Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
社会格差が11年連続で縮小 2012/03/12

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の社会政策研究センターの今年1月の「未来の国に戻る」調査によると、ブラジルの社会格差は過去欧米諸国が金融緩和政策を導入して金融市場に資金がだぶついているために11年連続して縮小、1960年から調査を開始して以来では最も縮小している。

今年1月の時点で過去12カ月間のジニ係数は、2.1%減少の0.5190と社会格差が改善されており、FGV財団では、ブラジルの社会格差は今後も継続して縮小、2014年のジニ係数は、0.51407とさらに減少して改善されると予想している。

調査のコ-ディネーターであるマルセロ・ネリ氏は、「格差が縮小してきているにも関わらず、ブラジルの社会格差は最も大きい12ヶ国の中にランク入りしている。しかし2001年から昨年までの社会格差の縮小は驚くほどであり、社会格差の縮小は継続されなければならない」とコメントしている。

昨年1月から今年1月までの貧困率は、意義のある7.9%減少に達しているが、ブラジル経済が好調であった2010年から2011年では11.7%減少していた。また2000年から2009年の50%を占めた最貧困層の収入は68%増加、その一方で10%を占めた最富裕層の収入は10%の増加に留まっていた。

ネリ氏は、「ジウマ・ロウセフ大統領が貧困撲滅のために、大きな目標を掲げているにも関わらず、ジウマ政権が終了するまでには貧困は無くならない」と述べている。FGV財団の調査では、ヨーロッパの債務危機の影響はブラジル人の収入減少には結びつかず、今年1月の時点で過去12カ月間の家族当たりの収入は2.7%増加、しかし世界金融危機の影響を受けた2009年の収入は減少した。

FGV財団では、今後2年間のA/Bクラスの収入の伸び率がCクラスよりも増加すると予想、調査によると、社会格差のピラミッドの頂点にいる富裕層の収入は、2014年までに29%増加するが、Cクラスは11.9%の増加に留まる。

同氏は新A/Bクラスを新中間層と呼び、Cクラスの購買力は、上位クラスよりも大きいと説明している。同財団では、2014年までに国民の60.1%がCクラスを形成すると予想して、2011年の55%から大幅に増加する。2003年から2011年にかけて、4,000万人の国民が新たに中間層に入った。

今後2年間に更に1,200万人が中間層に入るために、1億1,800万人まで増える。ブラジル地理統計院(IBGE)の家庭収入調査(POF)を参考にしたFGV財団の統計表では、Cクラスの家庭収入が月間1,734レアルから7,475レアル、Bクラスは7,475レアルから9,745レアル、Aクラスは9,745レアル以上とクラス分けしている。

同氏は、2014年までに700万人がA/B クラス入りして2,910万人に達すると予想、しかし2003年は僅かに1,330万人であった。家庭収入が月間1,734レアルまでのD/Eクラスは、減少して社会格差の縮小に結びついている。

同財団では、現在のD/Eクラスは6,360万人に達しているが、2014年には4,890万人まで減少すると予想、2003年のピラミッドの底辺を形成していた当時D/Eクラス国民は9,620万人であった。

ネリ氏は、「この貧困層から中間層への移動は、ルーラ大統領が父親、カルドーゾ大統領がお祖父さん役として、教育に力を入れたために実現した。」と評価している。また彼は正規雇用の増加、貧困層の新生児の死亡率低下や社会格差の縮小は、ボルサ・ファミリアなどの社会プログラム導入が、基本的要因になっていると説明している。

ルーラ政権時代にブラジル経済が過熱して、中銀がインフレ抑制のために金融引締め政策の導入に迫られていた時に世界金融危機が発生したために、都合よくブラジル経済過熱にブレーキがかかった。

米世論調査機関ギャラップが世界158の国・地域を対象に行った住民の先行き幸福度の調査を参考に作成された、1ポイントから10ポイントまでに分けられるFGV財団の社会政策センターによる将来の幸福度調査では、2015年のブラジル人の幸福度8.6ポイントと世界で最も高かった。

米国は世界14位で8.0ポイントとヨーロッパ諸国よりも高かった。アイルランドは16位で、英国は26位、イタリアは56位、ドイツは62位、大きな債務を抱えるギリシャは145位並びにポルトガルは146位と両国民が先行きの不安感を抱えているのは、国の負債と国民のカルチャーが大きく影響していると、ネリ氏は指摘している。(2012年3月8日付けエスタード紙)

 



2021/03/02 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を3.87%に上方修正(2021年3月1日付けヴァロール紙)
2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/04 » 2021年のサンパウロ州のGDP伸び率は5.0%予想(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/02/03 » 2020年の鉱工業部門生産は、COVID-19パンデミックの影響でマイナス4.5%(2021年2月2日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトより抜粋)
2021/02/02 » 今年のGDP伸び率を3.50%に上方修正(2021年2月1日付けヴァロール紙)

バックナンバー »