Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
プライマリー収支のGDP比4.3%に引上げ 2008/06/26

連邦政府は今年の財政プライマリー収支黒字目標をGDP比4.3%に引上げるために、国公営企業から60億レアルを調達するが、最貧困層をインフレから保護するために、貧困家庭補助政策(ボルサ・ファミリア)の補助金を7.0%~8.0%に引上げる。

国公営企業から調達する60億レアルのうち、10億レアルは国際石油価格の高騰で、ペトロブラスからのロイヤリティ収入の増加分で補うことが可能であり、 50億レアルは連邦政府が国公営企業の大半の大株主で配当金比率の決定権を握っているために、配当金比率引上げで調達する。

昨年の国公営企業の配当金は国庫庁の判断で、前年の110億レアルから70億レアルに引下げられていたが、今年は特に社会経済開発銀行(BNDES)とペトロブラスの配当金支払いが増加する。

連邦政府目標のプライマリー収支目標であるGDP比4.3%は142億レアルに相当するが、不足分の82億レアルは国家公務員の採用枠の減少などで5億レアル、農業補助金削減で17億レアルの支出減少などで補填する。

金融取引暫定納付金(CPMF)が昨年末で中止になった時点で、今年のプライマリー収支黒字の目標達成は困難と見込まれていたために、国公営企業からの配当金増加が予想されていたが、今年4ヶ月間の配当金は前年同期の40億レアルから29億レアルと減少していた。(2008年6月26日付けエスタード紙)



2020/09/18 » ブラジル銀行、連邦貯蓄金庫並びに造幣公社は民営化対象外とボルソナロ大統領は示唆(2020年9月18日付けヴァロール紙)
2020/09/18 » マガジン・ルイーザ社は郵便公社民営化で入札参加か(2020年9月16日付けヴァロール紙)
2020/09/16 » 38.6%の企業が未だにCOVID-19パンデミックの悪影響を受けている(2020年9月15日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/09/15 » 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は2.15%増加(2020年9月14日付けヴァロール紙)
2020/09/14 » 今年7月のサービス部門生産量は前月比2.6%増加(2020年9月11日付けヴァロール紙)
2020/09/10 » COVID-19パンデミックの経済回復比較でブラジルは51位(2020年9月9日付けヴァロール紙)
2020/09/09 » 2021年から通常業務に戻るのは調査対象企業の38.0%(2020年9月8日付けエスタード紙)
2020/09/04 » 2019年のブラジルの工業生産高は16位に後退(2020年9月4日付けエスタード紙)
2020/09/04 » エンブラエル社は更に900人の従業員解雇発表(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/04 » 今年7月の鉱工業部門生産は前月比8.0%増加(2020年9月3日付けヴァロール紙)
2020/09/03 » 今年の一人当たりのGDP伸び率マイナス6.1%はスペイン風邪流行時を上回る過去120年間で最大の下落か(2020年9月2日付けヴァロール紙)
2020/09/02 » 連邦政府は2023年迄13年連続で財政赤字継続か(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/02 » ボルソナロ大統領は、緊急補助金支給を12月までの延長発表(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/01 » 2020年第2四半期のGDP伸び率はマイナス9.7%の過去最大の落込みを記録(2020年9月1日付けエスタード紙)
2020/09/01 » 今年上半期の上場企業の平均純益は前年同期比81.9%下落(2020年8月31日付けエスタード紙)
2020/08/31 » 7月の中央政府の財政プライマリー収支は878億3,500万レアルの赤字計上(2020年8月28日付けヴァロール紙)
2020/08/25 » 昨年9州政府は財政責任法(LRF)の規定を上回って人件費を支出(2020年8月24日付けエスタード紙)
2020/08/25 » Renda Brasilプログラムの最低支給額は247レアルか、ゲーデス経済相はサラリーボーナスなど廃止(2020年8月24日AM10h47付けエスタード紙)
2020/08/24 » 7月の正規雇用の80%は若年層(2020年8月24日付けヴァロール紙)
2020/08/21 » 今年初め7ヶ月間の歳入総額は、7,819億5,600万レアルで過去11年間で最低(2,020年8月20日付けヴァロール紙)

バックナンバー »