Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
連邦政府は簡素個人所得税の20%割引措置の廃止検討(2020年10月5日付けヴァロール紙) 2020/10/06

連邦政府は、個人所得税の申請を余儀なくされる簡易所得税申請者の最低所得層の20%割引措置の廃止を検討しているが、割引措置廃止となれば子供を私立学校に通わせる余裕のない人や医療支出による個人所得税の僅かな割引ができなくなる。

経済省経済班スタッフは、個人所得税の20%割引の廃止を検討しているが、家族手当(ボルサ・ファミリア)プログラムに替わる「Renda Cidadã 市民所得」プログラムの資金源との関係はないと否定している。

経済省では、個人所得税の免税層の引上げを検討している一方で、富裕層の個人所得税の引上げの可能性を検討している。また法人所得税の株主に対する配当金や利益に対する減税も検討している。

人件費の製造コストの割合が非常に大きな労働集約型産業界の17セクターに対する社会保障院(INSS)への従業員給与額の納付率20%の免税措置の廃止を経済省は欲している。

労働集約型17セクターに対する20%の免税措置は、連邦政府にとって年間102億レアルの歳入減少に繋がっており、個人所得税の免税措置変更だけで年間102億レアルの歳入減少は補えると経済省では指摘している。

しかし実際問題として、個人所得税の年間調整の20%控除を撤廃するという議論の中での措置は、私立学校に子供を通わすことができない人や所得税申告書を控除する医療費がほとんどない人にとっては増税を意味する。



2020/11/27 » 10月の中央政府の財政プライマリー収支赤字は35億6,400万レアル(2020年11月26日付けヴァロール紙)
2020/11/27 » 10月の正規雇用は39万4,000人で同月では過去29年間で最高の雇用創出(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/27 » 10月のブラジルの公的債務残高は2.47%増加の4兆6,300億レアル(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/26 » 今年の対内直接投資はCOVID-19パンデミックの影響で昨年の半分以下か(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/26 » 10月の国債発行額は過去最高(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 10月の歳入総額は2016年以降で同月最高を記録(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)

バックナンバー »