Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
昨年のINSSの赤字は429億レアル 2010/01/20

年金・恩給の積立金・支給や失業保険などを管理する社会保障院(INSS)の昨年のインフレ指数である全国消費者物価指数(INPC)を差引いた実質収支赤字は前年比12.65%増加の429億レアルに達した。

金融危機の影響で昨年上半期の失業者増加による積立金の減少並びに最低サラリーの大幅増加による年金・恩給の支出増加で赤字幅が大幅に拡大した。

金融危機前の2008年のINSSへの積立金は前年比9.15%増加したが、昨年は前年比6.1%増加の1,820億レアルと金融危機後の1年間では予想を上回る収入となっている。

INSSへの積立金は経済回復基調になった昨年下半期から増加に転じて、13ヶ月目のサラリーが支給された昨年12月の収支は18億レアルの黒字になっている。

最低サラリーが415レアルから465レアルとインフレ指数を大幅に上回る調整による大幅な支出増加並びに労働訴訟経費などでINSSの支出は前年比7.3%増加の2,249億レアルまで増加している。

今年は国内総生産の伸び率が5.0%以上見込まれているために、雇用の増加でINSSの納付金増加が予想されているが、最低サラリーが465レアルから515レアルとインフレ以上の調整が行われるために支出も大幅に増加する。

昨年の都市部の収支は25億8,200万レアルの赤字に留まったが、大半が最低サラリーの年金・恩給支給を受けている農村部の収支が403億レアルの赤字となり、一向にINSSの収支改善に結びついていない。(2010年1月20日付けエスタード紙)

       


 



2020/11/26 » 今年の対内直接投資はCOVID-19パンデミックの影響で昨年の半分以下か(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/26 » 10月の国債発行額は過去最高(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 10月の歳入総額は2016年以降で同月最高を記録(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/11/04 » ホームオフィス労働形態は地方都市への住居移転を促す(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/11/03 » 今年6月~8月の平均失業率は14.4%に達してワースト記録更新(2020年10月30日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/03 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.81%に据置(2020年11月3日付けヴァロール紙)

バックナンバー »