Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決 2019/07/11

昨日下院議会本会議では第一回新社会保障年金改革案の採決が行われ、最低可決に必要な下院議員513人のうち308票を71票上回る379票の賛成票を獲得して余裕綽で可決され、今後の税制改革など一連の構造改革可決に弾みがつく勝利となった。

第一回新社会保障年金改革案の承認は、民主党(DEM)所属のロドリゴ・マイア下院議長の尽力による功績として称えられている一方で、パウロ・ゲーデス経済相も年金改革の重要性やメリットを与野党議員に浸透させて余裕を持った可決に結び付いた。

ロドリゴ・マイア下院議長は、第二回新社会保障年金改革案の採決は国会が休会する7月18日までに下院議会を通過するために、今週金曜日若しくは土曜日午前中を予定している。

第一回新社会保障年金改革案は可決されたが、新社会保障年金改革案は更に分析されて第二回目の投票にかけられるが、連邦警察や連邦交通警察、立法機関職員の年金受給資格の緩和や女性のベネフィットの計算方法変更が予定されている。

現在の年金受給資格は、年金積立期間が最低15年間で女性は60歳、男性は65歳。また女性は30年の年金積立、男性は35年間積み立てれば年齢に関係なく年金受給資格が得られたが、新社会保障年金改革案では、年金積立期間に関係なく最低年齢に達しないと受給資格が得られない。

新社会保障年金改革案の見直し案は、再度下院本会議で採決されて308票以上の賛成票を獲得すれば上院議会に送られるが、上院議員81人のうち49票の賛成票を得なければならない。

新しい党(NOVO)は、新社会保障改革法案に再度地方政府(州・市)との統一改革案の組み込みを要請していたにも関わらず、第一回新社会保障年金改革案には含まれず、この統一改革案は上院議会で議論される。

民主党(DEM)及び新しい党(NOVO)所属の下院議員は100%賛成票を投じたが、反対票に投じるように指導していた野党所属の19議員が党指導に逆らって賛成票を投じたために、予想を大幅に上回る379票の賛成票に達した。

ジャイール・ボルソナロ大統領所属の下院議会で53議席を占める社会自由党(PSL)は、北大河州選出の下院議員のジラン将軍(General Girão)が病欠ライセンスで欠席したために、52票の賛成票を記録していた。

2011年に設立された新しい党(NOVO)所属の8人の下院議員全員が賛成票を投じた。また150下院議員で構成されるセントロン(Centrao:中道多数派)の内142人の下院議員は賛成票に投じている。

最も新社会保障改革法案に反対していたブラジル社会党(PSB)では11人の下院議員が賛成票を投じている。民主労働党(PDT)では8人の下院議員が賛成票を投じたが、サンパウロ州選出のTabata Amaral議員は賛成票を投じると表明したために、裏切り者呼ばわりされて党除名処分に晒されていたにも拘らず、賛成票を投じている。

オニックス・ロレンゾーニ 大統領府官房長官は、第一回新社会保障年金改革案の採決が予定よりも早く終了した影響で、第二回新社会保障改革法案の投票は金曜日の午後までに行われると見込んでいる。

ジャイール・ボルソナロ大統領はツイッターで、第一回新社会保障年金改革案の賛成票379票、反対票131票での可決は、ブラジルの雇用創出と経済繁栄に益々近づくと祝福している。

ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(DEM:民主党=アマパ州選出)は、第一回新社会保障改革法案採決で除外された地方政府(州・市)との統一改革案を上院議会で採決するが、上院憲法・法務委員会(CCJ)の報告官が有力視されているタッソ・ジェレイサッチ上院議員(民主社会党-PSDB)との調整を余儀なくされている。

オニックス・ロレンゾーニ 大統領府官房長官は、連邦警察や連邦交通警察、立法機関職員の年金受給資格の緩和や女性のベネフィットの計算方法変更で、今後10年間の歳出削減は300億レアル減少するにも拘らず、第二回新社会保障年金改革案を通すためには譲渡すると見込まれている。(2019年7月11日付けエスタード紙)

(リスト及びグラフは2019年7月11日付けヴァロール紙から抜粋)



2020/06/05 » パンデミック危機で民間企業従業員の雇用や所得減少で、今年のINSSの赤字は2,770億レアルを突破か(2020年6月4日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » 今年4月の鉱工業部門生産は過去18年間で最悪のマイナス18.8%を記録(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)
2020/05/29 » 4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/28 » パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)
2020/05/28 » 今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/27 » COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/20 » 512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/05/19 » 今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)
2020/05/19 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/15 » コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/05/12 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)

バックナンバー »