Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
社会保障院はタスクフォースで43億7,000万レアルの不正摘発 2019/09/27

ボウソナロ大統領は就任早々の1月18日、社会保障の受給詐欺撲滅を目的とする暫定令(MP871/2019)に署名。この暫定令の署名によって国立社会保険院(INSS)は受給詐欺をより厳しく調べることが可能となり、赤字が天文学的に増加しているINSSの無駄な歳出削減に結び付く。

暫定令MP871号では、国税庁並びに統一医療保健システム(SUS)、勤続期間保障基金(FGTS)のデータにINSSがアクセスする権利を認めて、複数機関のデータと各種の恩給や手当ての支払い記録を精査することで、年金や恩給などの不正受給を突き止めることが可能となった。

社会保障院の年金や恩給に対する不正受給に対する集中捜査のタスクフォース開始から8か月間で既に25万4,000人のベネフィット受給を停止、その効果は43億7000万レアルの歳出削減に結び付いている。

今年1月の社会保障の受給詐欺撲滅対策のための暫定令MP871号では、今年中に100億レアル以上の不正摘発を目標としているが、タスクフォースが強化された7月から約2カ月間で、目標の約50%に達する効果を挙げているとINSS保障院のレナート・ヴィエイラ総裁は強調している。

社会保障院では、今年中に年金・恩給受給者の死亡による歳出効果は13億レアルに達すると予想、また不正が最も多い恩給として、高齢者並びに身障者に対する特別恩給(BPC)があり、今後更なるタスクフォース投入でBCPによる大掛かりな不正が摘発できると予想されている。(2019年9月27日付けエスタード紙)



2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む
2019/11/12 » 180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表
2019/11/11 » 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%
2019/11/07 » 経常収支悪化と金融投資逃避はドル高の為替要因
2019/11/06 » ゲーデス経済相の改革プランは公共支出ロジック変更を模索
2019/11/05 » 民間部門牽引で2020年のGDP伸び率を2.5%に引上げ
2019/11/04 » 低所得層対象の新雇用促進制度導入か
2019/11/04 » 今年第3四半期の鉱工業生産は前月比僅か0.3%増加
2019/10/31 » 来年の財政プライマリー収支は予想を上回る臨時歳入にも関わらず、据置か
2019/10/29 » ゲーデス経済相は財政再建政策パッケージを国会に提出か
2019/10/29 » 昨年の所得上位のA層とB層は14.4%に上昇
2019/10/29 » ブラジルの製造業界はアルゼンチンの大統領交代を静観
2019/10/28 » クレジット並びに雇用改善で今年のGDP伸び率を上方修正
2019/10/25 » 今年9月の経常収支は貿易収支悪化で赤字拡大
2019/10/23 » 年金改革承認でブラジル維新の起爆剤となるか
2019/10/23 » 今年9月の歳入総額は予想を下回る1,139億レアル
2019/10/22 » 経営危機回避でソフトバンクはWeWorkの経営権取得
2019/10/21 » 過去1年間でブラジルの100万ドル以上の富裕層は19.4%増加
2019/10/17 » 3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大
2019/10/17 » 連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索

バックナンバー »