Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
インフレ抑制で金利引き上げの可能性 2008/11/07

先週の通貨政策委員会(Copom)で4月から継続していた誘導政策金利(Selic)の引上げが中断して13.75%に据置かれたが、昨日、発表されたCopom議事録ではインフレ抑制の金融引締め対策として、Selic金利の引上げの可能性も示している。

国内経済の需要カーブは供給カーブを上回っているためにインフレリスクが高く、また世界経済金融危機の影響でドル高に傾いている為替も短期間でのインフレリスク要因となっている。

クレジット縮小が進行して金利が上昇すれば、需要抑制となってインフレ抑制につながるが、景気後退に落ちる可能性が大きく、今後のブラジル経済の先行きが不透明であるために、Selic金利の据置を決定している。

また通貨政策委員会では物価上昇を抑制するためにSelic金利の引上げの可能性を暗示、来年のインフレの中央目標値を4.5%と引続き設定して厳守するが、過去12ヶ月間の広範囲消費者物価指数(IPCA)は6.25%に達している。

世界金融危機は先進国に深刻な影響を及ぼしているが、新興国ではまだ影響がはっきり判らないが、今後は為替やインフレで大きく影響を及ぼすと見込まれている。(2008年11月7日付けエスタード紙)



2021/03/09 » 中銀は9週連続で今年のインフレ指数予想を引上げ(2021年3月8日付けエスタード紙)
2021/03/08 » 今年1月の鉱工業部門生産は、前月比0.4%増加(2021年3月5日付けブラジル地理統計院サイトより抜粋)
2021/03/05 » 昨年のサンパウロ州のGDP伸び率は0.4%増加(2021年3月4日付けヴァロール紙)
2021/03/04 » 2020年のGDP伸び率は、マイナス4.1%で過去3番目の最悪記録(2021年3月3日付けエスタード紙)
2021/03/02 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を3.87%に上方修正(2021年3月1日付けヴァロール紙)
2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)

バックナンバー »