Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
中銀は予想外の05%の利下げを決定 2011/09/01

金融スペシャリストの大半は昨日の中銀の通貨政策委員会(Copom)で政策誘導金利(Selic)の据え置きを予想していたにも関わらず、予想外の0.5%の利下げを決定したために、中銀がプラナルト宮の政治圧力に屈したのではないかと疑問視している。

42日前の前回のCopom会議まで中銀はインフレ圧力増加に伴って、金融引締め政策として、今年連続5回に亘ってSelic金利を1.75%の大幅利下げを継続していたが、世界情勢の再評価で先進国経済の成長見通しが総じて大幅に下方修正されるなど、見通しが著しく悪化していると判断、5委員が利下げに賛成,2委員が金利据置きに賛成して票が割れた。

しかし中銀によるSelic金利の利下げ0.5%を決定する24時間前に、ジウマ・ロウセフ大統領はブラジルの金利の利下げサイクルの突入の可能性についてコメントしており、また2日前の29日にはギド・マンテガ財務相も今年のプライマリー収支黒字100億レアルの引上げでインフレ圧力低減を強調していたために、中銀への政治圧力による介入を疑っている。

ルーラ政権で8年間の中銀総裁を務めて中銀の中立性を頑なに主張していた、エンリケ・メイレーレス元中銀の続投を望んでいなかったジウマ大統領は、中銀総裁にトインビーニ氏を選んでいた経緯がある。

中銀の声明では米国やヨーロッパ諸国を中心とした多くの先進国経済の成長見通しが著しく悪化していると判断、また多くの先進国経済で見られる状況が予想より長引く公算が大きいと理解、これらの国々では金融政策を活用する余地は限定的であり、財政シナリオも制限されているために、これらの要因から世界的なシナリオは近い将来のディスインフレーションへの傾向を表している。

また海外状況のブラジル経済への影響は貿易縮小や投資フローの減速、より制限された信用状況、消費者と企業の景況感悪化などとなって、さまざまな形で具体化する可能性があり、海外情勢をめぐる複雑な状況は現在見られる国内の経済活動の鈍化プロセスをさらに急激なものにする見通しで、すでに成長見通しの下方修正となって表面化している。

これらの要因を検討して委員会は政策金利の緩やかな調整はより制限された世界的環境からの影響を現段階で和らげることになり、2012年のインフレ目標達成するものであると発表している。

今回の0.5%の利下げでブラジルのSelic金利は12.00%と2009年7月以来では初めて利下げに転じたにも関わらず、インフレ分を差引いた実質金利は6.3%と2位のハンガリーの2.8%を大幅に上回って、世界最高金利を維持している。

3位にはチリの2.3%、インドネシア2.0%、オーストラリア1.1%、コロンビア1.0%、メキシコ0.9%、台湾0.5%、ポーランド0.4%、南アフリカが0.2%で10位にランクされている。(2011年9月1日付けエスタード紙)


 



2020/09/24 » Localiza社とUnidas社合併で時価総額480億レアルの企業誕生 (2020年9月23日付けエスタード紙)
2020/09/24 » COVID-19パンデミック期間中の4か月で失業率は27.6%増加(2020年9月23日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 中銀は短期間に一般消費者向けインフレ上昇を警告(2020年9月22日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 国庫庁の調査では8月の1日当たりの電子ノッタは13.4%増加(2020年9月22日付けヴァロール紙)
2020/09/22 » 9月の鉱工業部門の設備稼働率は2015年3月以降で最高(2020年9月21日付けエスタード紙)
2020/09/21 » 8月最終週の失業率は、COVID-19パンデミック以降では最高の14.3%に上昇(2020年9月18日付けエスタード紙)
2020/09/18 » ブラジル銀行、連邦貯蓄金庫並びに造幣公社は民営化対象外とボルソナロ大統領は示唆(2020年9月18日付けヴァロール紙)
2020/09/18 » マガジン・ルイーザ社は郵便公社民営化で入札参加か(2020年9月16日付けヴァロール紙)
2020/09/16 » 38.6%の企業が未だにCOVID-19パンデミックの悪影響を受けている(2020年9月15日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/09/15 » 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は2.15%増加(2020年9月14日付けヴァロール紙)
2020/09/14 » 今年7月のサービス部門生産量は前月比2.6%増加(2020年9月11日付けヴァロール紙)
2020/09/10 » COVID-19パンデミックの経済回復比較でブラジルは51位(2020年9月9日付けヴァロール紙)
2020/09/09 » 2021年から通常業務に戻るのは調査対象企業の38.0%(2020年9月8日付けエスタード紙)
2020/09/04 » 2019年のブラジルの工業生産高は16位に後退(2020年9月4日付けエスタード紙)
2020/09/04 » エンブラエル社は更に900人の従業員解雇発表(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/04 » 今年7月の鉱工業部門生産は前月比8.0%増加(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/03 » 今年の一人当たりのGDP伸び率マイナス6.1%はスペイン風邪流行時を上回る過去120年間で最大の下落か(2020年9月2日付けヴァロール紙)
2020/09/02 » 連邦政府は2023年迄13年連続で財政赤字継続か(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/02 » ボルソナロ大統領は、緊急補助金支給を12月までの延長発表(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/01 » 2020年第2四半期のGDP伸び率はマイナス9.7%の過去最大の落込みを記録(2020年9月1日付けエスタード紙)

バックナンバー »