Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
クレジット並びに雇用改善で今年のGDP伸び率を上方修正 2019/10/28

今年1月のジャイール・ボルソナロ新政権誕生時には楽観ムードが支配して、大半のエコノミストは、今年のGDP伸び率を2.5%前後と予想していたにも関わらず、米朝貿易摩擦の継続や年金・恩給改革の遅れ、与党の稚拙な国会調整などの要因で、楽観論から悲観論が増加した。

今年9月前後には、大半のエコノミストは今年のGDP伸び率を0.8%前後まで下方修正を余儀なくされていたにも関わらず、雇用創出並びにクレジット部門の拡大に伴って、再び楽観論が増加傾向を示している。

イタウー銀行は、2週間前に今年のブラジルのGDP伸び率を前回予想の0.8%から1.0%に上方修正しており、過去3年間では初めての上方修正を記録している。

サフラ銀行では今年7月末のGDP伸び率は0.8%増加を予想していたが、今では0.9%増加に上方修正、もしくはそれ以上の伸び率を同銀行チーフエコノミストのCarlos Kawaii氏は予想している。

中銀の8月のフォーカスレポートでは、今年のGDP伸び率は0.8%予想であったが、最終フォーカスレポートでは0.88%に上方修正している。就労・失業者管理センター(Caged)の発表によると、今年初め9カ月間の労働手帳に記載される正規雇用は76万1,700人増加、また過去12カ月間のクレジット部門は前年同期比14.0%増加している。

XP Investimentos社チーフエコノミストのZeina Latif氏は、クレジット部門が関連する建設業部門の正規雇用の増加、500レアルまでの現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金の先払い政策導入の後押しして、今年のGDP伸び率を1.1%増加と上方修正している。

勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金で消費拡大は1.8%が予想されていたが、先払い政策の導入で消費拡大は2.0%に上昇するとジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)エコノミストのシルヴィア・マットス氏は予想している。(2019年10月27日付けエスタード紙)

 



2019/12/04 » 今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加
2019/12/03 » トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か
2019/12/02 » 今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上
2019/12/02 » 非正規雇用は労働人口の41.2%を占める
2019/11/28 » ブラジルコストはGDP比22%に相当
2019/11/27 » ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰
2019/11/27 » インダストリー4.0促進プログラム採用が大幅遅延
2019/11/26 » 今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪
2019/11/25 » 防衛省並びに教育省へ厚めの予算配分
2019/11/25 » デジタルテクノロジー部門の人材不足が顕著
2019/11/25 » 今年10月の設備稼働率は過去5年間で最高
2019/11/21 » 今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ
2019/11/21 » 今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル
2019/11/19 » 税制改革立案で上下院合同委員会設置
2019/11/19 » 今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット
2019/11/19 » 今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想
2019/11/18 » 4段階での税制改革案を国会に提出か
2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む
2019/11/12 » 180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表
2019/11/11 » 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%

バックナンバー »