統計院(IBGE)から発表されるが、中銀では毎月IGBEのGDP伸び率の発表前に、先行指標として経済活動指数(IBC-Br)を発表している。 2017年第3四半期の経済活動指数(IBC-Br)は、前四半期比0.58%増加を記録している。 今年第3四半期のIBC-Br指数は、前四半期比0.58%増加して3四半期連続で増加して2013年以降では初めての記録、今年9月のIBC-Br指数は前月比0.40%増加したが、8月のIBC-Br指数は前月... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策