Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
中銀フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.50%に上方修正(2020年11月30日付けヴァロール紙) 2020/11/30

30日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、2020年のGDP伸び率は前回予想のマイナス4.55%からマイナス4.50%と若干の上方修正を行っている。6月末の予想のマイナス6.54%との比較では2.00%以上の上方修正を記録している。また2021年のGDP伸び率は前回予想の3.40%増加から3.45%増加に修正している。

今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)を前回予想の3.45%から3.54%に上方修正、2021年のIPCA指数も前回予想の3.40%から3.47%に上方修正している。的中率が最も高いトップ5の今年のIPCA指数は前回予想の3.39%から3.51%、2021年のIPCA指数も3.31%から3.40%にそれぞれ上方修正している。

今年の中銀のインフレの中央目標値は4.00%、今年の許容下限値の2.50%を依然として下回っている。2021年のインフレの中央目標値は3.75%、2022年は3.50%、2023年は3.25%。許容範囲は±1.50%を設定している。

トップ5の今年の政策誘導金利(Selic)は前回同様2.00%、2021年は2.50%、一般エコノミストは今年の(Selic金利を2.00%、2021年のSelic金利を2.50%に据え置いている。

一般エコノミストは今年末のレアル通貨に対するドルの為替を前回予想のR$5.38からR$5.36に微調整,2021年はR$5.20%の据え置いている。一方トップ5は今年末のレアル通貨に対するドルの為替を前回同様R$5.45,2021年もR$5.22に据え置いている。



2021/01/22 » 今年のブラジルの一人当たりのGDPは、2019年比マイナス2.3%予想(2021年1月21日付けヴァロール紙)
2021/01/22 » 中銀はSelic金利を2.0%据置も年内の引上げ示唆(2021年1月20日付けエスタード紙)
2021/01/21 » ブラジルのCDS指数は170ポイントに急上昇(2021年1月20日付けヴァロール紙)
2021/01/20 » 今年1月の企業経営者の景況感は悪化(2021年1月19日付けヴァロール紙)
2021/01/19 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を上方修正(2021年1月18日付けヴァロール紙)
2021/01/18 » 2020年11月の経済活動指数(IBC-Br)は0.59%増加(2021年1月18日付けヴァロール紙)
2021/01/15 » 昨年11月鉱工業部門生産は調査対象の15地域の10地域で増加(2021年1月14日付けヴァロール紙)
2021/01/14 » 2020年11月のサービス部門生産量(生産性指数)は前月比2.6%増加(2021年1月13日付けヴァロール紙)
2021/01/13 » 2020年のインフレ指数は連邦政府の中央目標値を突破(2021年1月12日付けヴァロール紙)
2021/01/12 » 臨時給付金支給終了で340万人が最貧層に落下か(2021年1月11日付けエスタード紙)
2021/01/11 » 2020年11月の鉱工業部門生産は、前月比1.2%増加(2021年1月8日付けIBGEサイトより抜粋)
2021/01/07 » 2020年のブラジルのレアル換算のコモディティ指数は前年比28%上昇(2021年1月6日付けヴァロール紙)
2021/01/06 » 今年の経済好転予想は僅か28%(2021年1月5日付けヴァロール紙)
2021/01/05 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3.40%予想(2021年1月4日付けヴァロール紙)
2020/12/18 » 11月の経常収支は2億200万ドルの黒字計上(2020年12月18日付けヴァロール紙)
2020/12/18 » 中銀は今年のGDP伸び率をマイナス4.4%に上方修正(2020年12月17日付けヴァロール紙)
2020/12/17 » 医療関係業界はM&Aによる業界再編加速(2020年12月16日付けエスタード紙)
2020/12/17 » 下院は来年度予算の基本テキスト承認(2020年12月16日付けエスタード紙)
2020/12/16 » 2019年度のブラジルの人間開発指数(HDI)は84位に後退(2020年12月15日付けヴァロール紙)
2020/12/16 » 経済省は2023年の連邦政府の債務残高はGDP比75%に達すると予想(2020年12月15日付けヴァロール紙)

バックナンバー »