Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
7月のサンパウロ州の製造業部門の活動レベル指標が0.3%低下 2011/08/31

サンパウロ州工業連盟(Fiesp)の統計によると7月のサンパウロ州の製造業部門のインフレ分を差引いた実質活動レベル指標(INA)は前月比0.3%と僅かに増加、名目INAでは0.6%増加している。

しかし7月のINA指標は前年同月比0.1%、今年7カ月間では2.5%、過去12カ月間では3.5%それぞれ増加、しかし7月のINAの0.3%増加は2006年7月の0.9%以来では最低の伸びとなって、サンパウロ州の製造部門に陰りが出てきている。

このINAの伸び悩みは米国やヨーロッパの景気後退や経済の先行き不透明感やレアル高の為替の影響が大きく、企業経営者は設備投資を控えて、在庫調整に取り掛かっている。

7月の名目設備稼働率(Nuci)は前月の83%から83.1%とほとんど変わらないにも関わらず、実質Nuciは82.7%から82.2%に減少、また8月の企業経営者の景況感は47.3%と昨年12月から最も落ち込んでおり、毎年8月は年末商戦向けで設備稼働率が最も高くなる傾向があった。

ブラジル鉄鋼院(IABr)では今年のブラジルの粗鋼生産を3,940万トンから国内需要の低下、在庫の増加、レアル高の為替による輸入鉄鋼製品の増加などで3,630万トンに下方修正したにも関わらず、昨年の粗鋼生産を10.5%上回っている。

国内の鉄鉱製品消費は0.9%減少の2,587万トンを予想、しかし粗鋼生産はCSA製鉄が輸出用鉄鋼製品生産を開始したために、昨年の2,250万トンを8.9%上回ると予想されている。

今年の粗鋼製品の輸出は前年比24.8%増加の1,222万トンで85億ドルに相当、輸入は42.4%減少の340万トンで40億ドルに相当、また粗鋼の輸入に代わって完成品として鉄鋼製品の輸入が拡大してきているために、これらを含めると467万8,000トンの輸入に相当する。(2011年8月31日付けエスタード紙)

 



2020/09/18 » ブラジル銀行、連邦貯蓄金庫並びに造幣公社は民営化対象外とボルソナロ大統領は示唆(2020年9月18日付けヴァロール紙)
2020/09/18 » マガジン・ルイーザ社は郵便公社民営化で入札参加か(2020年9月16日付けヴァロール紙)
2020/09/16 » 38.6%の企業が未だにCOVID-19パンデミックの悪影響を受けている(2020年9月15日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/09/15 » 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は2.15%増加(2020年9月14日付けヴァロール紙)
2020/09/14 » 今年7月のサービス部門生産量は前月比2.6%増加(2020年9月11日付けヴァロール紙)
2020/09/10 » COVID-19パンデミックの経済回復比較でブラジルは51位(2020年9月9日付けヴァロール紙)
2020/09/09 » 2021年から通常業務に戻るのは調査対象企業の38.0%(2020年9月8日付けエスタード紙)
2020/09/04 » 2019年のブラジルの工業生産高は16位に後退(2020年9月4日付けエスタード紙)
2020/09/04 » エンブラエル社は更に900人の従業員解雇発表(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/04 » 今年7月の鉱工業部門生産は前月比8.0%増加(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/03 » 今年の一人当たりのGDP伸び率マイナス6.1%はスペイン風邪流行時を上回る過去120年間で最大の下落か(2020年9月2日付けヴァロール紙)
2020/09/02 » 連邦政府は2023年迄13年連続で財政赤字継続か(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/02 » ボルソナロ大統領は、緊急補助金支給を12月までの延長発表(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/01 » 2020年第2四半期のGDP伸び率はマイナス9.7%の過去最大の落込みを記録(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/01 » 今年上半期の上場企業の平均純益は前年同期比81.9%下落(2020年8月31日付けエスタード紙)
2020/08/31 » 7月の中央政府の財政プライマリー収支は878億3,500万レアルの赤字計上(2020年8月28日付けヴァロール紙)
2020/08/25 » 昨年9州政府は財政責任法(LRF)の規定を上回って人件費を支出(2020年8月24日付けエスタード紙)
2020/08/25 » Renda Brasilプログラムの最低支給額は247レアルか、ゲーデス経済相はサラリーボーナスなど廃止(2020年8月24日AM10h47付けエスタード紙)
2020/08/24 » 7月の正規雇用の80%は若年層(2020年8月24日付けヴァロール紙)
2020/08/21 » 今年初め7ヶ月間の歳入総額は、7,819億5,600万レアルで過去11年間で最低(2,020年8月20日付けヴァロール紙)

バックナンバー »