Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か 2019/12/03

昨日2日午前8時に米国のトランプ大統領は、自身のツイートでブラジル並びにアルゼンチンの鉄鋼製品並びにアルミ製品の米国への輸出に対して、両国が意図的に為替を引き下げて輸出に拍車をかけて、米国の農業従事者にとって良くない行為であるとして、再度輸入関税をかけると警告している。

トランプ大統領は昨年3月に、通商拡大法第232条に基づいて鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入に高関税をかけることを決定、米国に輸入される鉄鋼製品に25%、アルミニウム製品に10%の関税措置を発動してブラジルも8.0%の輸入関税をかけられていた。

しかし米国政府との交渉で、ブラジル並びにアルゼンチン、オーストラリア産の鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入関税はリストから除外されていた経緯があった。

トランプ大統領の事前に通達のない抜き打ち的な輸入関税発表で、ボルソナロ大統領は、午前中にパウロ・ゲーデス経済相と協議するが、必要であれば親友のトランプ大統領に電話するとコメントしていた。

また午後ボルソナロ大統領は、トランプ大統領が報復関税をかける意図はないために、トランプ大統領は鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入関税撤廃の要請を受け入れてくれると強調していた。

昨日夜のRecordテレビとのインタビューでボルソナロ大統領は、来年の米国の大統領選挙を控えているための政治戦略の一環であるが、我々は最良のパートナーであり、トランプ大統領は理解を示すだろうと答えていた。

また昨日夜遅くにボルソナロ大統領は、プラナルト宮にパウロ・ゲーデス経済相並びにエルネスト・アラウージョ外相、貿易協議所(Camex)のカルロス・ピオ総裁を招集、トランプ大統領の発言の意図や輸入関税導入による今後のインパクトなどについて協議している。

今年初め10カ月間のブラジルと米国との貿易収支では、ブラジルの11億3,000万ドルの赤字を計上、ブラジルは米国との貿易では数少ない貿易赤字国となっている。(2019年12月3日付けヴァロール紙)



2020/01/16 » 経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件
2020/01/15 » 税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少
2020/01/15 » サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表
2020/01/14 » 今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少
2020/01/14 » 2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%
2020/01/10 » 昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%
2020/01/09 » 連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成
2020/01/08 » 各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対
2020/01/06 » 2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想
2019/12/20 » 今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録
2019/12/20 » 今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高
2019/12/20 » 中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正
2019/12/19 » 来年上半期の税制改革案承認を最優先
2019/12/19 » 2018年の労働組合員155万人が組合を脱退
2019/12/18 » ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想
2019/12/18 » 2020年度の予算は国会で承認
2019/12/17 » 連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出
2019/12/16 » 今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる
2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

バックナンバー »