Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年の一人当たりのGDP伸び率マイナス6.1%はスペイン風邪流行時を上回る過去120年間で最大の下落か(2020年9月2日付けヴァロール紙) 2020/09/03

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、COVID-19パンデミック対応による外出自粛や必需品以外の営業自粛などの影響で、2020年のブラジルのGDP伸び率は、1901年以降の過去120年間で最大の落込みに相当するマイナス5.4%と予想している。

今年のブラジルの一人当たりのGDP伸び率はマイナス6.1%と1981年に記録したマイナス6.3%に接近するとジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所では予想している。今年の一人当たりのGDP伸び率がマイナス6.1%を記録すれば一人当たりの所得は3万135レアルまで減少して、2007年の2万9788レアルのレベルに落込むと予想されている。

Ibre/FGVマクロレポート担当のSilvia Matosコーディネーターは、今年のブラジルの一人当たりのGDP伸び率は、大半が農村部に住居してサービス部門の比率が今と比較できない程小さかった時のスペイン風邪が流行した1918年のマイナス3.2%を上回ると予想している。

「観光業などを含むサービス部門がGDPに占める割合が70%に達する現在のCOVID-19パンデミックの影響と1918年のスペイン風邪流行時を比較するのは難しいが、当時は医療の遅れで救命は難しかった一方で、経済への影響が小さかった」とSilvia Matosコーディネーターは説明している。

過去10年間にブラジル国内で経済リセッションは2回発生しているが、今回のCOVID-19パンデミックによる経済リセッションは、他国と比較して低い生産性、比重の大きい非正規雇用並びに高い失業率で経済回復は遅れると予想されている。

今年下半期の経済回復は難しいために、1990年3月のポウパンサ預金凍結したコロール大統領プラン時のGDP伸び率マイナス4.35%より悪化すると予想されている。

過去最大のブラジルの経済リセッションは、1990年のCollor I プラン時のマイナス4.35%。Collor I プランに次ぐ経済リセッションは、1981年の外債危機時のマイナス4.25%であった。また2016年のジウマ・ロウセフ大統領時のリセッションはマイナス3.3%、1930年の世界大恐慌時のマイナス2.1%を記録している。



2020/10/30 » 今年第3四半期決算でヴァーレ社は黒字、ペトロブラスは赤字計上(2020年10月29日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 9月の財政プライマリー収支は761億レアルの赤字記録(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/30 » 9月の正規雇用は31万3,000人増加(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/28 » 9月の連邦政府の公共負債残高は2.59%増加の4兆5,260億レアルを記録(2020年10月27日付けヴァロール紙)
2020/10/27 » ブラジルのCOVID-19パンデミック対応策による財政支出は新興国でトップ(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の経常収支は6ヶ月連続で黒字計上(2020年10月23日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の失業率は14.0%に達する(2020年10月23日付けヴァロール紙)
2020/10/23 » 年内の新規株式公開を急ぐ企業が目白押し(2020年10月22日付けエスタード紙)
2020/10/23 » Ibre/FGVの調査では、第3四半期のGDPの伸び率は前四半期比7.1%増加に上方修正(2020年10月22日付けヴァロール紙)
2020/10/22 » 9月の歳入総額は同月としては2014年以降で最高(2020年10月21日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » 今年の全国消費者物価指数の予想以上の上昇で来年の公共サービス停止の可能性(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » ブラジル人の63%は今後1年以内の失業不安を抱いている(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/19 » 20201年のGDP伸び率を3.47%増加に下方修正(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » 来年初め4か月間のブラジル国債償還総額は6,430億レアル(2020年10月16日付けエスタード紙)
2020/10/16 » 今年8月の経済活動指数(IBC-Br)は1.06%増加(2020年10月15日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » ムーディーズは税制改革如何でブラジルの信用格付け見直か(2020年10月15日付けエスタード紙)
2020/10/15 » 8月のサービス部門生産量は3ヶ月連続の前月比2.9%増加(2020年10月14日付けエスタード紙)
2020/10/14 » サンパウロ州内の零細・小規模の製造業は原材料費上昇で苦戦(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/13 » 最終フォーカスレポートは、9週連続で今年のインフレ指数を2.47%に引き上げ(2020年10月13日付けエスタード紙)
2020/10/09 » 9月のインフレ指数としては2003年以降最高の0.64%を記録(2020年10月9日付けヴァロール紙)

バックナンバー »