Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
魅力的な投資国としてブラジルは4位 2009/07/23

 国連貿易開発会議(UNCTAD)は世界各国の多国籍企業の今後2年間の海外直接投資の計画をまとめた調査結果では、企業が魅力を感じている投資先は中国がトップ、続いて米国、インド、ブラジル、ロシアとなっている。

 今年の投資は金融危機の影響を受けて昨年の50%まで落込むと見込まれているが、来年から回復傾向となって2011年には昨年のレベルに回復すると予想されている。

 調査した240社の多国籍企業の50%は2011年には昨年以上の投資を予定、アジアの企業では57%、米国企業では71%に達している。

 魅力的な投資先のトップは中国で56%、ドル為替の下落で企業価値が大幅に減少している米国はヨーロッパや日本よりも経済回復が早いと見込まれているために48%、インド34%、ブラジル25%、ロシアが21%となっている。

 ブラジルへの投資では大きな国内市場規模に対して20%、安定した経済成長に対して19%となっているが、製造業、鉱業並びに農業分野への投資が期待できる。

 今年5ヶ月間の海外からの直接投資は112億ドルで過去10年間では2番目の投資額となって今年は250億ドルが見込まれているが、昨年は450億ドルが投資された。

 Unctadは第1四半期の世界の投資は54%減少、買収・合併は77%減少したが、アジアでは50%の減少に留まっている。(2009年7月23日付けエスタード紙)
 

 

 



2021/04/14 » 今年2月の一般小売販売量は前月比0.6%増加(2021年4月13日付けIBGEサイトより抜粋)
2021/04/13 » 今年4月のIPOによる資金調達は245億レアル予想(2021年4月12日付けヴァロール紙)
2021/04/13 » 最終フォーカスレポートは、今年のインフレ指数を4.85%に上方修正(2021年4月12日付けエスタード紙)
2021/04/09 » 今年3月のインフレ指数は同月としては過去6年で最高の0.93%(2021年4月9日付けIBGEサイトから抜粋)
2021/04/09 » 2月の鉱工業生産は調査対象15地域のうち10地域でマイナスを記録(2021年4月8 日付けIBGEサイトより抜粋)
2021/03/25 » 今年2月のブラジルの債務残高は5兆2,000億レアル(2021年3月24日付けヴァロール紙)
2021/03/24 » 今年の予算基本法では、国防省向けが給与調整を含めて全体の22.0%を占めている(2021年3月23日付けエスタード紙)
2021/03/23 » 今年2月の国庫庁の歳入総額は、4.3%増加の1,277億レアル(2021年3月22日付けエスタード紙)
2021/03/23 » 最終フォーカスレポートは、インフレ圧力上昇で年末のSelic金利を5.0%に引き上げ(2021年3月22日付けヴァロール紙)
2021/03/18 » 中銀は6年ぶりにインフレ圧力軽減のためにSelic金利を2.75%に引上げた(2021年3月17日付けエスタード紙)
2021/03/17 » 今年1月の正規雇用は26万人に達した(2021年3月16日付けヴァロール紙)
2021/03/16 » 今年1月の経済活動指数(IBC-Br)は1.04%増加(2021年3月15日付けエスタード紙)
2021/03/16 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.60%に上方修正(2021年3月15日付けヴァロール紙)
2021/03/15 » スタートアップ企業のIPO申請が数珠つなぎ(2021年3月12日付けエスタード紙)
2021/03/11 » 2020年の月間平均失業率は13.5%で記録更新(2021年3月10日付けIBGEサイトから抜粋)
2021/03/11 » 今年3月の企業経営者の景況感は減速(2021年3月10日付けヴァロール紙)
2021/03/10 » 今年1月のサービス部門生産量は、輸送部門が牽引して0.6%増加(2021年3月9日付けエスタード紙)
2021/03/09 » 中銀は9週連続で今年のインフレ指数予想を引上げ(2021年3月8日付けエスタード紙)
2021/03/08 » 今年1月の鉱工業部門生産は、前月比0.4%増加(2021年3月5日付けブラジル地理統計院サイトより抜粋)
2021/03/05 » 昨年のサンパウロ州のGDP伸び率は0.4%増加(2021年3月4日付けヴァロール紙)

バックナンバー »