Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性 2019/10/01

ブラジルを除いた2014年以降の工業先進国の平均工業生産は10%伸びたにも関わらず、ブラジルの工業生産は15.0%と大幅に減少、今年末にはトップ10から脱落する可能性が濃厚となっている。

2015年~2016年のブラジル国内の経済リセッションの悪影響以外にも企業経営者の景況感悪化並びに失業率上昇、構造的問題などで工業生産減少に歯止めがかかっていない。

2017年並びに2018年の鉱工業部門は僅かながら上昇した一方で、今年はマイナスになる可能性が否定できず、今年の鉱工業生産のブラジルのGDPに占める割合は僅か11.0%に縮小すると予想、1976年の鉱工業生産のGDP比23.0%の半分以下になる可能性がある。

2014年からの中国を除く工業先進国の鉱工業生産は平均8.0%増加した一方で、ラテンアメリカ諸国の鉱工業生産は、ブラジルの鉱工業生産低下が牽引してマイナス4.0%を記録している。

ブラジルの鉱工業生産が停滞している一因として、為替危機に直面しているアルゼンチン向け工業製品輸出の大幅減少で、2018年の鉱工業生産のGDP伸び率はマイナス0.7%を記録したとBlue Line Asset社エコノミストのLaura Karpuska氏は説明している。

また今年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故で鉄鉱石生産の大幅減産、昨年5月下旬から11日間継続したディーゼル燃料価格値下げ要請を発端とした全国規模のトラック運転手の国道封鎖の抗議デモも鉱工業生産に足かせとなっていた。

国内経済停滞による需要減少、鉱工業部門の競争力並びに生産性強化に対する構造的な脆弱性、重課税、等閑にされている生産部門向け投資や設備投資の更新を産業開発研究所(Iedi)エコノミストのRafael Cagnin氏は指摘している。

ブラジル並びに世界の工業先進国は2012年まで上昇傾向を示していたが、プレソルト向け造船業の壊滅的なダメージなどブラジルだけが2013年から減少を続けており、世界の工業先進国に更に差を付けられている。

2014年1月の鉱工業部門生産を100ポイントと仮定すれば、今年6月のブラジルの生産性は86.1ポイントまで減少している一方で、チリは103.6ポイント、コロンビア100.9ポイント、メキシコ102.3ポイント、世界平均は141.8ポイントとなっている。(2019年10月1日付けエスタード紙)



2020/06/01 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)
2020/05/29 » 4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/28 » パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)
2020/05/28 » 今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/27 » COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/20 » 512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/05/19 » 今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)
2020/05/19 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/15 » コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/05/12 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/12 » 4月の失業保険申請件数は前年同月比22.1%増加(2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/08 » 暫定令MP944号による法人向け人件費向け低利子クレジット枠利用は僅か1.0%に留まっている(2020年5月8日付けエスタード紙)

バックナンバー »