Câmara do Japão
Português
検索: OK
(505)

化学・石油化学

検索期間を指定してください: OK
特許切れでジェネリック医薬品業界の売上は年間6億1,500万レアル増加予想 2016/04/06

一般消費者の収入増加による医薬品の売上増加、民間健康保険プラン拡大、健康志向などの影響で過去数年間のブラジル医薬品業界の売り上げは拡大の一途をたどっている。

特に貧困層向け補助政策や製造業部門の投資拡大による一般消費の増加に伴って、医薬品の消費も上昇してきている北東部地域並びに中西部地域でのドラッグストアー網が拡大してきている。

医薬品後発メーカーの団体である( PRO GENERICOS)の発表によると、2015年の特許期間切れ新薬のジェネリック医薬品生産が承認されたのは35種類に達している。

ジェネリック医薬品メーカーにとって35種類の新たなジェネリック医薬品生産は、2025年までに年間平均6億1,500万レアルの売り上げ増加につながると見込まれている。

特にジェネリック医薬品メーカートップのEMS社並びにHypermarcasグループのNeo Quimica社、フランス資本 SanofiグループのMedley社では、すでに国家衛生監督庁(Anvisa)からジェネリック生産の承認を受けて生産開始している。

ブラジル国内で消費される多くの医薬品は輸入に依存しているにも関わらず、現在のドル高の為替で輸入医薬品価格が上昇して国産への切替が急務であり、2025年までの35品目のジェネリック新薬販売は17億レアル増加につながると予想されている。

2,000年以降のジェネリック医薬品販売は年平均二桁台の伸び率を記録していたにも関わらず、2月の過去12か月間の売上は前年同期比8.0%の一桁台に留まっており、またジェネリック医薬品のマーケットシェアは29.2%に上昇している。

35品目のジェネリック新薬の国産化では人件費並びに電力料金コストの上昇、連邦政府によるインフレ指数を下回る医薬品値上げの承認などの要因で、今年の国内の医薬品業界の売上は、前年比5.0%~7.0%に留まるとサンパウロ州製薬工業組合(SINDUSFARMA)のネルソン・ムソリーニ会長は予想している。

Neo Quimica社はブラジル資本Ache製薬の抗炎症剤Tandrilax類似品に相当するジェネリック新薬Torsilax を市場に投入してマーケットシェア拡大を目指している。

サンパウロ州オルトランジア市に本社を置くEMS社では、すでに国家衛生監督庁(Anvisa)から10品目のジェネリック生産承認を受けており、今後3か月間以内のジェネリック新薬販売を予定している。(2016年4月6日付けエスタード紙)



2019/05/23 » ブラジル資本Natura社は Avon社買収で世界4位の化粧品会社誕生
2018/12/07 » 今年の化学業界の貿易収支赤字は291億ドル予想
2018/11/19 » 今年の工業用シリコーン生産は7.0%増加予想
2018/07/12 » 6月の段ポール箱出荷は11.6%と二桁増加
2018/05/25 » 今年末の石油価格は90ドルの可能性
2018/04/17 » Natura社はUnilever社を追い越して化粧品業界リーダーに再登場
2018/03/21 » ペトロブラスは北東部の肥料工場2カ所を操業停止
2018/02/06 » 2018年の化学部門の投資総額は7億ドルに留まるか
2017/02/03 » 2016年の薬局の医薬品販売は前年比11.0%増加に留まる
2016/05/06 » ブラスケン社は米国で新工場建設か
2016/04/27 » 今年第1四半期のジェネリック医薬品の販売は駆け込み需要で18.7%増加
2016/04/06 » 特許切れでジェネリック医薬品業界の売上は年間6億1,500万レアル増加予想
2016/03/21 » ブラスケン社はシェールガス輸入でペトロブラスの依存度を下げる
2016/03/15 » ダウ・デュポン統合で世界の化学業界再編か
2015/11/30 » 世界的な医薬品業界再編がブラジルでも開始
2015/08/05 » ペトロブラスは肥料工場建設で海外投資家を受け入れ
2015/07/06 » 2015年のブラジル医薬品業界の売り上げは1,320億レアルを予想
2015/06/12 » 【ANPがローカル・コンテンツ規定を変更せず】
2015/05/26 » 石油化学会社ブラスケンは国内向け樹脂価格を値上げ
2015/03/23 » 中国化工集団はイタリアのタイヤ大手ピレリを買収

バックナンバー »