Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
9月の鉱工業部門の設備稼働率は2015年3月以降で最高(2020年9月21日付けエスタード紙) 2020/09/22

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、COVID-19パンデミック対応による外出自粛や必需品以外の営業自粛などの影響で、2020年第2四半期の鉱工業部門のGDP伸び率はマイナス15.4%を記録している。

現在のGDPと潜在的なGDPの差、すなわち実際に生産されたものと総生産能力との格差は、調査開始の1998年以降では最大の格差を記録、最後の鉱工業部門の設備稼働率が高かったのは2013年第4四半期であった。

鉱工業部門生産は今年5月から回復基調に突入、今年第3四半期の生産性は、COVID-19パンデミック前のマイナス5.0%~マイナス7.0%の水準まで戻る可能性があるが、2014年~2016年の経済リセッション前の水準には程遠い。

「今年第3四半期の鉱工業部門生産は更に回復するものの国内需要が弱く、インフラ指数が低迷しているため2014年前の水準には戻らない」とジェツリオ・ヴァルガス財団GDPモニタリング担当のClaudio Consideraコーディネーターは指摘している。

COVID-19パンデミックの最悪の時期が過ぎた9月の鉱工業部門の企業経営者の景況感指数(ICI)は8月よりの7.2ポイント上昇の105.9ポイントと2013年1月以降では最も高い指数を記録している。

9月の鉱工業部門の設備稼働率(Nuci) は、8月の75.3ポイントから78.0ポイントと2.7ポイント上昇、2015年3月以降では最高の設備稼働率(Nuci) に達している。

COVID-19パンデミック期間中の鉱工業部門の従業員解雇数は他の部門よりも少なかったために、生産開始プロセスがスムーズに進んだ。今年第2四半期に解雇されたのは1,070万人に達したが、製造業部門の解雇は100万人に留まっていた。

今年第2四半期の民間部門の全部門の雇用総数は前年同期比でマイナス13.4%を記録、そのうち製造業部門は、時短、レイオフや集団休暇制度採用で、極力解雇を避けたためにマイナス11.1%の減少に留まっていた。

COVID-19パンデミックにも拘らず、第2四半期の鉱工業部門の医薬品・医療化学部門の雇用は30.7%、多様な生産部門は10.6%、機械・装置部門1.8%、情報機器部門は0.8%それぞれ雇用増加していた。

今年第2四半期の鉱工業部門の24セクター中20セクターで解雇が増加、衣類セクターの雇用は前年同期比マイナス22.1%、非鉄金ずくセクターはマイナス21.3%、木材セクターはマイナス19.8%、煙草セクターもマイナス19.4%を記録している。



2020/10/30 » 今年第3四半期決算でヴァーレ社は黒字、ペトロブラスは赤字計上(2020年10月29日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 9月の財政プライマリー収支は761億レアルの赤字記録(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/30 » 9月の正規雇用は31万3,000人増加(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/28 » 9月の連邦政府の公共負債残高は2.59%増加の4兆5,260億レアルを記録(2020年10月27日付けヴァロール紙)
2020/10/27 » ブラジルのCOVID-19パンデミック対応策による財政支出は新興国でトップ(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の経常収支は6ヶ月連続で黒字計上(2020年10月23日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の失業率は14.0%に達する(2020年10月23日付けヴァロール紙)
2020/10/23 » 年内の新規株式公開を急ぐ企業が目白押し(2020年10月22日付けエスタード紙)
2020/10/23 » Ibre/FGVの調査では、第3四半期のGDPの伸び率は前四半期比7.1%増加に上方修正(2020年10月22日付けヴァロール紙)
2020/10/22 » 9月の歳入総額は同月としては2014年以降で最高(2020年10月21日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » 今年の全国消費者物価指数の予想以上の上昇で来年の公共サービス停止の可能性(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » ブラジル人の63%は今後1年以内の失業不安を抱いている(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/19 » 20201年のGDP伸び率を3.47%増加に下方修正(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » 来年初め4か月間のブラジル国債償還総額は6,430億レアル(2020年10月16日付けエスタード紙)
2020/10/16 » 今年8月の経済活動指数(IBC-Br)は1.06%増加(2020年10月15日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » ムーディーズは税制改革如何でブラジルの信用格付け見直か(2020年10月15日付けエスタード紙)
2020/10/15 » 8月のサービス部門生産量は3ヶ月連続の前月比2.9%増加(2020年10月14日付けエスタード紙)
2020/10/14 » サンパウロ州内の零細・小規模の製造業は原材料費上昇で苦戦(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/13 » 最終フォーカスレポートは、9週連続で今年のインフレ指数を2.47%に引き上げ(2020年10月13日付けエスタード紙)
2020/10/09 » 9月のインフレ指数としては2003年以降最高の0.64%を記録(2020年10月9日付けヴァロール紙)

バックナンバー »