Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2019/12/10 - 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給

地方自治体の収入の格差を少なくするために、連邦税の一部を財政基盤の弱い自治体に配分して、自治体間での財政格差を補うことが目的の都市向け交付金ファンド(FPM)の分配比率は軍事政権から継続しており、早急な分配率の是正が必要となっているとリオ工業連盟(Firjan)の調査で判明している。 ミナス・ジェラエス州セーラ・ダ・サウダーデ市の人口は781人、公立学校、並びに保健所、宝くじがそれぞれ1カ所、小規模スーパーが2カ所、市の財源は畜産業に頼っており、人口の僅か27%に相当する221人が労働人口... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/12/10 - ペトロブラスのラヴァ・ジャット汚職による損害は62億レアル

ペトロブラス石油公社をめぐるラヴァ・ジャット汚職事件の連邦警察による捜査が2014年3月に開始、ゼネコン最大手のOdebrecht社(オデブレヒト社)が長年にわたって常習的に取引先企業との契約で水増し請求をさせ,捻出した裏金を政党や有力政治家に繰り返し渡していた事件の発覚で、同社をはじめブラジル国内の大手ゼネコンの多くは企業閉鎖を余儀なくされた。 2015年4月のペトロブラスの2014年度のバランスシートで、ラヴァ・ジャット関連の汚職による損害総額は62億レアルに達しているとロベルト・カス... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/12/10 - 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か

中国資本の交交通建設(CCCC)とCR20社は、今週金曜日に入札が予定されているバイア州サルバドール市と対岸のヴェラ・クルース市を結ぶサルバドール‐イタパリカ大橋入札に単独で参加を予定している。 サルバドール‐イタパリカ大橋向け投資総額は53億レアルが見込まれており、このプロジェクトには総延長距離が12.3キロメートル、契約期間は35年となっている。 交交通建設(CCCC)は、2016年11月にブラジルのゼネコン企業Concremat Engenharia社の80%の株式を3億5,0... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2019/12/09 - 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

全国知事フォーラムに参加した各州知事は、ジャイール・ボルソナロ大統領に対して、11月6日に実施されたプレソルト鉱区の石油・天然ガスメガ入札による州政府への割当金53億レアルの前払いを要求している。 各州知事は州政府公務員向けの13か月目サラリーの12月20日までに支払う必要があるために、今月20日までの支払いを要求しているが、落札した企業の国庫庁への支払期限は12月27日となっている。 682億レアルで落札されたブージオ鉱区は、ペトロブラス石油公社の権益は90%、中国資本CNOOC(... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/12/09 - 今年の農産物輸出は前年比5.0%増加予想

2019年度のブラジルの農産物輸出は、農産物の生産工場のための調査・技術向上でトウモロコシ並びに棉、牛肉が牽引して前年比5.0%以上増加の2億トンに達すると予想されている。 10年前の2008年/2009年度の農産物生産は1億3,500万トン、国策面積は4,279万ヘクタールであったが、10年後の2018年/2019年度の農産物生産は78%増加に相当する2億4,000万トンに対して、耕作面積は僅か16.3%増加の4,970万ヘクタールとなっている。 全国農業連合会(CNA)のジョアン... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2019/12/04 - ソフトバンクはメキシコ資本フィンテック企業Konfioの1億ドル投資

孫正義社長が率いるソフトバンク社は、2019年3月上旬に総額50億ドルに達するラテンアメリカ地域攻略する最先端テクノロジー向け投資ファンドを設立して、果敢にスタートアップ企業に投資を行っている。 昨日12月3日にソフトバンク社は、メキシコ資本スタートアック企業でフィンテック分野のKonfio社に対して1億ドルの投資を発表、既存のメキシコの商業銀行が中小規模の会社への融資を渋るメキシコ国内で、Konfio社の信用引受サービスは迅速な代替手段として活用されている。 スタートアップ企業Ko... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/12/04 - 今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2019年第3四半期の国内総生産(GDP)伸び率は前四半期比0.6%増加、前年同期比1.2%増加、過去12カ月間では1.0%増加、今年初め9カ月間では1.0%増加を記録している。 今年第3四半期のGDP総額は1兆8420億レアル、農畜産部門のGDP伸び率は前四半期比1.3%、鉱工業部門は0.8%、サービス部門0.4%、住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門2.0%、民間消費支出部門は0.8%それぞれ増加、唯一政府消... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/12/04 - ブラックフライディーの小売販売は記録更新

Casas Bahia社並びにPonto Frio社、Extra社を擁するVia Varejo社グループのブラックフライディー当日の11月29日の売上は、11億レアルに達して1日の売上としては大幅な記録更新となっている。 ブラックフライディー期間中の先週水曜日から金曜日の大手小売網の記録的な販売要因として、一般消費者に対するブラックフライディー特売の浸透並びに500レアルまでの現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金の先払い政策導入、年利5.0%と過去最低の政策誘導金利... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2019/12/03 - 今年11月の新車販売は前月比4.3%減少

自動車販売代理店が加盟する全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の発表によると、2019年11月のバスやトラックを含む新車販売は、営業日数が少ない影響で前月比4.36%減少の24万2,300台を記録している。 今年11月の新車販売台数24万2,300台は、11月の月間販売としては2014年11月の29万4,600台に次ぐ販売台数を記録、前年同月比でも4.94%と大幅増加を記録している。 今年初め11カ月間の新車販売は前年同期比8.3%増加の252万台を記録、Fenabrave連... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車



2019/12/03 - トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か

昨日2日午前8時に米国のトランプ大統領は、自身のツイートでブラジル並びにアルゼンチンの鉄鋼製品並びにアルミ製品の米国への輸出に対して、両国が意図的に為替を引き下げて輸出に拍車をかけて、米国の農業従事者にとって良くない行為であるとして、再度輸入関税をかけると警告している。 トランプ大統領は昨年3月に、通商拡大法第232条に基づいて鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入に高関税をかけることを決定、米国に輸入される鉄鋼製品に25%、アルミニウム製品に10%の関税措置を発動してブラジルも8.0%の輸入関... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/12/03 - 今年11月の貿易収支黒字は過去4年間で最低

米中貿易摩擦継続による世界貿易縮小並びにアルゼンチン為替危機の影響、中国で発生している豚ペストの影響で、飼料用の中国向け大豆の大幅な需要減少や国内経済回復に伴う中間財の輸入増加などの要因で、2019年11月の貿易収支は34億3,000万ドルの黒字を計上したにも関わらず、過去4年間で最低黒字計上となっている。 特に貿易相手国3位のアルゼンチン向け自動車輸出は、アルゼンチンの為替危機の影響で壊滅的なダメージを蒙っている一方で、中国向け牛肉輸出は中国の豚ペストの影響で急上昇している。 今年... [続きを読む]

カテゴリー: 貿易



2019/12/02 - 今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上

2019年10月のペトロブラス石油公社並びにエレトロブラス電力公社(Eletrobras)を除いた中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府並びに地方政府(州・市)を合わせた連邦政府の財政プライマリー収支は、94億レアルの黒字を計上している。 中銀の統計によると、今年10月の連邦政府の財政プライマリー収支94億レアルの黒字は、10月としては2016年10月の396億レアルの黒字以降では最高の黒字を計上、今年9月の連邦政府の財政プライマリー収支は、205億レアルの赤字を計上... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/12/02 - 非正規雇用は労働人口の41.2%を占める

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、2019年8月~10月の月間平均失業率は、11.6%と前年同期の11.7%から若干減少の1,236万7,000人に達している。 2014年末から3年間継続した経済リセッションからブラジル国内経済は緩やかな回復傾向を示しているが、今年8月~10月の労働手帳に記載されない非正規労働は、労働人口の41.2%に相当する3,875万1,000人に達しているものの、前年同期の41.4%を若干下回っている。 また今年8月~1... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/12/02 - 販売好調のブラックフライディーで経済回復兆候か

小売販売大手のマガジン・ルイザ社並びにCasas Bahia並びにPonto Frioを擁するVia Varejo社のブラックフライディー期間中の売上は予想を大幅に上回っており、ブラジル国内経済回復の兆候を示している。 Cleaesaleグループ傘下のCompre&Confie社のオンライン販売調査によると、ブラックフライディー期間中の先週水曜日から金曜日のオンライン販売は、前年同期比31.0%増加の38億レアルと発表している。 ブラックフライディー期間中のオンラインによる注... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2019/11/29 - 中銀は特別小切手に追従してクレジットカード金利規制導入か

今月27日に中銀は、銀行が与信審査なしで自動的に貸してくれる特別小切手税と呼ばれる口座借越残の最高月利を8.0%、最高年利は現在の年利305%の半分以下の150%に制限すると発表した。 ブラジル銀行協会連盟(Febraban )では、2018年7月から200レアル以上の負債を抱える特別小切手利用者に対し、低金利の他のクレジットオファーをしているものの余り活用されていない経緯があった。 今年10月の月額最低返済を行わないクレジットカード借越残年利は317.22%に達しており、中銀ではク... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/29 - ペトロブラスの2024年までの投資は757億レアルに縮小

ペトロブラス石油公社は2020年~2024年の次期5か年計画を発表、来年から5か年の投資総額は、757億レアルと2019年~2013年の5か年計画の投資総額841億レアルを10%下回るが、2017年~2021年の5か年計画の投資総額745億レアルをかろうじて上回っている。 ペトロブラスでは、岩塩層下(プレソルト)原油・天然ガス開発に資金を集中する目的で、コア事業以外のポートフォーリオ事業の資産売却を果敢に進めており、今後5年間で300億ドル相当の資産売却を計画している。 同社では既に... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/11/29 - 中国向け牛肉輸出拡大で国内の牛肉価格高騰

エスタード紙とのインタビューで中国向け牛肉需要拡大に伴って牛肉輸出拡大で、国内向け牛肉不足で価格が上昇しているとテレーザ・クリスティーナ農務相は肯定している一方で、今後3カ月から4か月後には国内の牛肉価格は正常に戻ると説明している。 過去1カ月間のサンパウロ州内の1アローバ(15 キログラム)当たりの牛肉価格は35%上昇している要因として、中国向け牛肉常用の拡大並びに過去3年間の牛肉価格の停滞をクリスティーナ農務相は指摘している。 パラナ州内で食肉販売店20店舗を擁するLider社で... [続きを読む]

カテゴリー: 食品・飲料



2019/11/28 - 9社のブラジル企業が投資適格級維持

ブラジル資本の輸出大手企業9社は、米国3大格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)並びにムーディーズ社、フィッチ社のうち2社から投資適格級のお墨付きを得ている。 投資適格級に認定されているブラジル企業は、砂糖・エタノール部門並びに紙・パルプ部門、石油化学部門、鉱業部門などで構成されており、国際コモディティ商品を扱っている企業となっている。 米国の3大格付け会社のうち2社から投資適格級に認定されている企業は、Ambev社並びにEmbraer社、Braskem社、Suzano社... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/28 - ブラジルコストはGDP比22%に相当

経済省並びにブラジル競争力活動(MBC)との共同調査によると、ブラジルコストはGDP比22%に相当する1兆5,000億レアルに達しており、ブラジルコスト削減に反比例して競争力が飛躍的に拡大することが判明している。 ブラジル企業による国庫庁への納税申請による年間平均時間は1,501時間を要しているが、ブラジルが加盟を熱望している経済協力開発機構(OECD)の平均は僅か161時間で、このブラジルコストで2,400億レアル~2,800億レアルの無駄な消費に繋がっている。 例えば企業設立の要... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/28 - 連邦政府は特別小切手の月利上限を8.0%に決定

今年10月の一般消費者は突発的な支出を余儀なくされる場合に使用される金利が天文学的な残高がマイナスになると銀行が与信審査なしで自動的に貸してくれる特別小切手税と呼ばれる口座借越残金利は305%に達しており、一旦特別小切手利用すると債務不履行に陥って蟻地獄の如く抜け出せなくなる。 大半の特別小切手利用者は、口座借越残金利システムを理解できない低所得者層であり、連邦政府は特別小切手の上限月利を8.0%の限定、国家通貨審議会(CMN)が承認している。 この連邦政府は特別小切手の上限月利8.... [続きを読む]

カテゴリー: 金融