Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2020年第2四半期のGDP伸び率はマイナス9.7%の過去最大の落込みを記録(2020年9月1日付けエスタード紙) 2020/09/01
9月1日ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2020年第2四半期のGDP伸び率は、前四半期比マイナス9.7%を記録して統計を取り始めた1996年以来では過去最高の落込みを記録。またジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、調査を取り始めた1980年以降でも過去最悪のマイナス幅を記録している。
 
今年第1四半期のGDP伸び率は既に発表されているマイナス1.5%からマイナス2.5%に修正されており、今年第2四半期のGDP伸び率は前四半期比マイナス9.7%を記録したために、2期連続の四半期のマイナスはテクニカルリセッション入りとなり、2016年以降では初めてのテクニカルリセッション入りを記録している。
 
今年第2四半期のGDP伸び率がマイナス9.7%記録は、COVID-19パンデミック封鎖対策として、外出自粛や必需品以外の営業自粛などによるこれまでに経験したことがないほどの経済封鎖危機であり、過去の経済危機の要因となっているハイパーインフレ、金融バブルや海外要因とは異なるが、従業員の解雇、投資の停止、世帯収入減少、消費減少など国内総生産を二桁近くまで減少させているとリオカトリック大学PUC-Rio経済学部のEduardo Zilbermann教授は指摘している。
 
連邦政府によるCOVID-19パンデミック対応の月額600レアルの緊急補助金(auxílio emergencial)支給で、壊滅的な状況悪化は免れた。6月以降は緊急補助金が最貧困層の人々の収入を上げ、一時的に貧困を減らしているにも拘らず、第1四半期と比較して家計消費の12.5%の減少を防ぐことはできなかった。 
 
MB Associados社チーフエコノミストのSergio Vale氏は、5月に今年第2四半期のGDP伸び率をマイナス17.3%と予想していたが、先週は緊急補助金支給効果や農畜産部門の牽引でマイナス9.7%に上方修正していた。
 
農業関連のコモディティ商品ではないが、鉄鉱石や石油など中国の需要が牽引してブラジルは恩恵を受けている。これらのセグメントを合わせた効果は、今年上半期のGDPの35%~40%を占めているとSergio Vale氏は指摘している。
 
国内総生産の約70%を占める今年第2四半期のサービス部門のGDP伸び率はマイナス9.7%、鉱工業部門はマイナス12.3%、民間部門の住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)マイナス15.4%とそれぞれ大幅に落ち込んでいる。
 
2020年第2四半期のブラジルのGDP伸び率は前四半期比マイナス9.7%、国内総生産総額は1兆7,000億レアル、そのうち農畜産部門は0.4%増加、1,254億レアル、鉱工業部門マイナス12.3%、2,875億レアル、サービス部門マイナス9.7%、1兆1,000億レアル、FBCF部門マイナス15.4%、2,475億レアル、世帯支出部門マイナス12.5%、1兆レアル、政府支出部門はマイナス8.8%、3,702億レアルであった。
 
前期同様に第2四半期のブラジルのGDP伸び率は前年同期比マイナス11.4%、1,2%増加、 マイナス12,7%、 マイナス11,2%、 マイナス15,2%、 マイナス13,5%、 マイナス8,6%。過去12か月間では2,2%増加、 1,5%増加、 マイナス2,5%、 マイナス2,2%、 マイナス2,1%、 マイナス2,5%、 マイナス2,4%となっている。


2020/10/30 » 今年第3四半期決算でヴァーレ社は黒字、ペトロブラスは赤字計上(2020年10月29日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 9月の財政プライマリー収支は761億レアルの赤字記録(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/30 » 9月の正規雇用は31万3,000人増加(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/28 » 9月の連邦政府の公共負債残高は2.59%増加の4兆5,260億レアルを記録(2020年10月27日付けヴァロール紙)
2020/10/27 » ブラジルのCOVID-19パンデミック対応策による財政支出は新興国でトップ(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の経常収支は6ヶ月連続で黒字計上(2020年10月23日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の失業率は14.0%に達する(2020年10月23日付けヴァロール紙)
2020/10/23 » 年内の新規株式公開を急ぐ企業が目白押し(2020年10月22日付けエスタード紙)
2020/10/23 » Ibre/FGVの調査では、第3四半期のGDPの伸び率は前四半期比7.1%増加に上方修正(2020年10月22日付けヴァロール紙)
2020/10/22 » 9月の歳入総額は同月としては2014年以降で最高(2020年10月21日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » 今年の全国消費者物価指数の予想以上の上昇で来年の公共サービス停止の可能性(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » ブラジル人の63%は今後1年以内の失業不安を抱いている(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/19 » 20201年のGDP伸び率を3.47%増加に下方修正(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » 来年初め4か月間のブラジル国債償還総額は6,430億レアル(2020年10月16日付けエスタード紙)
2020/10/16 » 今年8月の経済活動指数(IBC-Br)は1.06%増加(2020年10月15日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » ムーディーズは税制改革如何でブラジルの信用格付け見直か(2020年10月15日付けエスタード紙)
2020/10/15 » 8月のサービス部門生産量は3ヶ月連続の前月比2.9%増加(2020年10月14日付けエスタード紙)
2020/10/14 » サンパウロ州内の零細・小規模の製造業は原材料費上昇で苦戦(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/13 » 最終フォーカスレポートは、9週連続で今年のインフレ指数を2.47%に引き上げ(2020年10月13日付けエスタード紙)
2020/10/09 » 9月のインフレ指数としては2003年以降最高の0.64%を記録(2020年10月9日付けヴァロール紙)

バックナンバー »