Câmara do Japão
Português
検索: OK
(505)

化学・石油化学

検索期間を指定してください: OK
【ANPがローカル・コンテンツ規定を変更せず】 2015/06/12

石油開発鉱区の利権を対象にした新規事業入札に対して、石油業界では多国籍企業を中心にローカル・コンテンツ規定の見直しを求める声が大きかったものの、連邦政府は従来の基準を維持する判断を下した。

国家原油庁(ANP)が12日、2015年10月に実施を予定する第13回石油開発鉱区事業入札の入札図書を発表、ローカル・コンテンツ規定に関しては、変更を加えずこれまでの基準を維持した。

石油会社に対しては引き続き、国内業務で使用する設備に対して最低限の国産化比率を達成していることが求められ、これまで実施された事業入札同様、応札には一定の水準で国内の財やサービスを調達するという重い足かせがはめられることになる。

ANPの事業入札では、現地調達比率の高い石油会社ほど、落札の可能性が高くなる。ただし、ANPが採用するローカル・コンテンツ規定に対しては、投資家の不満は根強い。石油会社が抱える大きな不満は、国内サプライヤーが提供する納期と価格である。さらにこれらの石油会社は、ペトロブラスに対する石油プラットホームやタンカーなどを建造している造船会社の親会社であるゼネコンがペトロブラスに関連した贈収賄疑惑から連邦警察の進めるラヴァ・ジャット作戦の対象になっていることで、ローカル・コンテンツ規定を取り巻く状況はさらに深刻なものになっていると主張する。

石油メージャーの役員らは、ジウマ・ロウセフ大統領に対して、第13回石油開発鉱区事業入札に関連した入札図書の規定改定を働きかけてきた。だが、当初はこの問題の責任者で前向きな反応をしていたANPのマグダ・シャンブレア総裁は、ジウマ大統領が公の場で「ローカル・コンテンツ規定は現状のものを引き継ぎ」連邦政府は一切変更しないと発言して以降、議論そのものをタブーとして打ち切った。

大統領の発言は、5月14日にアトランチ子・スール造船の労働者を前に行われたものだが、この発言以前にエドゥアルド・ブラガ鉱山動力大臣が、アメリカで開催されたカンファレンスにおいて、石油会社の役員らを前に、規定を見直すと確約していた経緯がある。同大臣の発言に対してジウマ大統領は激怒、アトランチコ・スール造船の進水式に参加するためにブラジリアからペルナンブコ州に移動する際、ブラガ鉱山動力大臣は石油会社に対して屈服すべきではなかったとコメントしたとされる。

第13回石油開発鉱区事業入札では、陸上と比較的水深の浅いエリアを対象にする予定で、連邦政府はローカル・コンテンツ規定を見直さなくても大きなボトルネックは生じないと受け止めている。ローカル・コンテンツ規定を維持する場合にボトルネックが生じるのは、超深海の掘削リグ船の契約時であるというのが連邦政府の考えだ。また大統領は、業界のロビーに屈して規定を変更するのを御都合主義と受け止めており、一部の企業が主張するようなボトルネックは誇張されたものだと考えている。(2015年6月12日付けエスタード紙)

 



2020/07/02 » 化学製品の国内消費の46%は輸入製品が席捲(2020年7月1日付けヴァロール紙)
2020/06/16 » 今年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は2.6%減少(2020年6月15日付けヴァロール紙)
2020/04/30 » パンデミックで化学品メーカーの一部は設備稼働率が50%まで下落(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/16 » パンデミックで化学品の輸入が20年3月に記録を更新(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/13 » COVID-19 Abiquimが生産戦略を見直しへ
2020/01/14 » ペトロブラスはパラナ州の化学肥料工場(Fafen)を閉鎖か
2019/06/06 » ペトロブラス石油公社の盗油による損害額は年間1億5,000万レアル
2019/05/23 » ブラジル資本Natura社は Avon社買収で世界4位の化粧品会社誕生
2018/12/07 » 今年の化学業界の貿易収支赤字は291億ドル予想
2018/11/19 » 今年の工業用シリコーン生産は7.0%増加予想
2018/07/12 » 6月の段ポール箱出荷は11.6%と二桁増加
2018/05/25 » 今年末の石油価格は90ドルの可能性
2018/04/17 » Natura社はUnilever社を追い越して化粧品業界リーダーに再登場
2018/03/21 » ペトロブラスは北東部の肥料工場2カ所を操業停止
2018/02/06 » 2018年の化学部門の投資総額は7億ドルに留まるか
2017/02/03 » 2016年の薬局の医薬品販売は前年比11.0%増加に留まる
2016/05/06 » ブラスケン社は米国で新工場建設か
2016/04/27 » 今年第1四半期のジェネリック医薬品の販売は駆け込み需要で18.7%増加
2016/04/06 » 特許切れでジェネリック医薬品業界の売上は年間6億1,500万レアル増加予想
2016/03/21 » ブラスケン社はシェールガス輸入でペトロブラスの依存度を下げる

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)『雇用維持のための救済措置の状況と今後について』(Fator法律事務所の佐藤ジルセウ弁護士 2020年7月8日)

Pdf『チリにおける新型コロナウイルスの影響』ジェトロ・サンチアゴ事務所の佐藤 竣平所長 2020年7月1日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業活動や危機管理に関するアンケート結果【速報】(2020年6月)

________

Pdf『2020年度第1四半期決算発表からみる新型コロナウイルスのブラジル企業への影響』(コンサルタント部会の吉田幸司部会長 2020年6月24日)

Pdf4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」(ジェトロサンパウロ事務所の大久保敦所長 2020年6月17日)

Pdf第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」ジェトロリマ事務所の設楽 隆裕所長(2020年6月10日)

 

Pdf「アルゼンチンにおける新型コロナウイルスの影響」ジェトロブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長 2020年6月3日

Pdfブラジル等における新型コロナ対応状況(ジェトロサンパウロ事務所 大久保敦所長 2020年5月27日)

Pdf雇用維持のための救済措置解説セミナー発表資料 (佐藤ジルセウ弁護士 2020年4月27日)

 

  会員企業の新型コロナSDGs (CSR) 他、関連取り組み状況

 

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/31日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 4/3日現在 128社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

 

______

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料