Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2021/02/26 - 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)

 中銀、国庫庁並びに社会保障院(INSS)で構成される中央政府の財政プライマリー収支は、COVID-19パンデミック対応の緊急救済政策などによる財政支出拡大及び歳入減少で、昨年12月まで11か月間連続で赤字を計上していた。 しかし2021年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、統計を取り始めた1997年以降では、昨年1月の441億3,300万レアルの黒字に次ぐ過去2番目となる432億1,900万レアルの黒字を記録している。昨年12月は441億1,300万レアルの赤字を計上してい... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/26 - 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)

20201年1月の連邦国税庁のインフレ指数を差引いた実質歳入総額は、前年同月比1.5%減少の1,802億2,100万レアルに留まって、前月まで5か月連続増加から一転して減少に転じている。一方前月比では13,02%増加を記録している。 ブロードキャストプロジェクションの19金融機関を対象とした調査では、今年1月の連邦国税庁の歳入総額の最低予想は1,665億2,800万レアル、最高予想は1,900億レアルであった。 今年1月の連邦国税庁の歳入は、法人所得税(IRPJ)並びに純利益に対する... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/26 - 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)

2021年1月の連邦政府のインフレ指数を考慮しない名目対内債務残高は、前月比1.16%増加の4兆8,210億レアル、対外債務残高は、2.29%減少の2378億8,000万レアルを記録、対内外の公的債務残高(DPF) は、0.99%増加の5兆590億レアルに達している。 今年1月のブラジル国債の発行総額は1,553億5,000万レアル、国債償還総額は1,485億4,000万レアル、国債発行額から償還額の純差額は68億1,000万レアルを記録している。 今年1月の過去12か月間の累計債務... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/25 - 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)

中銀の発表によると、2021年1月のブラジルの経常収支は、72億5,300万ドルの赤字を計上したが、中銀の当初予想の80億ドルの赤字を下回った。2020年1月のブラジルの経常収支赤字の103億500万ドルよりも30億ドル以上赤字減少を記録している。 今年1月の過去12か月間の累積経常収支は、GDP比0.65%に相当する94億500万ドルに留まり、昨年12月のGDP比0.87%の赤字から幾分改善している。 今年1月の海外投資家による対内直接投資は、18億3,800万ドルと金融機関関係者... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/25 - 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、2021年2月の一般消費者の景況感指数(ICC)は4か月連続での減少から上昇に転じ、前月比2.2ポイント増加の78ポイントを記録している。 今年2月の一般消費者の景況感指数(ICC)が4ヶ月ぶりに上昇に転じた要因として、COVID-19対応のワクチン接種開始並びに連邦政府による緊急給付金(auxílio emergencial)の再開の見通しが挙げられる。 しかし、一般消費者の消費に対する景... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/25 - 昨年第4四半期のWEG社の純益は48.5%増加の7億4,220万レアルを記録(2021年2月24日付けヴァロール紙)

ブラジルの機械・装置メーカー大手のWEG社の2020年第4四半期の純益は、国内経済の回復に伴って好調な国内販売並びにレアル通貨に対するドルの為替の高騰で輸出減少を補った。 ブラジルのサンタ・カタリーナ州ジャラグァー・ド・スー市に本社を置くWEG Industries社 は、電気モーター、発電機、変圧器などのエネルギー生産用製品を製造するメーカーであるが、農業部門、鉱業、鉄鋼、製紙・パルプ部門、石油・天然ガスやエタノールなどの産業向け機器も開発、製造してメーカー。 2020年第4四半期... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2021/02/24 - BNDES銀行はヴァーレ社の持ち株を全て放出(2021年2月23日付けエスタード紙)

社会経済開発銀行(BNDES)は、資源大手のヴァーレ社の100億レアル以上の持ち株を売却したにも関わらず、依然としてヴァーレ社の民営化に伴う60億レアル以上の株式を所有しているが、持ち株放出が近づいていると予想されている。 社会経済開発銀行(BNDES)は、鉄鉱石の国際コモディティ価格が高値で推移しているタイミングで、ヴァーレ社の持ち株を売却に成功、現在の鉄鉱石価格は1年前の2倍に上昇している。 ヴァーレ社の時価総額は、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇に伴って5000億レアル以上に達... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2021/02/24 - 今年1月の国債償還総額は、発行総額を7億3,400万レアル上回った(2021年2月23日付けヴァロール紙)

2021年1月の国庫庁のブラジル国債発行残高は、前月比0.31%増加の625億1,000万レアル、ブラジル国債の償還総額は、発行総額を7億3,400万レアルを上回っていた。 今年1月の国債関連取引は42万3,000件で、国債発行残高は22億9,000万レアル、償還総額は30億2,000万レアル、利払いは1億9,000万レアルを記録している。 COVID-19パンデミックによる外出自粛やホームオフィス勤務形態の増加に伴って、昨年からブラジル国債関連の個人投資家が大幅に増加してきている。... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2021/02/24 - 今年1月の鉄鋼製品販売は16.2%増加(2021年2月23日付けヴァロール紙)

ブラジル鉄鋼卸売業者協会(Inda)の発表によると、2021年1月の鉄鋼製品販売は、前年同月比二桁台の16.2%増加の32万4,600トンを記録している。 また今年1月の1日平均の鉄鋼製品販売は1万6,200トンと2013年1月の水準まで回復している。今年1月の過去12か月間の累計販売量は前年同期比7.5%増加の366万トンとなっている。 今年1月のブラジル鉄鋼卸売業者協会(Inda)の鉄鋼メーカーからの鉄鋼製品購買は、前年同月比13.0%増加の33万5,900トン、過去12か月間の... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2021/02/23 - ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)

先週19日、ジャイール・ボルソナロ大統領は、燃料価格を巡って対立していた、ペトロブラス石油公社のロベルト・カステロ・ブランコ最高経営責任者(CEO)の後任に、国防相を務めたシルヴァ・エ・ルナ氏を任命すると発表していた。 22日のペトロブラスの株価は、サンパウロ証券取引所(B3)の中で最大の下げ幅となる19.5%も下落したが、またボルソナロ大統領による連邦公社への人事介入の可能性も否定できないためにブラジル銀行の株価も11.16%下落、ブラジル中央電力公社(Eletrobras)の株価も3.... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/23 - 今年の建設不動産部門は5.0%~10.0%増加予想(2021年2月22日付けヴァロール紙)

2021年のブラジルのGDP伸び率が3.5%増加、行政改革並びに税制改革の進展、住宅ローン向け低金利が継続すれば、今年の建設不動産部門は、前年比5.0%~10.0%増加の可能性をブラジル建設工業会議所(Cbic)のCelso Petrucci副会長は示唆している。 今年の建設不動産業界が憂慮する点は、建材の在庫不足並びに建材価格の高騰リスクであり、2009年のルーラ政権の経済成長加速プログラム(PAC)の大衆住宅建設"私の家、私の暮らし Minha Casa Minha Vida... [続きを読む]

カテゴリー: 建設・不動産



2021/02/23 - 今年2月の一般消費者の購買意欲は、5ヶ月連続増加から一転してマイナスに転じる(2021年2月22日付けヴァロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、2021年2月の一般消費者の購買意欲指数は、前月比マイナス0.6%の74.2ポイントと1月までの連続5か月間の増加から一転して、マイナスに転じている。 また今年2月の一般消費者の購買意欲指数は、COVID-19パンデミック直前の前年同月比では、二桁減少のマイナス25.3%と2010年1月から統計を取り始めて最大の落込みを記録している。 今年2月の前月比の一般消費者の購買意欲指数調査の7項目のうち5項目でマイナスを記録、雇用... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2021/02/22 - フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)

22日発表の中銀の最終フォーカスレポートは、2021年のブラジルのGDP伸び率をを前回予想の3.43%から3.29%と3週連続で下方修正している。また正式な2020年のGDP伸び率は3月3日にブラジル地理統計院(IBGE)から発表されるが、中銀は昨年のGDP伸び率を前回予想のマイナス4.30%からマイナス3.29%に上方修正さしている。 今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)を、前回予想の3.62%から3.82%に上方修正した一方で、2020年のIPCA指数は3.49%に据え... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/19 - 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)

連邦政府によるCOVID-19パンデミック対応の昨年上半期から継続して支給されていた緊急給付金(auxílio emergencial)は昨年12月で終了したものの、COVID-19パンデミックの影響による国内経済の停滞や失業率が高止まりしている。 連邦政府は、緊急給付金(auxílio emergencial)の再開を検討しているにも関わらず、緊急給付金の支給額、受給対象資格や支給時期が未定で遅れている。 パウロ・ゲーデス経済相が率いる経済省スタッフは、... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2021/02/19 - 今年1月のペトロブラスの石油生産は7.8%増加(2021年2月18日付けseudinheiroサイトより抜粋)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2021年1月のペトロブラス石油公社の1日平均当たりの石油生産は、前月比7.8%増加の214万バレルに達している。 また今年1月のペトロブラスの1日平均当たりの天然ガス生産は、前月比8.7%増加の9,780万立法メートルを記録、石油並びに天然ガス共に大幅増加を記録している。 今年1月のペトロブラスの1バレル(159リットル)の原油を燃焼させた時に生じるエネルギーを1ユニットとした石油換算バレル(BOE)は275万5,000BOEに達して、昨... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2021/02/19 - 2020年のパルプ生産は2,100万トンと過去2番目の記録(2021年2月18日付けヴァロール紙)

ブラジル木材工業(Ibá)の発表によると、2020年第4四半期のブラジルのパルプ生産は、前年同四半期比7.8%増加の530万トン、2020年1年間では前年比6.4%増加の2,100万トンに達し、過去2番目の生産量を記録している。 また昨年第4四半期のブラジルのパルプ輸出は、前年同四半期比12.7%増加の400万トン、昨年1年間のパルプ輸出量は、前年比6.1%増加の1,560万トンを記録している。 昨年の中国向けパルプ輸出は、COVID-19パンデミックの影響によるパルプ... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2021/02/19 - 教育系スタートアップ企業「Descomplica」はソフトバンクなどから8,400万ドルの資金調達(2021年2月18日付けヴァロール紙)

2020年創設のブラジル最大手の教育系スタートアップ企業Descomplica社は、ソフトバンクやInvus Opportunitiesファンドから総額8400万ドルに相当する4億5,000万レアルの資金調達に成功した。 Descomplica社への8,400万ドルの中にはソフトバンク以外にもDiniz一族のPenínsulaファンドやFacebookのChan Zuckerberg女史、U2ギタリストのザ・エッジ氏なども投資に参加している。 Descomplica社が... [続きを読む]

カテゴリー: IT/通信



2021/02/18 - 今年のユニコーン企業入り候補は17社(2021年2月17日付けエスタード紙)

スタートアップ企業の中で、2021年中に「ユニコーン」と呼ばれる10億ドル以上の価値があるブラジル資本の非上場会社は、17社が候補に挙げられている。 2018年以降でブラジル資本のスタートアップ企業の中で「ユニコーン」入りしたのは14社に達しているが、2021年中にユニコーン候補として挙げられているのは、ContaAzul社, Dr. Consulta社, Neon社, Minuto Seguros社, PetLove社, CargoX社, Contabilizei社, Pipefy社, ... [続きを読む]

カテゴリー: IT/通信



2021/02/18 - 製造業部門は部品供給問題で生産に支障をきたしている(2021年2月17日付けヴァロール紙)

2021年初めの製造業部門の生産向け原材料・部品不足は、昨年第3四半期から継続しており、生産計画に支障をきたしているとジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査で判明している。 今年初めの製造業部門で原材料・部品不足で計画通りの生産ができていないのは、自動車部門、金属部門並びにプラスティック部門が顕著となっている。 今年初めの製造業部門の部品供給問題に加えて、連邦政府によるCOVID-19パンデミック対応の昨年上半期からの月額600レアルの緊急給付金(au... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2021/02/18 - 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)

17日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、一般エコノミストは、今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)を、前回予想の3.60%から3.62%と6週連続で上方修正している。しかし2022年のIPCA指数は前回同様3.49%に据え置いた。また2023年のIPCA指数は3.25%、2024年のIPCA指数は3.25%を予想している。    一般エコノミストは今年のIPCA指数の中央目標値は3.75%、2022年は3.50%、2023年は3.25%にそれぞれ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策