Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
第3四半期の経済活動指数(IBC-Br)が前四半期比マイナス0.32%と経済減速傾向 2011/11/18

9月の国内総生産(GDP)の目安となる中銀の経済活動指数(IBC-Br)は、前四半期比マイナス0.32%と2009年第1四半期以来では初めて減少に転じて、今後のリセッション入りの可能性が憂慮されている。

しかし金融アナリストは連邦政府が欧米を中心とした景気悪化の影響緩和や国内経済を活性化させて、国内総生産を上昇サイクルに戻すための金融緩和やクレジット拡大政策が短期間に効を奏しないと、最終四半期も前期比マイナスとなってリセッション入りすると予想している。

昨年のGDP伸び率が7.5%と大幅増加して、更なる国内消費の過熱やインフレ圧力を下げるために、昨年末にマクロ・プルーデンス政策を採用、また7月までSelic金利を大幅に引上げた影響で景気引締め政策と採用していた。

しかし製造部門の在庫増加並びに生産減少で8月の生産伸び率は前月比では2008年12月以来の大幅な落ち込みを記録、しかし9月は0.02%と僅かに増加に転じたが、第3四半期のIBC-Brはマイナスとなった。

8月末からSelic金利の引下げサイクル効果が表れるのは半年以上と遅いが、先週に発表したブラジル銀行の消費者向けクレジット金利の切下げ、中銀が検討している銀行の強制預託金比率の引下げや、クレジットに関する課税率低下による効果は短期間に表れるために、最終四半期のIBC-Brは0.3%から0.5%増加する可能性もある。(2011年11月18日付けエスタード紙)


 



2021/04/14 » 今年2月の一般小売販売量は前月比0.6%増加(2021年4月13日付けIBGEサイトより抜粋)
2021/04/13 » 今年4月のIPOによる資金調達は245億レアル予想(2021年4月12日付けヴァロール紙)
2021/04/13 » 最終フォーカスレポートは、今年のインフレ指数を4.85%に上方修正(2021年4月12日付けエスタード紙)
2021/04/09 » 今年3月のインフレ指数は同月としては過去6年で最高の0.93%(2021年4月9日付けIBGEサイトから抜粋)
2021/04/09 » 2月の鉱工業生産は調査対象15地域のうち10地域でマイナスを記録(2021年4月8 日付けIBGEサイトより抜粋)
2021/03/25 » 今年2月のブラジルの債務残高は5兆2,000億レアル(2021年3月24日付けヴァロール紙)
2021/03/24 » 今年の予算基本法では、国防省向けが給与調整を含めて全体の22.0%を占めている(2021年3月23日付けエスタード紙)
2021/03/23 » 今年2月の国庫庁の歳入総額は、4.3%増加の1,277億レアル(2021年3月22日付けエスタード紙)
2021/03/23 » 最終フォーカスレポートは、インフレ圧力上昇で年末のSelic金利を5.0%に引き上げ(2021年3月22日付けヴァロール紙)
2021/03/18 » 中銀は6年ぶりにインフレ圧力軽減のためにSelic金利を2.75%に引上げた(2021年3月17日付けエスタード紙)
2021/03/17 » 今年1月の正規雇用は26万人に達した(2021年3月16日付けヴァロール紙)
2021/03/16 » 今年1月の経済活動指数(IBC-Br)は1.04%増加(2021年3月15日付けエスタード紙)
2021/03/16 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.60%に上方修正(2021年3月15日付けヴァロール紙)
2021/03/15 » スタートアップ企業のIPO申請が数珠つなぎ(2021年3月12日付けエスタード紙)
2021/03/11 » 2020年の月間平均失業率は13.5%で記録更新(2021年3月10日付けIBGEサイトから抜粋)
2021/03/11 » 今年3月の企業経営者の景況感は減速(2021年3月10日付けヴァロール紙)
2021/03/10 » 今年1月のサービス部門生産量は、輸送部門が牽引して0.6%増加(2021年3月9日付けエスタード紙)
2021/03/09 » 中銀は9週連続で今年のインフレ指数予想を引上げ(2021年3月8日付けエスタード紙)
2021/03/08 » 今年1月の鉱工業部門生産は、前月比0.4%増加(2021年3月5日付けブラジル地理統計院サイトより抜粋)
2021/03/05 » 昨年のサンパウロ州のGDP伸び率は0.4%増加(2021年3月4日付けヴァロール紙)

バックナンバー »