Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2017/05/30 - JBSオーナーの司法取引証言で中銀は今年のインフレ指数見直し

JBSオーナーによる報償付の司法取引証言でテメル政権の行方が不透明となり、目前に迫っていた労働法改正並びに年金・恩給改革など一連の構造改革案の国会審議が大幅に遅れると予想され、中銀の最終フォーカスレポートの予想が大幅に修正されている。 昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、前週まで11週間連続で下方修正されていたにも関わらず、JBSオーナーによる司法取引証言の影響で一転して前回予想の3.92%から3.95%に上方修正されてい... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/05/30 - 米国との貿易摩擦のメキシコはブラジル産穀物輸入拡大

トランプ大統領は「米国第一主義」を掲げて大統領選に当選したが、メキシコからの不法移民流入を防ぐために、メキシコとの国境に遮断壁を建設する費用をメキシコに負担させるため、メキシコからの輸入品に対する課税方針を打ち出している。 メキシコでは鶏肉生産のための飼料用穀物の大半を輸入に頼っており、特に米国からのトウモロコシ輸入の依存を軽減するために、ブラジル政府との間で穀物輸入交渉を行っている。 2016年/2017年度のメキシコのトウモロコシ生産は、2,700万トンが予想されているが、鶏肉生... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2017/05/29 - 海外投資家のインフラ部門投資は500%増加

中銀の発表によると、今年初め4か月間の海外投資家によるブラジル国内のインフラ整備部門向け対内直接投資は、鉱工業部門向け投資総額215億3,600万ドルの50%に相当する113億9,800万ドルを記録している。 今年初め4か月間の海外投資家によるインフラ整備部門向け対内直接投資総額113億9,800万ドルは、前年同期の18億6,900万ドルの500%増加に相当、海外投資家からの信頼回復に結び付いていたが、JBSオーナー司法取引証言によるテメル大統の録音問題発覚で、ブラジル国債の格下げや信用問... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/05/29 - 今年初め4か月間の社会保障院の累積赤字は520億レアルに達している

4月の社会保障院(INSS)の決算収支は、3月の平均失業率が13.2%に相当する1,350万人に達し、統計を取り始めた2012年以降では最高の失業率を記録した影響で、社会保障院への積立金が大幅に減少して120億レアルの赤字を計上している。 4月の社会保障院(INSS)の120億レアルの赤字は、4月としては統計を取り始めた1998年以降で最高の赤字を記録、また今年初め4か月間の社会保障院の累積赤字は、前年同期比38.7%増加の520億レアルに達している。 過去2年間以上継続した経済リセ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/26 - 4月の中央政府の財政プライマリー収支は大幅な黒字を計上

中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府の4月の財政プライマリー収支は125億7,000万レアルの黒字を計上して、過去3年間では最高の月間黒字幅を記録している。 中央政府の4月の財政プライマリー収支125億7,000万レアルは、3月の110億6,100万レアルの赤字から一転して大幅黒字を計上しているが、今年初め4か月間の中央政府の財政プライマリー収支は、56億4,400万レアルの赤字を計上して前年同期の82億3,800万レアルの赤字から大幅に減少している。 4月の... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/26 - 4月の国庫庁の歳入は2.27%増加

過去2年間以上継続した国内経済リセッションから漸く経済回復基調サイクル入りした可能性が取りざたされているが、4月の国庫庁のインフレ指数を差引いた実質歳入総額は、前年同月比2.27%増加の1,180億4,700万レアルに達している。 4月の国庫庁の実質歳入総額1,180億4,700万レアルは、4月としては2015年以降では最高の歳入総額を記録、また前月比では19.08%と大幅に増加している。 4月の国庫庁の実質歳入総額1,180億4,700万レアルには、2014 年12 月31 日まで... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/26 - 4月の銀行金利は低下するもクレジットは低調に推移

4月の商業銀行の平均クレジット年利は1.9%減少の30.2%まで減少、フリークレジット(ショッピングクレジット)の平均年利も3.4%減少の49.1%とそれぞれ大幅に減少して2015年末の水準まで低下している。 商業銀行並びに小売販売のクレジット金利減少の要因として、昨年10月から開始した中銀による政策誘導金利(Selic)が14.25%から現在は11.25%まで減少、また今年1月の発表されたクレジットカード規制が挙げられる。 4月のクレジット貸付残高は11.25%まで減少している政策... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/05/25 - 製造業部門の生産活動指標は軒並み低調

全国工業連合(CNI)の加盟企業対象の製造業部門生産活動調査によると、4月の製造業部門の生産指数は、キリスト復活祭並びにチラデンテス記念日祭日、ゼネストの影響も要因となって、41.6ポイントと3月の54.8ポイントを大幅に下回った。 しかし4月の製造業部門の生産指数41.6ポイントは、経済リセッションに見舞われていた2016年4月の生産指数42.4ポイントをも下回っており、経済リセッションから抜け出していない可能性が高い。 全国工業連合(CNI)の製造業部門の生産活動調査では、4月の... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/25 - 第1四半期の連邦貯蓄金庫の純益は81.8%増加

連邦貯蓄金庫の今年第1四半期の純益は、クレジット金利並びに手数料金の引上げ、コストカット効果などの要因で前年同月比81.8%増加の14億9,000万レアルを記録している。また連邦貯蓄金庫の第1四半期の純益14億9,000万レアルは、前四半期の純益6億9,100万レアルを115.3%上回っている。 テメル大統領がペトロブラス汚職捜査で勾留中の前下院議長エドゥアルド・クーニャ被告への黙秘に対する支払いを承認する様子を密かに録音したテープを大手食肉加工会社JBS社の幹部2人が最高裁判所に提出した... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/05/25 - ソフトバンクはブラジル配車サービス会社99社に1億ドル投資

昨日ソフトバンクグループは、ブラジル配車サービス会社である99社に対する1億ドルの投資を発表、ラテンアメリカ最大の経済大国ブラジルに米国資本ウーバー・テクノロジーズ社とのシェア争いに参入する。 ソフトバンクの99社への1億ドルの投資は、今年1月に中国最大の配車サービス企業であるソフトバンク傘下の中国資本滴滴出行の1億ドルに続く総額2億ドルに達する投資となる。 ウーバーにとってラテンアメリカは、北米ほどの売り上げはないものの利益率が最も高い地域であり、ソフトバンクの99社への総額2億ド... [続きを読む]

カテゴリー: 観光/運輸サービス



2017/05/23 - JBS社の株価は31.3%下落で時価総額75億レアルが瞬時に雲散霧消

先週、テメル大統領がペトロブラス汚職捜査で勾留中の前下院議長エドゥアルド・クーニャ被告への黙秘に対する支払いを承認する様子を密かに録音したテープを大手食肉加工会社JBS社の幹部2人が最高裁判所に提出したとの「O Globo」紙の報道を受けて、テメル大統領に対する弾劾寸前まで政界が混乱していた。 しかしJBSオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏が行った司法取引証言で、今年3月に大統領と面会した際に秘密裏に録音されたものが、テメル大統領が不正を容認するともとれる不自然な発言になっている点などが問... [続きを読む]

カテゴリー: 食品・飲料



2017/05/22 - Enseada Paraguaçuは事業再生でポートフォリオ模索

バイア州の造船所であるESTALEIRO ENSEADA DO PARAGUAÇU S.A.(EEP)は、ドリルシップや洋上石油・ガス生産設備向けFPSOを生産するために、ブラジル大手ゼネコン企業Odebrecht社(オデブレヒト)、OAS社およびUTC社、日本進出企業の出資を仰いで設立された。 ブラジルのエスピリット・サント州からサンタ・カタリーナ州沿岸にかけて膨大な埋蔵量を誇る岩塩層下(プレソルト)油田の発見で、原油・天然ガス開発・掘削のためのドリルシップや洋上石油・ガス... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2017/05/22 - ブラジル証券取引委員会はJBS社のインサイダー取引疑惑で捜査開始

食肉大手企業JBS社主であるバチスタ兄弟の司法取引である報奨付供述で、ミシェル・テメル大統領(民主社会党・PSDB)が、連邦警察によるラヴァ・ジャット作戦で逮捕中の元下院議長のエドアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していた内容が含まれていることが明らかになり、レアル通貨に対するドル為替の暴騰の一方でサンパウロ平均株価(Ibovespa)の暴落を招いていた。 ブラジル証券取引委員会(CVM)並びに検察庁(MP)は、JBS社のドル先物取引と株式売買におけるインサイダー取引を含む不正... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/05/18 - オーストリア国土面積に匹敵する熱帯雨林環境保護区消滅の可能性

世界最大規模の自然環境保護団体である国際的NGOの世界自然保護基金WWFブラジル支部(World Wide Fund for Nature)では、ブラジルの熱帯雨林環境保護区の10%に相当するアマゾン河流域の環境保護区が減少する可能性があると警告している。 パラー州内の国道163号線に隣接する熱帯雨林環境保護区の60万ヘクタールやサンタ・カタリーナ州のブラジル北東部地方から南部地方に至る大西洋海岸に沿って続く森林地帯の大西洋岸森林(Mata Atlantica)などの環境保護区では、オース... [続きを読む]

カテゴリー: 環境



2017/05/18 - テメル大統領の不正疑惑テープ発覚でブラジル企業株価は10%以上下落

テメル大統領が前下院議長のエドゥアルド・クーニャ被告への黙秘に対する支払いを承認する様子を密かに録音したテープを大手食肉加工会社JBS社の幹部2人が最高裁判所に提出したとの「O Globo」紙の報道を受けて、政界は蜂の巣を突っついたような騒ぎに陥っている。 労働法改案の下院での承認、年金・恩給改革案など月内の下院議会承認に対する政治工作進展で国内外の投資家の信頼回復傾向で、サンパウロ平均株価の上昇やドル安の為替が続いていた。また予想されていた5月末の政策誘導金利引下げ予想から一転して、株価... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/17 - 4月の正規雇用は5万9,800人増加

就労・失業者管理センター(Caged)の調査によると、4月の労働手帳に記載される正規雇用者は5万9,856人増加、4月としては2014年の1万500人の正規雇用増加以来の雇用を記録している。 4月の6万人近い正規雇用増加は失業率低下サイクル入りの可能性があるものの今後の雇用増加は緩やかな曲線を描くとLCA Consultores社エコノミストのファビオ・ロマン氏は予想している。 4月の6万人の正規雇用増加にも関わらず、今年初め4か月間では933人増加に留まっており、4月は南東部地域の... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/17 - 今年初め4か月間の社会経済開発銀行のクレジットは19%減少

4月の社会経済開発銀行(BNDES)のインフレ指数を差引いた実質クレジット総額は、前年同月比14.0%減少の63億1,900万レアル、今年初め4か月間のクレジット総額は、前年同期比19%減少の214億4,300万レアルを記録して、2014年に開始した経済リセッションの影響を引きずっている。 今年初め4か月間の運転資金向けクレジットのBNDES Progerenプログラムによるインフレ指数を差引かない名目レジット総額は、前年同期比339%増加の22億レアルに達している。 今年初め4か月... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2017/05/17 - 今年の大豆派生品輸出は300億ドルに達するか

ブラジル植物油工業会(Abiove)では、2016年/2017年度の大豆派生品(大豆かす、大豆、大豆油)生産は、4月の前回予想を1.6%上回る1億1,250万トンで前年比16.9%の大幅増加が予想されている。 今年の大豆加工製品生産は4,100万トン、大豆派生品輸出は、前回予想の6,030万トンから6,170万トンに上方修正されて前年比19.6%増加予想、今年の1トン当たりの輸出用穀物価格は380ドル、輸出総額は21.2%増加の234億ドルが予想されている。 今年の大豆かす生産は前年... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2017/05/16 - 今年第1四半期の経済活動指数は1.12%増加

今年第1四半期の正式な国内総生産(GDP)は、6月1日にブラジル地理統計院(IBGE)から発表されるが、中銀では毎月IGBEのGDP伸び率の発表前に、先行指標として経済活動指数(IBC-Br)を発表している。 昨日発表されたGDP伸び率の先行指標である3月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比マイナス0.44%であった。 しかし今年第1四半期の経済活動指数(IBC-Br)は前四半期比1.12%増加して8四半期連続のマイナスから反転して、2014年第4四半期の0.22%増加以来のプラスに転... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2017/05/16 - 連邦政府は年金改革法案の国会通過のために農林族議員や市役所の負債軽減

連邦政府は年金・恩給改革法案が下院議会を通過するのに必要な下院議員全員513票の3/5に相当する賛成票308票の獲得を目指して、農林族議員や市役所の社会保障院(INSS)の負債軽減に関する政治交渉で、大幅な譲渡を余儀なくされている。 ミッシェル・テメル大統領は、年金・恩給改革法案の国会承認を目指して農林族議員109人の取込みのために、農村労働者並びに扶養家族に対する健康保護制度の農村福祉・社会保障特別基金(Funrural)の負債軽減で大幅な譲渡を迫られている。 またブラジル全国5,... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー