Câmara do Japão
Português
検索: OK
(505)

化学・石油化学

検索期間を指定してください: OK
昨年の化学工業部門の貿易赤字は259億ドル 2012/03/19

非常に高い課税率並びにコスト上昇を招く貧弱なインフラ、高金利等の要因で輸入が前年比7.5%増加した影響から、昨年の化学工業部門は259億ドルの貿易赤字を計上している。

米国からの輸入天然ガス価格は、国産の天然ガス価格よりも20%割安であり、Basf社のミシェル・メルテンス副社長は、バイア州カマサリ市からサンパウロ市までの原材料の輸送費は、距離が数倍長いヨーロッパからサンパウロ市への輸送費よりも10%高いと指摘している。

また、サンタ・カタリーナ州政府やエスピリット・サント州政府は、州内の港湾からの輸入品に対して商品流通税(ICMS)減税の優遇税制を採用し港湾利用を促しているが、両州は大消費地から遠いために国内輸送コスト高に結びついている。

ブラジル化学工業会(Abiquim)では、1990年から開始した輸入自由化政策の影響を受けて業界の1,710社が倒産、そのうちの345社の追跡調査では、国内の化学製品の価格は輸入品価格よりも高く、その影響で閉鎖を余儀なくされた企業が80%を占めていた。

昨年の化学部門の輸入は416億ドル、輸出は157億ドルに留まって259億ドルの貿易赤字を計上、昨年の石油部門のセクター別売り上げでは石油化学セクターがトップ、続いて医薬品セクター、衛生・香水・化粧品セクター、肥料セクターが続いている。

世界の化学部門の売り上げでは中国が9,030億ドルでトップ、米国が7,200億ドル、日本が3,380億ドル、ドイツが2,290億ドル、韓国が1,390億ドル、フランスが1,370億ドル、ブラジルが1,290億ドルで7位にランク入りしている。

インドは1,250億ドルで8位、イタリアは1,050億ドル、英国は940億ドル、ロシアは830億ドル、オランダは730億ドル、スペインは700億ドルであった。(2012年3月18日付けエスタード紙)


 



2019/06/06 » ペトロブラス石油公社の盗油による損害額は年間1億5,000万レアル
2019/05/23 » ブラジル資本Natura社は Avon社買収で世界4位の化粧品会社誕生
2018/12/07 » 今年の化学業界の貿易収支赤字は291億ドル予想
2018/11/19 » 今年の工業用シリコーン生産は7.0%増加予想
2018/07/12 » 6月の段ポール箱出荷は11.6%と二桁増加
2018/05/25 » 今年末の石油価格は90ドルの可能性
2018/04/17 » Natura社はUnilever社を追い越して化粧品業界リーダーに再登場
2018/03/21 » ペトロブラスは北東部の肥料工場2カ所を操業停止
2018/02/06 » 2018年の化学部門の投資総額は7億ドルに留まるか
2017/02/03 » 2016年の薬局の医薬品販売は前年比11.0%増加に留まる
2016/05/06 » ブラスケン社は米国で新工場建設か
2016/04/27 » 今年第1四半期のジェネリック医薬品の販売は駆け込み需要で18.7%増加
2016/04/06 » 特許切れでジェネリック医薬品業界の売上は年間6億1,500万レアル増加予想
2016/03/21 » ブラスケン社はシェールガス輸入でペトロブラスの依存度を下げる
2016/03/15 » ダウ・デュポン統合で世界の化学業界再編か
2015/11/30 » 世界的な医薬品業界再編がブラジルでも開始
2015/08/05 » ペトロブラスは肥料工場建設で海外投資家を受け入れ
2015/07/06 » 2015年のブラジル医薬品業界の売り上げは1,320億レアルを予想
2015/06/12 » 【ANPがローカル・コンテンツ規定を変更せず】
2015/05/26 » 石油化学会社ブラスケンは国内向け樹脂価格を値上げ

バックナンバー »