Câmara do Japão
Português
検索: OK
(505)

化学・石油化学

検索期間を指定してください: OK
パンデミックで化学品メーカーの一部は設備稼働率が50%まで下落(2020年4月30日付けバロール紙) 2020/04/30

化学業界では、感染を拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)への対策や感染者の治療といった分野に関連した一部のメーカーがフル稼働体制で生産に当たっているが、残りのメーカーはむしろ全く異なる現実に直面している。国内化学品メーカーをまとめるブラジル化学工業協会(Abiquim)が実施した調査によると、業界の半数の企業で2020年4月の設備稼働率が50%から60%となっており、調査に回答した企業の30%が、従来のペース、およそ70%の設備稼働率を維持していると回答した。

Abiquimのファッチマ・ジオバンナ・コビエロ・フェレイラ経済・戦略問題担当理事によると、業界の企業で例えば衛生品や消毒剤、保健関連品に関係しているところは業績が上向いているが、一方で自動車業界あるいは土木建築業界に関連した製品を製造するメーカーは顧客がパンデミックにより操業に影響を受けていることから業績を悪化させている。「企業に比重を置いて状況を逐次確認した4月のレポートがまとまれば、COVID-19の影響がより明確になるだろう」という。

Abiquimは定量調査を月2回実施しており、次回の調査では業界に対する信用供与と投資、業界が準備を進めている再開プロトコルに関してモニタリングを実施する予定だ。同協会によると最初の調査で「相当数の」業界企業から回答が寄せられた。

フェレイラ理事によると、2020年3月までに集められたデータから、第1四半期(1―3月期)は需要が拡大して業界のパフォーマンスを改善、過去12か月間に累積していた損失の一部を縮小する効果も発揮した。「だがこうした流れは、4月には中断したと受け止めている」と同理事は言う。1月から3月にかけて化学業界は、化学製品の需要が+4.4%と回復を続けた。だが4月に入ってから、販売は大きく減少したものと同協会は受け止めている。(2020年4月30日付けバロール紙)
 



2020/07/02 » 化学製品の国内消費の46%は輸入製品が席捲(2020年7月1日付けヴァロール紙)
2020/06/16 » 今年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は2.6%減少(2020年6月15日付けヴァロール紙)
2020/04/30 » パンデミックで化学品メーカーの一部は設備稼働率が50%まで下落(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/16 » パンデミックで化学品の輸入が20年3月に記録を更新(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/13 » COVID-19 Abiquimが生産戦略を見直しへ
2020/01/14 » ペトロブラスはパラナ州の化学肥料工場(Fafen)を閉鎖か
2019/06/06 » ペトロブラス石油公社の盗油による損害額は年間1億5,000万レアル
2019/05/23 » ブラジル資本Natura社は Avon社買収で世界4位の化粧品会社誕生
2018/12/07 » 今年の化学業界の貿易収支赤字は291億ドル予想
2018/11/19 » 今年の工業用シリコーン生産は7.0%増加予想
2018/07/12 » 6月の段ポール箱出荷は11.6%と二桁増加
2018/05/25 » 今年末の石油価格は90ドルの可能性
2018/04/17 » Natura社はUnilever社を追い越して化粧品業界リーダーに再登場
2018/03/21 » ペトロブラスは北東部の肥料工場2カ所を操業停止
2018/02/06 » 2018年の化学部門の投資総額は7億ドルに留まるか
2017/02/03 » 2016年の薬局の医薬品販売は前年比11.0%増加に留まる
2016/05/06 » ブラスケン社は米国で新工場建設か
2016/04/27 » 今年第1四半期のジェネリック医薬品の販売は駆け込み需要で18.7%増加
2016/04/06 » 特許切れでジェネリック医薬品業界の売上は年間6億1,500万レアル増加予想
2016/03/21 » ブラスケン社はシェールガス輸入でペトロブラスの依存度を下げる

バックナンバー »