Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける 2019/10/10

11月6日に予定されているプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札の各州政府への新たな分配比率は昨日夜の下院議会で承認されたが、最終的には来週火曜日に上院議会での承認を受ける必要がある。

昨日夜の下院議会でのプレソルト入札分配では、SP州並びにRS州、MT州が最も恩恵を受けるように変更された。SP州政府は前回の憲法補足法案(PEC)では9,390万レアルの分配金が宛がわれていたが、今回の下院議会では573.70%増加の6億3,260万レアルに跳ね上がっている。

また前記同様にRS州政府は1億3,130万レアルから242.88%増加の4億5,020万レアル、MT州政府は2億2,190万レアルから199.73%増加の6億6,510万レアルと大きな恩恵を受ける。

一方北部地域並びに北東部地域の州政府に対する分配比率は前回よりも減少、特にローライマ州政府への分配金は、前回の3億2,840万レアルから31.03%減少の2億2,650万レアルに削減される。

ローライマ州政府に次いで減少比率が大きいのは、アクレ州の30.83%減少の3億900万レアル、ペルナンブーコ州政府は29.65%減少の3億1,200万レアル、アマパ州政府は29.31%減少の2億6,550万レアル、セルジッペ州政府は29.01%減少の2億9,810万レアル、ピアウイ州政府は28.20%減少の3億4,850万レアルに削減される。

今回の下院議会でのプレソルト入札分配では、10州政府が前回の憲法補足法案(PEC)での分配金を上回るが、そのうち5州政府は南東部地域並びに南部地域、中西部地域の州政府が占めている。

前回の憲法補足法案(PEC)では、分配金上位の10州政府のうちで8州政府は北部地域並びに北東部地域の州政府が占めていたために、来週火曜日の上院議会での承認が注目されている。

サンパウロ州のジョアン・ドリア知事並びに南大河州のエドアルド・レイテ知事、ゴイアス州のロナルド・カイヤド知事、南マット・グロッソ州のレイナルド・アザンブジャ知事は上院議会で承認されたプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札の地方政府への分配比率に関するテキストに反対していたが、ドリア知事の分配金比率の新しい計算方法が採用された結果となった。

ダヴィ・アルコルンブレ上院議長並びにロドリゴ・マイア下院議長による年金改革法案との譲渡などの政治工作が功を奏し、昨日の下院議会ではシンボリックな投票となっていた。

1月6日に予定されているプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札では、国庫庁には臨時歳入として1,065億レアルが見込まれており、臨時歳入のうちペトロブラス石油公社には336億レアルが宛がわれる。各州政府には15%に相当する109億5,000万レアルの分配金が見込まれている。

また全国の約5,500市町村向け分配金として15%に相当する109億5,000万レアル、入札にかけられるプレソルト鉱区を擁するリオ州政府には21億9,000万レアル、連邦政府は残りの489億レアルの分配金が見込まれている。

市町村向け分配金は、市役所職員の社会保障院(INSS)関連の赤字補填や公共投資に宛がわれるが、州政府向け分配金は、初めに州政府職員の社会保障院(INSS)関連の赤字補填を優先しなければならない。

連邦政府は2010年にペトロブラス石油公社に50億バレルの原油開発を許可の代わりに、ペトロブラスは連邦政府に748億レアルを支払っていた経緯があった。11月に入札にかけられるプレソルト鉱区の石油・天然ガスの埋蔵量は60億バレル~150億バレルが見込まれている。(2019年10月10日付けエスタード紙)



2020/06/01 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)
2020/05/29 » 4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/28 » パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)
2020/05/28 » 今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/27 » COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/20 » 512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/05/19 » 今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)
2020/05/19 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/15 » コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/05/12 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/12 » 4月の失業保険申請件数は前年同月比22.1%増加(2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/08 » 暫定令MP944号による法人向け人件費向け低利子クレジット枠利用は僅か1.0%に留まっている(2020年5月8日付けエスタード紙)

バックナンバー »