Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高 2019/10/04

ブラジル小売販売業者連盟(CNDL)の調査によると、2019年9月の一般家庭の負債を抱えている比率は全体の65.1%に達し、2013年7月の65.2%以来では最高の負債比率を記録している。

2018年9月の一般家庭の負債比率は全体の僅か60.7%であったにも拘らず、国内経済の停滞、失業率の高止まり及び実質賃金の減少の影響で、今年8月は64.8%、9月は65.1%と上昇してきている。

特に所得の低い一般家庭は負債へのアクセスが簡単なクレジットカードの使用頻度が高いにも拘らず、クレジットカードは繰越残高に対する金利が非常に高いために、負債返済が困難になっている。

連邦政府は、年内の国内経済活性化の一環として一般消費者の消費拡大するために、現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出を承認。FGTS預金は9月13日から500レアルまでの預金引出が開始される一方で、社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)の引出は8月から開始、今年8月から12月末までの引出総額は300億レアルが見込まれており、今年の第4四半期の一般家庭の負債は削減すると予想されている。

今年9月の一般家庭の負債返済調査では、調査対象の24.5%の一般家庭は全額返済ができないと回答、先月の回答は24.3%、昨年9月は23.8%と負債返済が困難になる傾向を示している。

また今年9月の一般家庭の負債返済放棄による不渡り率は、全体の9.6%と8月の9.5%を上回ったにも関わらず、前年同月の不渡り率は全体の9.9%を下回って僅かに改善している。

今年9月の一般家庭の収入に占める平均負債比率は29.8%、昨年同月の平均負債比率は29.6%と同じ水準で推移している。また低所得層は高金利にも拘らず、アクセスが簡単なクレジットカードによる負債をする傾向が顕著となっている。(2019年10月4日付けヴァロール紙)



2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む
2019/11/12 » 180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表
2019/11/11 » 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%
2019/11/07 » 経常収支悪化と金融投資逃避はドル高の為替要因
2019/11/06 » ゲーデス経済相の改革プランは公共支出ロジック変更を模索
2019/11/05 » 民間部門牽引で2020年のGDP伸び率を2.5%に引上げ
2019/11/04 » 低所得層対象の新雇用促進制度導入か
2019/11/04 » 今年第3四半期の鉱工業生産は前月比僅か0.3%増加
2019/10/31 » 来年の財政プライマリー収支は予想を上回る臨時歳入にも関わらず、据置か
2019/10/29 » ゲーデス経済相は財政再建政策パッケージを国会に提出か
2019/10/29 » 昨年の所得上位のA層とB層は14.4%に上昇
2019/10/29 » ブラジルの製造業界はアルゼンチンの大統領交代を静観
2019/10/28 » クレジット並びに雇用改善で今年のGDP伸び率を上方修正
2019/10/25 » 今年9月の経常収支は貿易収支悪化で赤字拡大
2019/10/23 » 年金改革承認でブラジル維新の起爆剤となるか
2019/10/23 » 今年9月の歳入総額は予想を下回る1,139億レアル
2019/10/22 » 経営危機回避でソフトバンクはWeWorkの経営権取得
2019/10/21 » 過去1年間でブラジルの100万ドル以上の富裕層は19.4%増加
2019/10/17 » 3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大
2019/10/17 » 連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索

バックナンバー »