Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年初め7ヶ月間の歳入総額は、7,819億5,600万レアルで過去11年間で最低(2,020年8月20日付けヴァロール紙) 2020/08/21

2020年7月の国庫庁のインフレ指数を差し引いた実質歳入総額は、前年同月比17.68%減少の1,159億9,000万レアルに留まった。また今年初め7か月間の歳入総額は、前年同期比15.16%減少の7,819億5,600万レアルで過去11年間では最低の歳入総額に留まり、7月の月間歳入並びに7ヶ月間の累計歳入と2009年以降でそれぞれ最低記録となっている。

今年7月の歳入総額が前年同月比17.68%減少の1,159億9,000万レアルに留まった要因として、金融取引税IOFの減税措置で23億5,100万レアルの歳入に留まったことに起因している。

また金融取引税の免税措置以外にも7月の歳入相殺金額は、前年同月比95.83%増加の187億100万レアルとなり、繰延歳入総額は、僅か5億1,600万レアルに留まった。

また今年3月からのCOVID-19パンデミックの影響で、今年7月のマクロ経済停滞も歳入減少に結びついており、7月の鉱工業生産は前年同月比10.05%減少、小売販売は0.5%、サービス量は12.1%それぞれ減少。名目サラリー総額は9.98%減少、輸入はドル換算で28.55%減少していた。

今年7月のインフレ指数を差引いた税収などの実質一般歳入総額は、前年同月比15.79%減少の1,105億4,000万レアル、名目一般歳入総額は13.40%減少。今年初め7か月間の実質一般歳入総額は14.97%減少の7,477億5,700万レアル、名目一般歳入総額は12.47%減少していた。

今年7月のロイヤリティなどの実質臨時歳入は、前年同月比47.24%減少の54億5,000万レアル、名目臨時歳入は前年同月比46.02%減少。今年初め7か月間の臨時歳入総額は、前年同期比19.03%減少の341億9,900万レアルとなっている。

今年初め7か月間の国庫庁の免税総額は641億4,200万レアル、昨年7月の免税総額563億3,000万レアルを80億レアル近く上回っている。また今年7月の免税総額は106億1,300万レアルを記録している。

今年7月間の零細・小企業向け簡易税務申告(Simples Nacional)並びに外出自粛令や必需品以外の営業禁止で窮地に陥っている零細・小企業並びに個人零細事業主(MEI)の救済措置で、国庫庁は89億1,200万レアルに相当する歳入減少を容認。また基本食品バスケット向け免税は71億6,800万レアルに達して、金融取引税の62億6,800万レアルの減税総額を上回っている。



2020/10/27 » ブラジルのCOVID-19パンデミック対応策による財政支出は新興国でトップ(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の経常収支は6ヶ月連続で黒字計上(2020年10月23日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の失業率は14.0%に達する(2020年10月23日付けヴァロール紙)
2020/10/23 » 年内の新規株式公開を急ぐ企業が目白押し(2020年10月22日付けエスタード紙)
2020/10/23 » Ibre/FGVの調査では、第3四半期のGDPの伸び率は前四半期比7.1%増加に上方修正(2020年10月22日付けヴァロール紙)
2020/10/22 » 9月の歳入総額は同月としては2014年以降で最高(2020年10月21日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » 今年の全国消費者物価指数の予想以上の上昇で来年の公共サービス停止の可能性(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » ブラジル人の63%は今後1年以内の失業不安を抱いている(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/19 » 20201年のGDP伸び率を3.47%増加に下方修正(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » 来年初め4か月間のブラジル国債償還総額は6,430億レアル(2020年10月16日付けエスタード紙)
2020/10/16 » 今年8月の経済活動指数(IBC-Br)は1.06%増加(2020年10月15日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » ムーディーズは税制改革如何でブラジルの信用格付け見直か(2020年10月15日付けエスタード紙)
2020/10/15 » 8月のサービス部門生産量は3ヶ月連続の前月比2.9%増加(2020年10月14日付けエスタード紙)
2020/10/14 » サンパウロ州内の零細・小規模の製造業は原材料費上昇で苦戦(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/13 » 最終フォーカスレポートは、9週連続で今年のインフレ指数を2.47%に引き上げ(2020年10月13日付けエスタード紙)
2020/10/09 » 9月のインフレ指数としては2003年以降最高の0.64%を記録(2020年10月9日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » 8月の鉱工業部門売上は、COVID-19パンデミック前を上回った(2020年10月6日付けエスタード紙)
2020/10/06 » 連邦政府は簡素個人所得税の20%割引措置の廃止検討(2020年10月5日付けヴァロール紙)
2020/10/06 » フォーカスレポートは4週連続で今年のGDP伸び率を上方修正(2020年10月5日付けヴァロール紙)
2020/10/05 » 8月の鉱工業生産は前月比3.2%増加(2020年10月2日付けヴァロール紙)

バックナンバー »