Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪 2019/11/26

昨日中銀の発表によると、2019年10月の経常収支は78億7,000万ドルの赤字を計上、10月の経常収支としては、2014年10月の93億ドルの赤字に次ぐ経常収支赤字を計上している。

今年10月の経常収支が78億7,000万ドルの赤字を計上した要因として、貿易収支が4億9,000万ドルの黒字に留まり、前年同月の53億4,800万ドルの黒字の10分の1以下まで縮小している。

今年初め10カ月間の経常収支は、貿易収支の黒字幅の減少に伴って前年同期比41.0%増加の456億6,000万ドルの赤字を計上、2018年の415億4,000万ドルの赤字を大幅に上回っている。

今年初め10カ月間の経常収支赤字456億6,000万ドルの拡大に伴って、今後もレアル通貨に対するドルの為替は高止まりを維持すると予想、昨日25日のドルは前日比0.52%上昇のR$ 4.2145を記録して、レアルプラン以降では最高値を記録している。

コンサルタント会社Tendencias Consultoria社エコノミストのシルヴィオ・カンポス・ネット氏は、今年末のドルの為替をR$4.00、2020年はR$3.90を予想、サンタンデール銀行では、今年並びに来年末のドルの為替をR$4.00と予想している。

今年初め10カ月間の輸出が大幅に減少した一方で、国内の製造業部門の回復に伴って輸入が大幅に増加、今後も輸出減少に対して輸入増加で経常収支赤字は、拡大すると中銀ストラテジー部門のフェルナンド・ロッシャ部長は指摘している。

今年10月の海外投資家の対内直接投資額は、68億1000万ドルで経常収支赤字78億7,000万ドルをカバーできていないが、今年初め10カ月間の対内直接投資額は621億1,200万ドルを計上、今年初め10カ月間の経常収支赤字456億6,000万ドルを充分カバーしている。

ブラジル国内経済回復に伴って輸入増加で貿易収支悪化が予想されているために、2020年の対内直接投資額は、経常収支赤字をカバーしきれない可能性をGO AssociadosエコノミストのAlexandre Lohmann氏は指摘している。

今年10月のサービス収支部門のブラジル人の海外旅行による支出は、前年同月比6.0%減少の15億600万ドル、今年初め10カ月間の海外旅行による支出は、前年同期比4.0%減少の148億4900万ドルであった。(2019年11月26日付けエスタード紙)



2020/01/16 » 経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件
2020/01/15 » 税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少
2020/01/15 » サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表
2020/01/14 » 今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少
2020/01/14 » 2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%
2020/01/10 » 昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%
2020/01/09 » 連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成
2020/01/08 » 各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対
2020/01/06 » 2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想
2019/12/20 » 今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録
2019/12/20 » 今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高
2019/12/20 » 中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正
2019/12/19 » 来年上半期の税制改革案承認を最優先
2019/12/19 » 2018年の労働組合員155万人が組合を脱退
2019/12/18 » ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想
2019/12/18 » 2020年度の予算は国会で承認
2019/12/17 » 連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出
2019/12/16 » 今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる
2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

バックナンバー »