Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルコストはGDP比22%に相当 2019/11/28

経済省並びにブラジル競争力活動(MBC)との共同調査によると、ブラジルコストはGDP比22%に相当する1兆5,000億レアルに達しており、ブラジルコスト削減に反比例して競争力が飛躍的に拡大することが判明している。

ブラジル企業による国庫庁への納税申請による年間平均時間は1,501時間を要しているが、ブラジルが加盟を熱望している経済協力開発機構(OECD)の平均は僅か161時間で、このブラジルコストで2,400億レアル~2,800億レアルの無駄な消費に繋がっている。

例えば企業設立の要する無駄な平均ブラジルコストは、OECD平均コストよりも100億レアル~150億レアル高い。また前記同様にファイナンスコストは1,800億レアル~2,200億レアル、雇用コストはOECD平均コストよりも2,600億レアル~3,200億レアル高い。

前記同様にインフラ整備コスト1,900億レアル~2,300億レアル、基礎消費アクセスコストは200億レアル~230億レアル、非効率化法規制コストは1,600億レアル~2,000億レアル、公共サービスコスアクセスコストは、OECD平均コストよりも400億レアル~500億レアル高い。

世界経済フォーラム(WEF)は2019年版の「世界競争力報告」を発表したが、ブラジルは60,9ポイントで昨年の72位から1ランク上昇の71位と早急なブラジルコスト改善による競争力の向上が不可欠となっている。

ブラジルの国際競争力は、イノベーションテクノロジーに対応する経済構造が非常に脆弱、制度並びにマクロ経済環境などが低評価で、ブラジルは経済安定性では115位、自由貿易度125位、治安・安全性123位、政治の安定性130位と調査対象の141ヵ国でも非常に後れを取っており、早急な構造改革による改善が不可欠となっている。(2019年11月28日付けヴァロール紙)



2020/01/16 » 経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件
2020/01/15 » 税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少
2020/01/15 » サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表
2020/01/14 » 今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少
2020/01/14 » 2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%
2020/01/10 » 昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%
2020/01/09 » 連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成
2020/01/08 » 各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対
2020/01/06 » 2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想
2019/12/20 » 今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録
2019/12/20 » 今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高
2019/12/20 » 中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正
2019/12/19 » 来年上半期の税制改革案承認を最優先
2019/12/19 » 2018年の労働組合員155万人が組合を脱退
2019/12/18 » ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想
2019/12/18 » 2020年度の予算は国会で承認
2019/12/17 » 連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出
2019/12/16 » 今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる
2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

バックナンバー »