Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ルーラ政権で初めて資本財の貿易収支赤字計上 2008/07/29

ルーラ政権発足以来始めて今年の上半期の鉱工業の製造部門の貿易収支が10億ドルの赤字を計上したが、今回の通貨政策委員会(Copom)の政策誘導金利(Selic)の更なる0.75%の切上げで、今後更に悪化すると見込まれているが、前年同期は 115億ドルの大幅黒字を計上していた。

昨日の為替はR$1.575レアルを記録して1999年1月のレベルに達して、今年はすでに11.27%のドル安の為替を記録、またSelic金利の更なる切上げでドルが更に流入してドル安の為替に拍車がかかるために、価格競争力が更に悪化して輸出が減少する。

通常、為替の効果が現れるのは6ヶ月から1年後であり、鉱工業部門の貿易赤字は昨年17.7%上昇したレアルの為替の影響が10億ドルの赤字計上となった。

今年上期の機械・装置部門、自動車、化学部門の赤字は122億3,300万ドルで前年同期の33億2,100万ドルの赤字を大幅に上回っており、1997年上期以来の赤字幅となっている。

最先端テクノロジーの航空機、精密機械部門は前年上期の赤字68億4,700万ドルから97億4,000万ドルと大幅に増加、食品、飲料や嗜好品部門は114億ドルから140億ドルの黒字に上昇している。

また紙・パルプ部門の黒字は31億ドルから33億ドルに上昇、繊維、皮革や履物部門は15億ドルを計上しているが、2006年からの黒字幅は減少して生きている。

ルーラ政権発足以来のレアルの累積為替高は124.2%でヨーロッパ連合やラテンアメリカの中では最も上昇しており、コロンビアの通貨は61.6%の値上がりでブラジルに続いているが、ヴェネズエラの通貨は34.7%下落している。(2008年7月29日付けエスタード紙)



2020/09/24 » Localiza社とUnidas社合併で時価総額480億レアルの企業誕生 (2020年9月23日付けエスタード紙)
2020/09/24 » COVID-19パンデミック期間中の4か月で失業率は27.6%増加(2020年9月23日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 中銀は短期間に一般消費者向けインフレ上昇を警告(2020年9月22日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 国庫庁の調査では8月の1日当たりの電子ノッタは13.4%増加(2020年9月22日付けヴァロール紙)
2020/09/22 » 9月の鉱工業部門の設備稼働率は2015年3月以降で最高(2020年9月21日付けエスタード紙)
2020/09/21 » 8月最終週の失業率は、COVID-19パンデミック以降では最高の14.3%に上昇(2020年9月18日付けエスタード紙)
2020/09/18 » ブラジル銀行、連邦貯蓄金庫並びに造幣公社は民営化対象外とボルソナロ大統領は示唆(2020年9月18日付けヴァロール紙)
2020/09/18 » マガジン・ルイーザ社は郵便公社民営化で入札参加か(2020年9月16日付けヴァロール紙)
2020/09/16 » 38.6%の企業が未だにCOVID-19パンデミックの悪影響を受けている(2020年9月15日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/09/15 » 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は2.15%増加(2020年9月14日付けヴァロール紙)
2020/09/14 » 今年7月のサービス部門生産量は前月比2.6%増加(2020年9月11日付けヴァロール紙)
2020/09/10 » COVID-19パンデミックの経済回復比較でブラジルは51位(2020年9月9日付けヴァロール紙)
2020/09/09 » 2021年から通常業務に戻るのは調査対象企業の38.0%(2020年9月8日付けエスタード紙)
2020/09/04 » 2019年のブラジルの工業生産高は16位に後退(2020年9月4日付けエスタード紙)
2020/09/04 » エンブラエル社は更に900人の従業員解雇発表(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/04 » 今年7月の鉱工業部門生産は前月比8.0%増加(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/03 » 今年の一人当たりのGDP伸び率マイナス6.1%はスペイン風邪流行時を上回る過去120年間で最大の下落か(2020年9月2日付けヴァロール紙)
2020/09/02 » 連邦政府は2023年迄13年連続で財政赤字継続か(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/02 » ボルソナロ大統領は、緊急補助金支給を12月までの延長発表(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/01 » 2020年第2四半期のGDP伸び率はマイナス9.7%の過去最大の落込みを記録(2020年9月1日付けエスタード紙)

バックナンバー »