Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰 2019/11/27

パウロ・ゲーデス経済相は、25日米国ワシントン市でのフォーラムでエクアドル並びにボリヴィア、チリ、コロンビアで継続している激化する民衆デモに対して、軍政令第5条(AI5)擁護発言を導火線となって26日の為替や株価に引火した。

昨日26日のレアル通貨に対するドルの為替は一時R$4.27を記録したが、中銀による2回の為替介入で終値は前日比0.61%増加のR$4.24と前日に続いて記録を更新している。今年のレアル通貨に対すドルの為替は9.52%高騰、今月だけで既に5.76%高騰している。

25日のゲーデス経済相は、今後ブラジルは低率で推移する政策誘導金利(Selic)の一方で、高止まりするドルの為替と共存する習慣になれなければならないとの発言が引き金となって、ドルの為替が一気にR$4.27を記録した。

多くのエコノミストはドルの為替高止まりの影響で、2020年の中銀による政策誘導金利(Selic)の引下げサイクルに歯止めがかかると指摘、Factor銀行のジョゼ・フランシスコ・リマ・ゴンサルベス氏は、現在5.0%のSelic金利は4.5%以下には下がらないと予想している。

終焉が見えない米中貿易摩擦の影響で、大半の新興国のドルに対する為替は下落しているが、ブラジルのレアル通貨の下落の要因は米中貿易摩擦に加えて、ジャイール・ボルソナロ政権による構造改革の遅れが影響しているとゴンサルベス氏は指摘している。

中銀のロベルト・カンポス・ネット総裁は、昨日ドルに対するレアル通貨下落阻止で2回に亘って為替介入を行ったが、今後も短期的にドルの為替高騰阻止のために為替介入を示唆している一方で、マクロ経済に悪影響を与えるために長期的な為替介入は否定している。

昨日の為替市場では一時R$4.28に届くほど高騰したにも関わらず、中銀による2回の為替介入で終値は前日比0.61%増加のR$4.24に留まったが、ドル高はガソリンやディーゼル燃料価格の上昇、年末の海外旅行に悪影響を及ぼし、また来年のSelic金利の引下サイクルの中止に繋がるとエコノミストは指摘している。

自動車パーツの輸出入にとって安定したドルの為替は最良であるが、為替のボラティリティは製造業界にとって最悪であり、今年のドル為替はR$3.85でオペレーションしているとラテンアメリカ地域で最大の自動車パーツメーカーBOSCH社のBesaliel Botelho社長は変動の激しい最近の為替に困惑している。

オリーブ油やワインの輸入商社Sicilianess社のオーナーは、ドル高の為替でも最終消費者に対して価格転嫁できないために、収益性が圧迫されている。またプラスティック樹脂を輸入するKovacs Industria e Comercio社のJose  Kovacs共営者は、常時120日の在庫を抱えているものの、ドルの為替がR$4.00突破すれば8.0%値上げをしなければ赤字になるために、価格転嫁を余儀なくされている。

またドル高の為替は株式市場にも大きな影響を与え、昨日26日のサンパウロ平均株価(Ibovespa)は前日比1.26%下落の10万7,059.40ポイントを記録した。(2019年11月27日付けエスタード紙)



2020/08/13 » 今年上半期のICMS税の歳入増加は北部と中西部の6州政府(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/11 » ブラジリア市とサン・ジョアキン市の国立公園運営権を民営化(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/08/07 » 今年第2四半期の失業率は13.3%を記録(2020年8月6日付けエスタード紙)
2020/08/06 » 個人所得税の控除額3,000レアルに引き上げは220億レアルの歳入減少に結びつく(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/08/05 » 6月の鉱工業部門生産は8.9%増加(2020年8月4日付けエスタード紙)
2020/08/04 » COVID-19パンデミックで貧困層D/Eクラスが380万家族増加予想(220年8月3日付けヴァロール紙)
2020/08/03 » 今年のブラジル人の生活水準は2008年並みに戻ると予想(2020年8月3日付けエスタード紙)
2020/08/03 » 健康保険プランは需要縮小でプラン再契約価格低下(2020年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » 今年上半期の連邦政府の財政収支は過去24年間で最高の4,170億レアルの赤字計上(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/29 » 今年6月の経常収支は22億ドルの黒字計上(2020年7月28日付けヴァロール紙)
2020/07/28 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.77%(2020年7月27日付けエスタード紙)
2020/07/24 » サービス部門は、税制改革の12%のPIS/Cofins統一税に不服で改革阻止を示唆(2020年7月23日付けエスタード紙)
2020/07/24 » 今年6月の国庫庁の歳入総額は862億レアルに留まり、6月としては2004年以降で最低の歳入を記録(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/24 » 今年6月の失業率は12.4%に上昇(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/23 » 今年6月の地方政府の歳入は前年同月比82億レアル増加(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/23 » 今年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は8,000億レアルに接近か(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/22 » 税制改革は税制システムの透明性と社会格差の是正に結びつくとスペシャリストは指摘(2020年7月21日付けエスタード紙)
2020/07/20 » 今年第3四半期の失業者は1,500万人突破か(2020年7月18日付けエスタード紙)
2020/07/17 » COVID-19パンデミックで94万8,800社が従業員削減を余儀なくされた(2020年7月16日付けヴァロール紙)
2020/07/16 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.7%の据え置き(2020年7月15日付けエスタード紙)

バックナンバー »