Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ 2019/11/21

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、2019年第3四半期のブラジル全土の平均失業率は、11.8%と前四半期の12.0%から減少している。

今年第3四半期の失業率が低下したのは、唯一サンパウロ州で前四半期比0.8%減少した一方で、ロウライマ州の失業率は1.5%と大幅に増加、その他の25州の失業率は同率で推移している。

今年第3四半期の失業率が前年同期比で増加したのは、ゴイアス州の1.9%増加、マット・グロッソ州1.3%増加した一方で、サンパウロ主は1.1%減少、アラゴアス州1.7%減少、セルジッペ州は2.8%減少している。

また今年第3四半期の州別失業率の比較では、バイア州の失業率は16.8%、アマパ16.7%、ペルナンブーコ州15.8%と高い失業率を記録している一方で、サンタ・カタリーナ州は5.8%、南マット・グロッソ州7.5%、マット・グロッソ州8.0%とブラジルの平均失業率11.8%を大幅に下回っている。

今年第3四半期の民間部門の労働手帳に記載される正規雇用率は73.6%、特にサンタ・カタリーナ州の正規雇用率は87.7%でトップ、最低の正規雇用率はマラニョン州の49.9%と半分以下を記録している。

また今年第3四半期の民間部門の労働手帳に記載されない非正規雇用率は26.4%、特にマラニョン州の非正規雇用率は50.1%でトップ、パラー州49.9%、ピアウイ州49.9%、一方南大河州の非正規雇用率は18.1%、サンタ・カタリーナ州は12.3%に過ぎない。

今年第3四半期の民間部門の自営業者の平均比率は26.0%、アマパ州の自営業者比率は36.7%、パラー州35.7%、アマゾナス州33.3%、自営業者比率が低いのはブラジリア連邦直轄地のブラジリアの20.7%、南マット・グロッソ州21.2%、サンタ・カタリーナ州は21.7%に留まっている。

失業者のうち就職活動を行っている期間が1か月~1年未満は46.9%、2年以上は25.2%、失業期間が1か月未満の失業者は180万人、2年以上は320万人に達している。

今年第3四半期の建設業部門の新規雇用は前四半期比25万4,000人増加、南東部地域での建設業部門の新規雇用は増加、特に第2四半期のサンパウロ州での新規住宅リリース及び販売が牽引して、第3四半期のサンパウロ州の建設業部門は11万8,000人の新規雇用に繋がっている。(2019年11月20日のエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)



2020/01/16 » 経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件
2020/01/15 » 税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少
2020/01/15 » サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表
2020/01/14 » 今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少
2020/01/14 » 2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%
2020/01/10 » 昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%
2020/01/09 » 連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成
2020/01/08 » 各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対
2020/01/06 » 2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想
2019/12/20 » 今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録
2019/12/20 » 今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高
2019/12/20 » 中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正
2019/12/19 » 来年上半期の税制改革案承認を最優先
2019/12/19 » 2018年の労働組合員155万人が組合を脱退
2019/12/18 » ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想
2019/12/18 » 2020年度の予算は国会で承認
2019/12/17 » 連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出
2019/12/16 » 今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる
2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

バックナンバー »