Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルの製造業界はアルゼンチンの大統領交代を静観 2019/10/29

アルゼンチンでは今月27日に大統領選挙が行われ、中道左派の野党候補であるアルベルト・フェルナンデス氏が勝利宣言、大衆救済路線のペロン主義を掲げる正義党(ペロン党)のフェルナンデス氏の得票率は50%近くに達し、マクリ氏の40%を大きく上回る圧勝となった。

現職のマクリ大統領が打ち出していた経済緊縮策に対して、アルゼンチン国民の多くの有権者が反対票を投じた。マクリ大統領はフェルナンデス氏に対する敗北を認め、秩序だった政権交代の実現に向けた協議を呼びかけている。

アルゼンチンのマクリ政権は為替危機の影響でアルゼンチンペソが下落、インフレ高騰、8月11日に行われた大統領選挙の予備選挙で、マクリ大統領は予想外の大敗を喫していた。

ブラジル化学工業会(Abiquim)では、フェルナンデス大統領誕生でイデオロギー優先外交の復活、自国産業保護やEUメルコスールFTA協定見直し、金融自由化に歯止め、経済弱者への再配分導入政策の採用などが挙げられているが、新経済政策発表を静観している。

昨日ボルソナロ大統領は朋友のマクリ大統領候補の落選を嘆いた一方で、フェルナンデス大統領誕生に対して、「私は彼を祝福しようと思わない」と述べて両国関係にひびが入る発言をしている。

アルゼンチンのフェルナンデス次期大統領は、貿易収支改善のための保護貿易主義的政策の導入は考えられるが、ドラスティックな政策変更は発表していないとブラジル貿易会(AEB)のジョゼ・アウグスト・デ・カストロ会長は指摘している。

今年初め9カ月間のアルゼンチン向け輸出総額は75億ドル、自動車輸出は前年同期比51.8%減少の15億6,930万ドル、自動車パーツは29.0%減少の5億9,450万ドル、鉄鉱石は21.9%減少の2億3,640万ドル、タイヤは15.1%減少の1億7,780万ドルとなっている。(2019年10月29日付けヴァロール紙)

 



2019/12/04 » 今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加
2019/12/03 » トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か
2019/12/02 » 今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上
2019/12/02 » 非正規雇用は労働人口の41.2%を占める
2019/11/28 » ブラジルコストはGDP比22%に相当
2019/11/27 » ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰
2019/11/27 » インダストリー4.0促進プログラム採用が大幅遅延
2019/11/26 » 今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪
2019/11/25 » 防衛省並びに教育省へ厚めの予算配分
2019/11/25 » デジタルテクノロジー部門の人材不足が顕著
2019/11/25 » 今年10月の設備稼働率は過去5年間で最高
2019/11/21 » 今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ
2019/11/21 » 今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル
2019/11/19 » 税制改革立案で上下院合同委員会設置
2019/11/19 » 今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット
2019/11/19 » 今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想
2019/11/18 » 4段階での税制改革案を国会に提出か
2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む
2019/11/12 » 180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表
2019/11/11 » 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%

バックナンバー »