Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
フォーカスレポートは4週連続で今年のGDP伸び率を上方修正(2020年10月5日付けヴァロール紙) 2020/10/06

中銀の最終フォーカスレポートによると、2020年のGDP伸び率は前回予想のマイナス5.04%からマイナス5.02%と4週間連続で上方修正、6月末のマイナス6.54%との比較では1.52%の上方修正を記録している。20201年のGDP伸び率は前回同様に3.50%増加に据え置いている。

今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の一般エコノミストの予想は、前回の予想の2.05%から2.12%、一方2021年のIPCA指数は前回予想の3.01%から3.00%に引き下げている。

的中率が最も高いトップ5の今年のIPCA指数は、前回予想の2.12%から2.23%に引き上げたが、2021年のIPCA指数は前回同様に3.20%に据え置いている。今年の中銀のインフレの中央目標値は4.00%、2021年は3.75%、2022年は3.50%、許容範囲は±1.50%を設定している。

一般エコノミスト並びにトップ5の今年末の政策誘導金利(Selic)は前回同様2.00%、2021年の一般エコノミストのSelic金利予想は前回同様に2.50%、トップ5は2.00%を予想している。

また今年末のトップ5のレアル通貨に対するドルの為替は、前回予想のR$5.40,2021年は前回予想のR$5.10からR$5.30に修正、一派猫のミスとの今年末のドルの為替は前回同様R$ 5.25,2021年はR$5.00を予想している。



2020/11/27 » 10月の中央政府の財政プライマリー収支赤字は35億6,400万レアル(2020年11月26日付けヴァロール紙)
2020/11/27 » 10月の正規雇用は39万4,000人で同月では過去29年間で最高の雇用創出(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/27 » 10月のブラジルの公的債務残高は2.47%増加の4兆6,300億レアル(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/26 » 今年の対内直接投資はCOVID-19パンデミックの影響で昨年の半分以下か(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/26 » 10月の国債発行額は過去最高(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 10月の歳入総額は2016年以降で同月最高を記録(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)

バックナンバー »