Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2020年第1四半期のGDP伸び率は僅か0.2%増加予想 2020/01/20

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、2020年第1四半期のGDP伸び率は、昨年の最終四半期のGDP伸び率が予想下回った影響で、前四半期比では僅かに0.2%増加に留まると予想している。

今年1月のマクロレポートによると、昨年最終四半期のGDP伸び率は前回予想の0.8%から0.6%に下方修正された影響で、2019年のGDP伸び率は1.2%増加、2020年のGDP伸び率は2.2%増加が予想されている。

2019年のGDP伸び率1.2%の内訳として、農畜産部門のGDP伸び率は1.8%、鉱工業部門は0.6%、サービス部門1.2%、一般家庭の消費部門は2.0%、公共支出部門はマイナス0.4%、民間部門の住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門は3.4%、輸出部門はマイナス2.7%、輸入部門は1.8%増加をそれぞれ予想している。

また2020年のGDP伸び率は2.2%、そのうち農畜産部門のGDP伸び率は4.0%、鉱工業部門は3.1%、サービス部門1.7%、一般家庭の消費部門は2.6%、公共支出部門は0.1%、民間部門の住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門は4.4%、輸出部門は3.5%、輸入部門は4.1%増加をそれぞれ予想している。

昨年の最終四半期の一般家庭の消費は現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金の先払い政策導入で1.1%増加を記録したが、今年第1四半期の一般家庭の消費は僅か0.3%増加に留まると予想されている。

昨年の最終四半期の一般消費者の景況感を計る消費者態度指数(ICC)は、前四半期のICC指数から2.7ポイント上昇の91.6ポイントに上昇しており、今年初めの四半期の失業率は、企業経営者の楽観的な予想に伴って低下が予想されている。(2020年1月20日付けヴァロール紙)



2020/02/20 » 昨年の一般家庭消費拡大も投資は低迷
2020/02/18 » ボルソナロ大統領は不必要な国家公務員採用試験はしないと断言
2020/02/17 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は僅か0.87%増加
2020/02/17 » 昨年の非正規雇用比率は41.1%と過去最高
2020/02/13 » ブラジル製造業界は韓国とメルコスールFTAに危機感
2020/02/13 » ボルソナロ大統領の行政改革法案先延ばしは持続経済成長に足枷
2020/02/11 » 今年のGDP伸び率が経済リセッション前を上回るのは12州政府か
2020/02/11 » 今年の連邦政府所有の資産売却は30億レアルか
2020/02/10 » Selic金利減少に伴って昨年の対内債務残高の利払いは689億レアル減少
2020/02/07 » ゲーデス経済相は、個人所得税減税見返りに悪習慣税とデジタル税課税
2020/02/06 » 中国の新型コロナウイルス発生はブラジルの国内製造業部門に波及開始か
2020/02/05 » 2019年の鉱工業生産は前年比マイナス1.1%
2020/02/04 » 昨年の名目公的債務残高はGDP比75.8%と過去6年間で最低
2020/01/31 » ボルソナロ政権初年度の歳出分配は教育省カットに対して防衛省増加
2020/01/30 » 昨年の財政フライマリー収支赤字は950億レアルに留まった
2020/01/29 » 今年のサンパウロ市の民営化案件で45億レアル調達か
2020/01/29 » 企業経営者の投資意欲指数は過去6年間で最高に上昇
2020/01/28 » 昨年の経常収支赤字は511億ドルと過去4年間で最高の赤字計上
2020/01/27 » 昨年のブラジルスタートアップ企業への投資は27億ドル
2020/01/27 » 行政改革は連邦公務員以外に地方政府公務員も対象

バックナンバー »