Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加 2019/12/04

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2019年第3四半期の国内総生産(GDP)伸び率は前四半期比0.6%増加、前年同期比1.2%増加、過去12カ月間では1.0%増加、今年初め9カ月間では1.0%増加を記録している。

今年第3四半期のGDP総額は1兆8420億レアル、農畜産部門のGDP伸び率は前四半期比1.3%、鉱工業部門は0.8%、サービス部門0.4%、住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門2.0%、民間消費支出部門は0.8%それぞれ増加、唯一政府消費支出はマイナス0.4%を記録している。

今年第3四半期の鉱工業部門のGDP伸び率0.8%増加の内訳として、鉱業部門生産は、石油・天然ガスが牽引して12.0%と二桁増加、建設部門は1.3%増加、電気・ガス・水道・廃棄物処理業はマイナス0.9%、製造業部門はマイナス1.0%を記録している。

今年第3四半期のサービス部門のGDP伸び率0.4%増加の内訳として、金融・保険業部門は1.2%、卸売・小売業部門は1.1%、情報通信業部門は1.1%、不動産業部門は0.3%、その他のサービス部門は0.1%それぞれ増加した一方で、運輸・郵便業部門はマイナス0.1%、教育・保健衛生・社会事業部門はマイナス0.6%を記録している。

また今年第3四半期のGDP伸び率は前年同期比1.2%増加、そのうち農畜産部門はトウモロコシ並びに棉生産が牽引して2.1%増加、鉱工業部門は1.0%増加、サービス業部門1.0%、FBCF部門2.9%、民間消費支出部門1.9%それぞれ増加した一方で、政府消費支出はマイナス1.4%と大幅に落ち込んでいる。

今年第3四半期の過去12カ月間GDP伸び率は1.0%、今年9カ月間では1.0%、前記同様に農畜産部門は2.0%、1.4%、鉱工業部門は0.0%、0.1%、サービス業部門1.1%、1.1%、FBCF部門3.0%、3.1%、民間消費支出部門は1.7%、1.8%それぞれ増加、しかし政府消費支出はマイナス0.8%、マイナス0.7%を記録している。

今年第3四半期のGDP総額は1兆8,420億レアル、そのうち農畜産部門は797億レアル、鉱工業部門3511億レアル、サービス業部門1兆1,520億レアル、FBCF部門2,996億レアル、民間消費支出部門1兆1,880億レアル、政府消費支出は3,549億レアルを記録している。(2019年12月3日のIBGEサイトから抜粋)



2020/01/16 » 経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件
2020/01/15 » 税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少
2020/01/15 » サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表
2020/01/14 » 今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少
2020/01/14 » 2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%
2020/01/10 » 昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%
2020/01/09 » 連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成
2020/01/08 » 各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対
2020/01/06 » 2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想
2019/12/20 » 今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録
2019/12/20 » 今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高
2019/12/20 » 中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正
2019/12/19 » 来年上半期の税制改革案承認を最優先
2019/12/19 » 2018年の労働組合員155万人が組合を脱退
2019/12/18 » ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想
2019/12/18 » 2020年度の予算は国会で承認
2019/12/17 » 連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出
2019/12/16 » 今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる
2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

バックナンバー »