Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
昨年の所得上位のA層とB層は14.4%に上昇 2019/10/29

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、2018年の家庭月収が8,159.37レアル以上の富裕所得層のA層と中上位層のB層は、前年の13.6%から14.4%に上昇して再び増加傾向を示している。

一方2018年の月収が1,892.65レアル~8159.36レアルまでのC層は、55.3%と前年の57.7%から減少、月収が1,892.64レアルまでの貧困層に位置付けられるD層とE層は、30.3%と同率で推移している。

家庭月収にはサラリー並びに年金・恩給、住宅賃貸料、連邦政府や地方政府からの社会補助金などが含まれているとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのマルセロ・ネリ氏は説明している。

家庭月収が8159.37レアル以上の富裕所得層のA層と中上位層のB層の平均教育期間は13.2年に対して、ブラジル国民の平均教育期間は、8.7年に留まっているとネリ氏は指摘している。

またサラリーマンとして高給を取っている富裕所得層のA層と中上位層のB層の自営業比率は、サービス業部門や商業部門などを中心に12.9%とブラジルの平均の4.8%を大幅に上回っている。

ブラジルが経済リセッションに陥る直前の2014年のA層とB層は15.5%だった。経済リセッション真っただ中の2016年は13.6%まで落ち込んでいたが、景気の回復に伴って2018年は14.4%まで回復している。

2018年のA層とB層は前年の2,810万人から3,000万人と約200万人増加した一方で、C層は1億1,650万人から1億1,530万人と120万人減少、D層並びにE層は、6,220万人から6,320万人と100万人増加している。(2019年10月29日付けヴァロール紙)



2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求
2019/12/04 » 今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加
2019/12/03 » トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か
2019/12/02 » 今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上
2019/12/02 » 非正規雇用は労働人口の41.2%を占める
2019/11/28 » ブラジルコストはGDP比22%に相当
2019/11/27 » ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰
2019/11/27 » インダストリー4.0促進プログラム採用が大幅遅延
2019/11/26 » 今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪
2019/11/25 » 防衛省並びに教育省へ厚めの予算配分
2019/11/25 » デジタルテクノロジー部門の人材不足が顕著
2019/11/25 » 今年10月の設備稼働率は過去5年間で最高
2019/11/21 » 今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ
2019/11/21 » 今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル
2019/11/19 » 税制改革立案で上下院合同委員会設置
2019/11/19 » 今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット
2019/11/19 » 今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想
2019/11/18 » 4段階での税制改革案を国会に提出か
2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む

バックナンバー »