Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
連邦政府は今年のGDP伸び率を0.84%に上方修正 2019/09/11

連邦政府のBoletim MacroFiscal(マクロ財政報告書)によると、2019年のGDP伸び率は、年内の国内経済活性化の一環として一般消費者の消費拡大するために、現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出の効果予想で、前回予想の0.81%から0.84%に上方修正されている。

今年第2四半期のGDP伸び率は1.0%、第3四半期のGDP伸び率は0.7%予想、前記同様に農畜産部門のGDP伸び率は0.4%、2.8%、鉱工業部門は0.3%、マイナス0.5%、サービス業部門は1.2%、0.8%予想となっている。

9月からの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出は、今年のGDP伸び率を0.14%押上げ予想、2020年は0.21%、2021年はGDP伸び率を0.35%押し上げると予想されている。

また勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出の長期間の効果は一人当たりのGDPを2.57%、建設業部門のGDP伸び率を0.59%、建設業以外のGDP伸び率を2.66%、資本財ストックは2.54%、正規雇用を5.63%押し上げると予想されている。

9月からの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出効果でブラジル経済は新たなサイクルに突入、今年第3四半期のGDP伸び率は0.7%増加、最終四半期のGDP伸び率はさらに上昇すると経済省経済担当のAdolfo Sachsida長官は指摘している。

勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出並びに政策誘導金利(Selic)の引き下げ効果、一般消費者の景況感改善、年金改革、自由経済暫定令MP881号/2019、労働法の規制緩和などの要因で、今後のGDP伸び率が上方修正されている。

2010年~2017年のブラジル経済の生産性はマイナス2.11%を記録して、ボルソナロ新政権は負の遺産を引き継いだが、生産性の改善失くして持続的経済成長はできないとAdolfo Sachsida長官は指摘している。

また2006年~2016年にかけて、不必要で法外な価格のサッカー場建設などで連邦政府の負債増加及び公共投資の削減が余儀なくされているとAdolfo Sachsida長官は指摘している。

中国並びにヨーロッパ経済の停滞はブラジルの経済成長にマイナスの影響を与える可能性があり、また世界的な経済リセッション突入の可能性があるために、早急な一連の構造改革を進める必要がある。

今後2年間の勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出の効果は400億レアルに達する可能性があり、長期的には一般消費者向けクレジット拡大に繋がる。(2019年9月11日付けヴァロール紙)



2019/10/14 » 高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている
2019/10/14 » 経済のデジタル化で課税問題発生
2019/10/11 » 米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨
2019/10/10 » プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける
2019/10/09 » 世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位
2019/10/08 » 行政改革断行で連邦公務員の特典削減
2019/10/07 » マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し
2019/10/04 » 連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始
2019/10/04 » 今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高
2019/10/04 » 連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認
2019/10/03 » 上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮
2019/10/02 » 第1回年金改革基本文書法案は上院で承認
2019/10/02 » 今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加
2019/10/01 » ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性
2019/10/01 » 今年8月のブラジルの負債総額はGDP比80%に接近
2019/09/30 » 税制改革案として1.5倍までの最低サラリー従業員向け雇用で免税か
2019/09/27 » 社会保障院はタスクフォースで43億7,000万レアルの不正摘発
2019/09/26 » 今年8月の正規雇用は2013年以来最高の12万1,400人
2019/09/25 » 連邦公社民営化で今年8月の歳入は大幅増加
2019/09/25 » 上院政府リーダーの家宅捜査で年金改革法案の採決先送り

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf「移転価格の観点からのブラジルOECD加盟に向けて」KPMG Brazil 移転価格グループのEdson Costaダイレクター(2019年10月9日)

Pdf経済省は新経済政策として小規模事業へのフォーカスを決定

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)

 

2019年下期業種別部会長シンポジウム発表資料(2019年8月22日)

Pdf  金融部会    津田 双羅
   Pdf  金融部会 フェルナンド・オノラット・バルボーザ
Pdf  貿易部会    猪股 淳
Pdf  機械金属部会    山田 佳宏
Pdf 自動車部会    下村 セルソ
Pdf コンサルタント部会     吉田 幸司

Pdf  化学品部会     村松 正美
Pdf  電機・情報通信部会    小渕 洋
Pdf  食品部会     佐々木 達哉
Pdf  運輸サービス部会     湯原 慶
Pdf  生活産業部会     今川 尚彦

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料