Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2016/10/04 - 9月の貿易収支黒字は過去10年間で最高

開発商工省(MDIC)の発表によると、9月の貿易収支黒字は、38億ドルを記録して9月としては過去10年間で最高の黒字を計上、9月の輸出総額は158億ドル、輸入総額は119億8,700万ドル。 また9月の1日平均当たりの輸出額は前年同月比2.2%減少の7億5,190万ドル、輸入額は9.2%減少の5億7,080万ドル、9月の輸出製品の平均価格は前年同月比2.3%減少、輸出量は4.5%減少している。 今年初め9カ月間の輸出製品の平均価格は、前年同期比10.5%減少した一方で輸出量は6.1%... [続きを読む]

カテゴリー: 貿易



2016/10/04 - 連邦議員の平均年金受給額は民間年金平均受給額の7.5倍

連邦政府は元下院議員並びに元上院議員の年金受給者1,170人に対して年間1億6,400万レアルを支出、この金額は民間企業による平均年金受給額1,862レアルの6,780人分に相当、連邦議員の平均年金受給額は、民間年金平均受給額の7.5倍に達している。 元下院議員並びに元上院議員の平均年金受給額は1万4,100レアル、民間企業による年金最高受給額は5,189.82レアルに対して、議員の年金最高受給額は3万3,763レアルと非常の大きな差がある。 構造改革の旗手的な役割を担う年金・恩給改... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/10/04 - 10月の通貨政策委員会で政策誘導金利 を0.25%切下げ予想

昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、10月18日及び19日に開催される中銀の通貨政策委員会(Copom)での政策誘導金利 (Selic)は0.25%、12月に再度0.25%切り下げて、今年末のSelic金利は13.75%を予想している。   中銀の前回予想のフォーカスレポートでは、政策誘導金利 (Selic)は10月のCopom会議で一挙に0.5%の切下げが予想されていたにも関わらず、昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートでは、緩やかな切下げ... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2016/10/03 - テーメル大統領の連立与党が勝利

10月2日開票の地方統一選挙では、ミッシェル・テーメル大統領の連立与党がジウマ・ロウセフ前政権のPT(労働者党)に対して大きな勝利を収めた一方で、PSDB(ブラジル社会民主党 )の躍進で、テーメル大統領にとって2018年の大統領選での再選が難しくなっている。 特にサンパウロ市長選でPSDB(ブラジル社会民主党 )のジョアン・ドリア候補が53.3%の投票率を獲得して第一次選挙で決着をつけたために、2018年の大統領選挙では、ジョアン・ドリア候補に肩入れしていたサンパウロ州のジェラルド・アウキ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/10/03 - 中国モリブデン社は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業の経営権取得

今年4月に中国モリブデン社(CMOC)は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業を17億ドルで買収、同社が所有するニオブ鉱山並びにリン酸鉱山はブラジル国内に集中しているために、新たな中国企業によるブラジル国内の非鉄金属並びに肥料分野の投資拡大並びにマーケット活性化につながると予想されている。 同社に25年間勤務しているMarcos Stelxer取締役は、中国モリブデン社(CMOC)による買収後も継続して経営の陣頭指揮を執る。世界の鉄鋼生産が需要を7億5,000万トン上回っている現状で... [続きを読む]

カテゴリー: 鉱業



2016/10/03 - 失業者は1,200万人突破

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、今年6月~8月の3か月間の平均失業率は、11.8%に達して1,200万人以上が失業中となっている。 今年6月~8月の3か月間の失業者は前年同期比36.6%増加の322万人が新たに失業、平均失業率は11.8%と統計を取り始めて以来で最高の失業率を記録、過去2年間では520万人が新たに失業している。 今年6月~8月の3か月間の平均労働人口は前年同期比123万人増加の1億216万1,000人、そのうち雇用総数は199... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/30 - 8月のプライマリー収支赤字は203億レアルに達する

8月の中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府のインフレ指数を差引いた実質財政プライマリー収支は、社会保障院の赤字拡大が牽引して前年同月比268.9%増加の203億レアルの赤字を計上、8月としては統計を取り始めた1997年以降では最大の赤字を記録している。 また今年初め8か月間の中央政府の財政プライマリー収支赤字は、前年同期比384.7%増加の714億1,800万レアルを記録、またGDP比では1.8%に達しており、8月の過去12カ月間の財政プライマリー収支赤字は、1,7... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/30 - 2日後の州都選挙の大半は2次決戦へ

ジウマ大統領罷免並びにテーメル大統領誕生、ラヴァ・ジャット作戦汚職関連によるPT(労働者党)の元幹部の相次ぐ逮捕などで、地方統一選挙の州都選挙でPT(労働者党)の候補者は苦戦している一方で、PMDB(ブラジル民主運動党 )並びにPSDB(ブラジル社会民主党 )の候補者の支持率の上昇が顕著になってきている。 ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)の調査によると、26州都の市長選挙では20州都で2次決戦にもつれ込むと予想されており、アクレー州の州都であるリオ・ブランコ市のPT(労働者党)のマ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/30 - 8月の国庫庁の歳入は918億レアルに留まる

8月の国庫庁のインフレ指数を差引いた実質歳入総額は、前年同月比10.12%減少の918億800万レアルに留まり、8月としては2009年8月以降では最低の歳入を記録している。 また今年初め8か月間の歳入総額は、経済リセッションによる法人所得税(IRPJ)並びに純益に対する社会納付金(CSLL)の減少、失業率増加などの要因で前年同期比7.45%減少の8,164億8100万レアルに留まっている。 8月の国庫庁の実質歳入総額が前年同月比10.12%減少した一要因として、企業側が税金を払えば利... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/29 - プレソルトのリブラ鉱区の原油埋蔵量は40億バレル以下か

ブラジル石油監督庁(ANP)の原油埋蔵調査を委託しているGaffney,Cline & Associates(GCA)社の調査によると、2010年のサントス海盆の岩塩層下(プレソルト)原油の埋蔵量は、すでに確認されている140億バレル以外にも150億バレル~200億バレルに達すると予想されていた。 ブラジル石油監督庁(ANP)による埋蔵量が80億バレル~120億バレルのリブラ油田の入札は2013年に実施され、フランス資本 Totalなどのコンソーシアムが落札して、連邦政府には150... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2016/09/29 - 今年の機械・装置部門販売は前年比20%減少予想

ブラジル機械・装置工業会(Abimaq)の発表によると、国内経済リセッション長期化による製造業部門の販売不振による生産調整、ペトロブラス石油公社関連のラヴァ・ジャット作戦汚職問題によるゼネコン企業の投資中止などの影響を受けて、今年初め8か月間の機械・装置販売は大幅に落ち込んでいる。 今年初め8か月間の機械・装置メーカーの売上総額は、経済リセッションや公共事業の軒並み停止、ジウマ大統領弾劾プロセスなど政治経済混乱の影響で前年同期比27.3%下落の450億レアルに留まっている。 Abim... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2016/09/29 - 連邦政府は軍人恩給改革で交渉か

構造改革の旗手的な役割を担う年金・恩給改革実施では公務員並びに民間人とも痛みを伴う改革をミッシェル・テーメル大統領は迫られているが、聖域なき改革を実施するためには、不文律とされている退役軍人の恩給改革に着手しなければならない。 特にブラジルでは退役軍人死亡後の特別恩給として、子女が成人後も継続して恩給受給が可能となっており、この恩給支出が社会保障院(INSS)の大きな負債につながっているとエリゼウ・パジーリャ官房長官は指摘している。 しかし有事の時は予備役として召集され、肉体的生命を... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/28 - 中銀の2017年のインフレは中央目標値を下回ると予想

昨日発表された3カ月おきに中銀が発表する四半期インフレレポート(RTI)によると、2017年のインフレ指数は、連邦政府の中央目標値4.5%を下回る4.4%を予想、2018年のインフレ指数は3.8%を予想している。 中銀の四半期インフレレポート(RTI)による2017年及び2018年のインフレ指数予想が金融市場の予想を大幅に下回ったために、10月18日及び19日に開催される中銀の通貨政策委員会(Copom)での政策誘導金利 (Selic)は、現行の14.25%から0.25%~0.5... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/28 - 年金改革では男女とも年金受給開始は65歳か

ミッシェル・テーメル大統領は、構造改革の一環として年金・恩給改革や労働法改正を最優先課題に掲げてブラジル国民から多くの支持を取り付け、地方統一選挙を10月初めに控えているにも関わらず、投票日前に年金改革や労働法改正の骨格発表をする可能性があると予想されていた。 しかし連立与党議員から地方統一選挙前の年金改革発表は、選挙結果に悪影響を及ぼすために統一選挙後への発表変更をテーメル大統領に直談、テーメル大統領は、年金・恩給改革発表は統一選挙後の11月に行うと再度の変更を余儀なくされている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/28 - ブラジルの国際競争力ランキングは81位に後退

世界経済フォーラム(WEF)による国際競争力ランキング調査によると、2016年のブラジルの国際競争力ランキングは、昨年の75位から6ランキング後退して81位となっている。 国際競争力ランキング調査開始時の2007年のブラジルは72位、最も評価がよかった2012年には48位まで上昇したにも関わらず、その後は2013年56位、2014年57位に後退していた。 また昨年のブラジルの国際競争力ランキングは、経済リセッションやラヴァ・ジャット作戦による汚職問題の拡大、ジウマ大統領弾劾プロセスな... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/27 - 今年の経常収支赤字は180億ドルに下方修正

最近のドル為替に対するレアル高並びに僅かながら経済リセッションからの乖離傾向などの要因で、中銀の今年の最終経常収支予想は、6月の前回予想の150億ドルの赤字から8月には180億ドルに下方修正している。 今年の経常収支赤字は、昨年の経常収支赤字GDP比3.3%からGDP比1.0%まで縮小、2007年のGDP比0.003%の黒字以降では赤字幅が最も減少したと中銀のツーリオ・マシエル経済班主任は予想している。 また中銀では最近のレアル高の為替の影響で輸入増加が予想されているために、今年の貿... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/27 - 8月の小売販売は前年同月比1.1%増加

BOA VISTA SCPC(信用保護サービスセンター)の調査によると、8月の小売販売は前年同月比1.1%増加して2015年4月以降では初めて増加、前月比でも1.5%増加している。 8月の過去12カ月間の小売販売は前年同期比マイナス4.7%を記録しており、BOA VISTA SCPC(信用保護サービスセンター)エコノミストのフラヴィオ・カリフ氏は、8月の小売販売は増加に転じて一息ついたにも関わらず、回復サイクル入りとは見ていない。 しかし8月の小売販売が増加に転じた要因として、クレジ... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2016/09/26 - 年金入り年齢は北部並びに北東部地域が遅い

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、労働開始年齢が最も若いにも関わらず、非正規労働の比率が高く労働手帳に登録される正規労働者が少ないために、北部地域並びに北東部地域の一般労働者の年金入り年齢が他地域と比較して高い。 男性65歳並びに女性60歳で年金入りが可能となる年齢による年金受給の比率は、北東部地域では全受給者の74.2%、北部地域では78.5%を占めているが、中西部地域は61.3%、南部地域は45.9%、南東部地域は39.8%に留まっている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2016/09/26 - 多くの大企業は収益悪化で金利支払いに四苦八苦

IBIMEC協会研究センター(CEMEC)による605大企業対象の企業ファイナンス状況調査によると、継続する経済リセッションによる企業の売り上げ減少に伴う収益悪化並びにドル高の為替の影響を受けて、負債を上回る純益をあげている企業は僅かに58%に留まっている。 収益悪化で負債が増加している企業は、会社更生法や破産申請を避けるために、負債軽減を最優先しているとIBIMEC協会研究センター(CEMEC)エコノミストのカルロス・ロッカ氏は説明している。 2013年までのブラジル国内景気は、一... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2016/09/26 - 9月23日までのRERCT制度による臨時歳入は72億レアルに上昇

未申請の海外資産保有に対する恩赦として、9月23日までの為替及び税務規制の特別制度(RERCT)による国庫庁の臨時歳入はすでに72億レアルに達しており、僅か9月の3週間だけで10億レアル増加している。 今年1月14日に発令された法律13254号/2016年によるRERCTの申請期限は、10月31日までとなっていたが、連邦政府は12月16日までの延長が決定しており、国庫庁の臨時歳入はさらに増加すると予想されている。 また国庫庁の予想では9月30日までには、為替及び税務規制の特別制度(R... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー