Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2017/05/03 - 4月の新車販売は前年同月比マイナス3.6%

全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の発表によると、4月のバスやトラックを含む新車登録台数(販売)は、キリスト復活祭並びにチラデンテス記念日の祭日の影響で、前年同月比5日間の営業日数減少の影響で3.6%減少している。 4月の新車販売台数は前年同月比3.6%減少の15万6,900台に留まったものの、1日当たりの販売台数は6.0%増加の8,700台を記録、また今年初め4か月間の新車販売は、前年同期比2.37%減少の62万8,900台となっている。 4月に1日当たりの新車販売が前年... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2017/05/02 - レパトリアソン法による海外貯蓄資金流入は僅かに17%に留まる

2014 年12 月31 日までにブラジル居住者で海外に保有していた資産に対して、適用される2016年1月14日公布の法律13.254号/2016の為替及び税務規制特別制度(RERCT)はレパトリアソン法と呼ばれ、国外にある未申告の不正資産を申告し、政府に罰金と所得税を支払った人に恩赦を与え、合法化する法律13.254号/2016によるレパトリアソン法による15%の所得税並びに15%の罰金による国庫庁の臨時歳入となる。 法律13.254号/2016によるレパトリアソン法での申請をしなかった... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/02 - 今年第1四半期の失業者総数は1,420万人突破

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、今年第1四半期の平均失業率は、13.7%に相当する1,420万人達し、統計を取り始めた2012年以降では最高の失業率を記録している。 ブラジル全国の失業者総数1,420万人はペルナンブーコ州並びにセルジッペ州、ピアウイ州を合わせた人口に匹敵、経済回復基調に突入する前の今後数カ月間の失業率はさらなる悪化が予想されている。 ABC Brasil銀行チーフエコノミストのルイス・オタヴィオ・レアル氏は、経済回復傾向に伴... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/02 - 3月の連邦政府の財政プライマリー収支は110億5,000万レアルの赤字

3月の中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府並びに地方政府(州・市)を合わせた連邦政府の財政プライマリー収支は、110億5,000万レアルの赤字を計上して、統計を取り始めた2001年以降では最大の赤字を計上している。 3月の中央政府の財政プライマリー収支は116億9,000万レアルの赤字を計上、特に社会保障院(INSS)の赤字は、130億9,000万レアルで統計を取り始めた1998年以降では最高の赤字を計上している。 3月の地方政府(州・市)の財政プライマリー収... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/27 - 3月の国庫庁の歳入総額は1,000億レアルを割った

2017年3月の国庫庁の歳入総額は、経済リセッションの回復遅れの影響で前年同月比1.16%減少の989億9,000万レアルに留まって、2010年3月の水準まで低下している。 特に金融機関の法人所得税(IRPJ)並びに純益に対する社会納付金(CSLL)による歳入が前年同月比5.29%減少の14億レアル、また企業の売上並びに収益に連動するIRPJ税並びにCSLL納付金も前年同月比7.9%減少の146億6,000万レアルに留まっていた。 今年第1四半期の国庫庁のインフレ指数を差引いた実質歳... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/27 - 労働法改正案が下院通過

ミッシェル・テーメル政権は労働法改正案を下院議会の承認を得るために、連立与党議員取り込みでぎりぎりの政治駆け引きを余儀なくされていたが、労働法改正案は、昨日の下院議会で賛成票296票、反対票177票で承認された。 昨日の下院議会での労働法改正案の承認を得るために10時間以上に亘って審議されていたが、テレビで審議の行方を見守っていたテーメル大統領は、この勢いで年金改革法案の国会での承認獲得に自信を深めた様子。 しかし労働法改正案よりも比較にならないほど連邦政府の財政再建を左右する年金改... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/27 - 年金改革法案の修正で今後10年間に1,890億レアルの歳出増加

5月8日に予定されている年金・恩給改革の下院特別委員会での最終案採択に向けて与野党間での政治駆け引き交渉が困難を極めているが、すでに与野党間で合意に達している年金改革法案では、連邦政府にとって原案よりも今後10年間で1,890億レアルの歳出増加に結び付くほど年金改革の反対勢力に譲歩している。 財務省では2018年~2027年の年金改革による歳出は6,040億レアルから7,930億レアルへの増加が余儀なくされており、また連立与党議員の説得工作が困難を極めているために、ロドリゴ・マイア下院議長... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/26 - 3月の経常収支は過去12年間で最高の14億ドルの黒字計上

2017年3月のブラジルの経常収支は、国内経済の回復の兆しやドル安の為替が牽引して14億ドルの黒字を計上、3月としては2005年の17億2,000万ドルの黒字に次ぐ記録となった。 3月の経常収支黒字が14億ドルを計上した要因として、3月の大豆輸出が前年同期比16%増加が牽引した貿易収支は、69億4,000万ドルの黒字を計上していると中銀経済班のツーリオ・マシエール主任が指摘している。 3月の輸出は前年同月比25%増加、輸入も国内経済の回復並びにドル安の為替の影響で12%と大幅に増加し... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/26 - アリババ社がブラジル国内のクレジット分野にターゲット

世界23位の資産家で資産総額が300億ドルに達する創業者馬雲(ジャック・マー)が率いる中国資本のアリババ社(阿里巴巴集団)は、ブラジル国内のクレジット分野にターゲットを絞って進出を検討している。 アリババ社(阿里巴巴集団)は、すでにブラジル国内で企業間での電子商取引「B2B」や企業から個人消費者への取引「B2C」分野に進出。また2014年にAliExpress.comサイトを立ち上げて、ブラジルに進出して250万人の顧客を擁している。 AliExpress.comサイトでは、ロジステ... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2017/04/26 - 昨日の特別委員会で労働法改革最終案承認、今日国会通過か

昨日、労働法改革特別委員会で国会に提出する最終案テキスト採択で賛成票が27票、反対票が10票と賛成多数で採択され、今日予定されている下院議会での労働改革法案の承認が濃厚となっている。 下院議会で労働改革法案を承認するためには、過半数の257議席の賛成票を獲得しなければならないが、下院の連立与党リーダーやプラナルト宮関係者は下院議会での承認を楽観視している。 昨日の特別別委員会では30カ所の修正箇所の指摘があったにも関わらず、最終的には3カ所の修正で承認されたと労働法改革特別委員会の草... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/25 - 連邦政府は電力配電コンセッションの民営化で127億レアルの臨時歳入確保

昨日、連邦政府は、電力エネルギー配電網民営化コンセッション入札で総額127億レアルに達する臨時歳入を確保したが、入札条件の見直しで国内外からの投資家が殺到していた。 国家電力エネルギー庁(ANNEL)は、電力エネルギー送電網を35ロットの小区間に分けて入札にかけたために、中小規模の電力エネルギー関連企業も入札に参加、伝統的な大手電力配電企業や大手スペイン系企業は参加しなかった。 国家電力エネルギー庁(ANNEL)では、今回の電力エネルギー配電網の民営化コンセッション入札条件について、... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2017/04/25 - マイア下院議長は今週中に労働法修正案を国会で承認

ロドリゴ・マイア下院議長は、今週中に労働法修正案の国会での承認を押し通すと見込まれているが、今日25日に労働法修正特別委員会で最終討論を行い、明日若しくは遅くとも27日までに、下院議会で審議して労働法修正案の承認を得る計画を練っている。 下院の連立与党リーダーのアンドレ・モウラ下院議員(キリスト教社会党 PSC)は、労働法修正特別委員会での労働法修正案はすんなり通り、また国会での労働法修正案承認に対する賛成票は、すでに確保できていると強調している。 しかし昨日連立与党のキリスト教社会... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/25 - ヒロタグループはミニマーケット市場の参入

2016年の売上が3億2,000万レアルのスーパーマーケット業界のヒロタグループは、ニッチ市場である販売店舗規模が100~300平方メートルまでの生鮮食品や弁当なども取り扱うミニマーケット市場に参入している。 45年前に設立されたヒロタグループは、食料品や日用雑貨などを中心に平均売り場面積が2,000平方メートルのスーパーマーケット市場で小売販売を続けてきたが、スーパー業界では再編成が進んで大型店舗が主流となっている。 しかし住居近くのコンビニやミニマーケット市場は、小規模投資のテナ... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2017/04/24 - ラヴァ・ジャット作戦汚職関連ゼネコン10社は過去3年間で60万人解雇

2014年3月に発覚した連邦警察のペトロブラス石油公社関連ラヴァ・ジャット作戦汚職問題による公共事業プロジェクト停止や新規インフラ事業取消などの影響で、ブラジルの大半のゼネコン大手企業が資金調達や負債増加に直面して人員削減を余儀なくされていた。 また社会経済開発銀行(BNDES)は、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題関連のゼネコン大手企業のインフラ整備事業融資の不渡りを避けるために全面的に凍結しており、また多くのゼネコン大手は相次ぐ経営陣幹部の逮捕者続出、コンセッション入札参加禁止、米国格付け会... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/24 - マイア下院議長は年金改革投票の先送りの可能性を示唆

パラナ州フォス・ド・イグアス市で開催されていた第16回企業経営者フォーラムに出席したロドリゴ・マイア下院議長は、5月8日に予定されている年金・恩給改革の下院議会での投票は、政治工作に時間がかかるために5月15日になる可能性を示唆している。 年金改革の国会での承認が1週間や2週間遅れることは重要ではない。ブラジルにとって重要なことは、年金改革が承認されることであるとエンリケ・メイレーレス財務相は力説している。 20人のエスタード紙レポーターによるインタビュー形式の「年金改革プラカード」... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/19 - 自動車業界はエコカー優遇政策歓迎

2016年12月31日で終了した自動車技術革新政策(Inovar Auto)に替わって、昨日マルコス・ペレイラ産業通商サービス相は、環境にやさしいエコカーを優遇するROTA2030プログラムを発表した。 ROTA2030プログラムは、排出ガスと燃費基準に沿った環境にやさしい省エネカーの拡大を目指して工業製品税(IPI)の減税率を設定、ブラジル製自動車の国際競争力を高めて世界の自動車生産国6位に再度引き上げる。 またROTA2030プログラムは、自動車メーカーやパーツサプライヤーの排気... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2017/04/19 - 中銀の通貨政策委員会議事録では更なるSelic金利引下幅示唆

4月12日に開催された中銀の通貨政策委員会(Copom)では、政策誘導金利 (Selic)を全会一致で1.00%引き下げて12.25%に決定、1 月及び2 月の Selic 金利の引き下げ幅0.75%に比べて0.25%拡大している。 昨日発表された中銀の通貨政策委員会(Copom)の議事録では、次回の5月末に開催される通貨政策委員会(Copom)では、今回の政策誘導金利 (Selic)1.0%を上回る金利幅引下の可能性を示唆している。 通貨政策委員会(Copom)... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/04/18 - 女性の年金受給年齢引下で最終修正案作成か

4カ月前に発足した下院の年金・恩給改革特別委員会の草案レポーターのアルツール・オリヴェイラ・マイア議員は、今日アルボラーダ宮を訪問してミッシェル・テーメル大統領に年金改革の最終修正案を提示すると予想されている。 連立与党議員からの強い圧力で年金・恩給改革案のレポート作成担当のマイア議員は、年金改革の最終案のまとめに非常に苦労しているが、最も大きな変更として女性の年金受給最低年齢を65歳から62歳若しくは63歳への引下が予想されている。 また前回の修正案のうち移行期間対象については、5... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/18 - 2月の経済活動指数(IBC-Br)は計算方法変更で上方修正

四半期ごとの正式な国内総生産(GDP)は、ブラジル地理統計院(IBGE)から発表されるが、中銀では毎月IGBEのGDP伸び率の発表前に、先行指標として経済活動指数(IBC-Br)を発表している。 昨日発表されたGDP伸び率の先行指標である2月の経済活動指数(IBC-Br)は135.42ポイントを記録、2015年12月以降では最高の経済活動指数(IBC-Br)を記録している。 2月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比1.31%増加して1月の0.62%増加に続いて2カ月連続で増加に転... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/04/18 - 国内の鉄鋼製品消費増加も輸入鉄鋼製品の増加傾向拡大

過去2年間の国内の鉄鋼製品消費は、経済リセッション並びにラヴァ・ジャット作戦汚職問題によるインフラ整備プロジェクト低迷で非常に落ち込んでいる影響で、各鉄鋼メーカーでは鉄鋼製品生産の減産を余儀なくされていた。 しかし過去6か月間で国内の鉄鋼製品消費に僅かな回復傾向が表れてきているにも関わらず、平板鋼メーカーのウジミナス社並びにナショナル製鉄所、建設用の棒鋼製品メーカーのゲルダウ社は、減産並びに負債増加などの要因で吐息状態が継続している。 更に最近のドルに対するレアル通貨上昇に伴って、輸... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー