Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルへの海外直接投資が増加 2008/08/25

2006年のブラジルへの海外からの直接投資は188億ドルであったが、昨年は99.3%増加の 374億ドルと伸び率では発展途上国の中ではトップを記録、今年7月までの直接投資はすでに200億ドルに達して昨年並みの直接投資が見込まれているが、国際金融市場がボラティリティに包まれている現在は世界の直接投資は昨年同期比37%も落込んでいる。

南アフリカ資本のアングロ・アメリカン社はブラジルに進出して24年になるが、昨年まではブラジルは同社の支社でも最も投資額が低かったが、MMXからの鉄鉱山買収で今ではチリと中国に並んで最も多くの投資を受けており、これらの国には2010年までに100億ドルの投資が予定されている。

コントロールされたインフレ、実質賃金の上昇、拡張の一途を辿るクレジット販売、毎年記録更新する自動車販売、好調な建設業、食品、金融や家電業界などの内需が旺盛で、今後の計り知れない潜在購買力など海外からの直接投資を呼び込める要素が無数にある。

また膨大な天然資源や優秀なマンパワーを持っているブラジルはBRICs諸国でも海外直接投資では注目される国となっており、アルセロール・ミッタルもミナス州内の鉄鉱山を8億3,000万ドルで買収している。

1995年にブラジルに進出したウォールマートは2004年からすでに30億レアルを投資、今年は12億レアルの投資を予定しているが、ブラジルへの投資は他の発展途上国よりも優先されており、カーレフールも昨年にアタカダンを22億レアルで買収している。

BRICs諸国との比較では国内経済の伸び率はロシアに次いで2位、優秀な労働力確保ではインドに次いで2位、投資環境の安定度は中国に次いでいるが、労働賃金はBRICsの中では最も高い。

2006年から2007年にかけてメキシコはブラジルに次いで直接投資が92.9%増加、ロシアは70.3%、シンガポールは52.6%と大幅に増加したが、中国はマイナス3.1%、インドはマイナス9.4%を記録している。(2008年8月25日付けエスタード紙)



2021/03/08 » 今年1月の鉱工業部門生産は、前月比0.4%増加(2021年3月5日付けブラジル地理統計院サイトより抜粋)
2021/03/05 » 昨年のサンパウロ州のGDP伸び率は0.4%増加(2021年3月4日付けヴァロール紙)
2021/03/04 » 2020年のGDP伸び率は、マイナス4.1%で過去3番目の最悪記録(2021年3月3日付けエスタード紙)
2021/03/02 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を3.87%に上方修正(2021年3月1日付けヴァロール紙)
2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)

バックナンバー »